2017/05/06

大森山

連休中1日くらいは山に、でも雨模様なのと、こないだねんざした足首がまだ不調なので、「愛知の130山」から無理なく午前中に下りてこられそうな山を選んだのがここ。

道の駅鳳来三国の手前を北に入ってしばらくのあたりが登山口です。全般に踏み跡が薄く、テープを頼りに登りました。頂上の眺望もありませんでしたが、新緑に心を和ませました。

» 続きを読む

2017/01/23

洞戸の面平山

2017年最初の山は、今は関市になってしまった洞戸の面平山(おもてびらやま)。2日くらい前に降った雪で、南からのアプローチを断念(トンネルを出たら雪道だったのでUターン)し、美濃橋方面から板取川に沿ってのアプローチとしました。
「面平」のバス停付近の県道の路肩が広くなっているところに車を置いて、歩き始めます。

20170122_100137

「面平山普門寺」がすなわち面平山ですね。道の突き当たり奥にある天理教教会の右側から沢を上がるようです。

» 続きを読む

2017/01/01

琵琶湖疏水(4)・・・疏水分線

琵琶湖疏水は、蹴上で分かれて疏水分線となり、これは南禅寺水路閣を通って哲学の道へと北向きに流れていきます。

南禅寺へは朝食前に出かけてきました。

20161113_075808


Img_0963

思えば、昔ここに来て激しく疏水への関心が高まったのでした。

» 続きを読む

琵琶湖疏水をたどる(3)・・・蹴上

第三トンネル出口は、九条山ポンプ室の奥ですが、近寄れないので何となくの写真しかありません。

20161113_095605

扁額の看板だけはありました。


Photo


» 続きを読む

2016/12/31

琵琶湖疏水をたどる(2)・・・山科疏水

琵琶湖疏水の中程は「山科疏水」と呼ばれています。蹴上からマイクロバスで天智天皇陵前まで送ってもらい、そこから歩きます。

20161113_104652

疏水へは、御陵の中門の手前を右に折れますが、私以外誰も気づかぬ看板でした。


20161113_110041

» 続きを読む

琵琶湖疏水をたどる(1)・・・三井寺付近

10年来願っていた企画が11月に実現しました。大津から蹴上まで、琵琶湖疏水をたどる旅です。それも自分で企画したわけではなく、たまたま勉強会仲間での旅行先が大津~比叡山~京都だったことに乗せてもらって資料提供しただけなので、実はほとんど期待していなかったのですが、実現したら網羅的になったという、なんともうれしい話なのでした。時系列だとわかりにくい部分があるので、琵琶湖に近い方からご紹介します。

琵琶湖疏水は1890年に完成した水路で、水利だけでなく、1951年までは水運にも用いられていたといいます。
全体像はこんな感じです。

Photo_4

国道161号線、観音寺交差点付近でマイクロバスを降ります。


20161112_114100


» 続きを読む

鳥海山(9)・・・帰りの道の駅

山形県からのお帰りは、山形・新潟県内の道の駅を巡りました。

ますは「白い森おぐに」

続いて「関川」。ここは猫ちぐらで有名です。

0068_xlarge

P1230406

» 続きを読む

鳥海山(8)・・・入浴できる唯一の間欠泉「湯の華」

遠征登山には必ず秘湯をセットしていますが、今回は帰路も考えて、山形県南部の温泉宿をリザーブしていました。湯ノ沢間欠泉 湯の華さんです。ただ・・・距離223km、所要時間5時間20分です。夕方には着いてゆっくり間欠泉を楽しもう・・・という魂胆だったのですが、だいぶ急いで行かねばなりません。ということで途中月山湖も通ったのですが、すべて素通り。しかも雨もぱらつきます。

P1230350

アルパカも出そうですし・・・・

最終の道の駅は「いいで」。ここからまだまだ距離がありますので、宿に電話を入れておきます。


0066_xlarge

こちらですね。ただ、これは翌日撮った写真で、実際は雨がぱらついて暗くなってきていました。


» 続きを読む

2016/12/30

鳥海山(7)・・・下山でこんなに疲れるとは

Cimg0324

さて、さらに下りましょう。まだ先は長いです。


Cimg0342

七五三掛を過ぎたあたりはお花がたくさんで、しばし立ち止まってカメラに。


» 続きを読む

鳥海山(6)・・・外輪山を下る

下山は外輪山経由です。7時前に出ます。小屋からはまず、昨日オコジョのいた雪渓の脇を通り

P1230238

外輪山の内側の急斜面を登って稜線に出ます。

P1230242

» 続きを読む

«鳥海山(5)・・・夕日と朝日

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ