« たかが葉っぱ1枚 | トップページ | テスト・ザ・ネイション »

2004/10/31

イモリン発見

 両親と南木曾温泉郷へ出かけた。山のピークにある展望風呂で、窓に近い気泡風呂に入ったら、ステンレスの手すりにイモリがとまっていた。しっぽ部分を除いた体長は5センチくらい。極太うどんよりはスマートな体型である。ステンのパイプにぴったり張り付いて、じいっとしている。山歩きをしているとよくイモリに出会うが、そそくさと逃げていってしまう。しかし今日はとにかくおとなしくしている。逃げられずに困っているのか、温かい湯気にうっとりしているのか。近くでよく見ると、なかなかかわいらしい目をしている。胸骨をふくらませてひくひく呼吸をしている様子もいじらしい。

imorin.JPG

 イモリはどこから来たんだろう。露天風呂から紛れ込んだのだろうか、誰かが連れてきたとは考えにくい。話をしていると、誰かが呼んだのだろう、従業員の女の子がやってきて、露天風呂のすみに立てかけてあった捕虫網で上手に捕獲していった。毎度のことなのかもしれない。露天風呂の注意書きに「虫さんや葉っぱさんも入浴に来ますので云々」と書いてあった。
 イモリのことについて調べてみようと検索してみると、あるある、イモリって立派なペットだったんだ! 飼い方は簡単だし、ずいぶん長生きするみたい。
  ※ココログでもペットにしている人を発見しました

 と、ここまできてもう一度よく写真を見ると、背中からしっぽの感じが爬虫類みたい。でもトカゲじゃないよなぁ。

« たかが葉っぱ1枚 | トップページ | テスト・ザ・ネイション »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

トラックバックしていただいた「水槽で感動」の作者です。
のびねこさんが発見したのはイモリではなくヤモリです。

イモリは本当に手のかからない丈夫なペットですよ。
これまでペットの飼育で挫折してきた方にお薦めです。
植物でいうとサボテンは全然てがかかりませんね。
それと同じように手がかかりません。
エサは金魚のエサで充分。
1週間くらいエサをやらなくても平気です。
水もカメや金魚ほど汚しません。


gamouさん、ご指摘ありがとうございます。やっぱり爬虫類だったんですね。写真を大きくしてみてみたら、指が5本でした。イモリは4本なんですよね。で、イモリは吸盤だけど、ヤモリは指先の摩擦だけでとまっているとか。とすれば、お風呂のステンパイプの上にいるのは大変だったんでしょうね。
手がかからないといえば、猫もけっこう手がかかりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/1815556

この記事へのトラックバック一覧です: イモリン発見:

« たかが葉っぱ1枚 | トップページ | テスト・ザ・ネイション »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ