« 老化の弊害(続) | トップページ | 大当たり »

2005/01/28

寄せ植え作ってみました

yoseue1

 事務所のベランダにもう一つ寄せ植えがほしくて、この2月くらいずっと探していた。また、鳥取からもらってきた黄色いパンジーがいつまでも元気なので、移植してあげなくてはとも思っていた。そこで、「そうだ、自分で寄せ植えすればいい」と思いついた。そんな簡単なことと笑うなかれ。アロエを枯らしたことのある私である。植物の世話に関してはまったく自分を信用していない。
 

 もう一つのきっかけは、タキイのカタログに寄せ植えのやり方が載っていたことだ。これによると
(1)鉢底穴よりやや大きめに切った鉢底ネットを敷く。その上に、鉢底土など大粒の土を鉢底が隠れるくらい入れる。
(2)タキイの園芸職人 ペチュニア培養土を鉢の深さ3分の1まで入れる。(※肥料分のない他の培養土を使う場合、緩効性肥料などの元肥が必要)
(3)苗をポットから抜き、根を軽くほぐす。
(4)苗を鉢の中に入れ、高さを調節して置く位置を決める。
(5)灌水時のウォータースペースを残して、鉢の縁から少し下の位置まで培養土をしっかり入れる。
(6)はさみで枝先を刈り込む。(株元から多くの枝が出て、こんもりとしまった株に仕上げるコツ)!
(7)葉についた土を流すように株の上から水をかけ、鉢底から流れ出るくらいまでたっぷり与える。

いま、転記して心配になってきた。「気温が高くなってきて、寒さの心配がなくなった頃に植えましょう」とあるではないか。それに元肥も入れなかったし。

 ともあれ、2鉢植えるのにわずか15分ほど。あっけなく完成し、小さい方を事務所に連れていったのであった(本当は大きい方を連れていく予定であったが、完成したら重すぎて断念した)。ユーカリの葉っぱは案の定、いたずら猫の襲撃に遭ってしまったが被害なし。

« 老化の弊害(続) | トップページ | 大当たり »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/2730126

この記事へのトラックバック一覧です: 寄せ植え作ってみました:

« 老化の弊害(続) | トップページ | 大当たり »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ