« 受講証到着 | トップページ | ダンスはうまく踊れない »

2005/03/15

ETC初体験

ETC
 遅ればせながらETCを付けてみた。5000円のキャッシュバックにつられてもあるが、道路料金の深夜割引が使えそうだからである。

 まずは機種選びだが、その前にカードを作ることになった。オートバックスのETC売り場で物色していると、カード会社のスタッフか店のスタッフか不明だが、まずこのカードを作って、そのカードでETCを購入すればキャッシュバックがあるという。初年度は無料だが次年度以降2100円の会費がかかるカードなので悩んだが、ロードサービスが二輪車OKなのにつられて申し込んだ。よってその日はカタログのみ持って帰ることになった。
 待つこと半月。その間に機種選びをしようとしたが、どれを選ぶべきかさっぱりわからない。製品の内容もわからないからである。こういうのを【拡大的問題解決】というんだな。仲間から情報を集め、音声ガイド付き、フロントウィンドウ以外に設置、という条件で購入することにした。店におもむき、条件を告げたところ、適当なものとして三菱製の2機種があった。設置場所は店員を車まで連れて行って、助手席の膝あたりとした(このために平日の夕方に出かけたのだ)。
 取り付けは約1時間。できあがりは写真のごとし。欲を言えばもう少し奥にセッティングしてもらえばよかった。設置場所の指定に立ち会えばよかったかもしれない。また、斜めではなく水平もしくはやや下向き加減でもよかった。カードスロットに埃が入りそうだからである。また、音声ガイドは不要であるとも思う。カードが正しく入っているかどうかは、ランプの色で確認できるからだ。
 ETC初体験は名古屋高速。バーが上がってくれるか、おっかなびっくりものだった。が、一般ゲートに並ぶ車の列を出し抜いて進入レーンに出たときすでに、もうETCなしには戻れないと思った。

« 受講証到着 | トップページ | ダンスはうまく踊れない »

2&4(Wheels)」カテゴリの記事

コメント

戻れない気持ちは分かるよ。でも、そのうちに経験するでしょうが小さいI.Cだと兼用になってるのが一箇所しかなくてETCなのに並ばされたり、ひどいのはカードを抜いて係員に渡さねばならない所もあるよ。そんな時は「意味ねーしぃ」的な気分にされる。それと掲示板では音声ガイドを薦めたけど、僕のは少し前から砂かけ婆みたいな声に声変わりして聞きたくないです。

砂かけ婆ねぇ。エンジンかけるたびにしゃべってるから、そのうちそうなるのかもね。今でもエンジンかけたときにCDの音と戦うように叫ぶのが気になっています。

先日、ETCが付いてない車が間違ってゲートに入り僕が後続車でした。その車は間違いに気がついてバックしようとしたのでクラクションを鳴らすと、中にいたオバサン四人が僕を睨み付けてきました。バック禁止だろうがと思いましたが面倒なので僕が下がりました。しかし、オバサンパワーには勝てません。ねーちゃんもご注意を。

<ETCの思い出 その1>
私がETC車載器を取り付けたのが、2002年の10月。その当時のETC普及率は0.3%程だったと記憶している。(2005年6月現在では44%との事)
私の場合、高速道路の近くに住んでいる・嫁の実家が大阪にある・スキー場へのアクセスが多い・・・etc、の理由で高速道路の利用率は高い。それまでは5万円のハイウェイカードを年に2~3枚は確実に使っていた。
そのハイウェイカードも偽造のために廃止になるというニュースがあり、それならと重い腰をあげて、3万円近くもする車載器を買ったのであった。これでもETC開始当時は5万円程していたのだから「安いっ!」と思っていた。今では1万円切るもんね・・・(T_T)
車載器を取り付けて、直ぐに遊びに行ったのが東京ディズニーランド。東名高速の主要なインターチェンジではETCの恩恵を受けられたのだが、首都高速道ではETCが利用できる料金所も少なく、またあったとしてもETC専用レーンはなく、料金所のおっちゃんも慣れていなくて一々車載器を指差して確認をさせた後で通過していた次第。
最近はETC専用レーンも増えて料金所の通過は楽になったけど、料金所までの車線が混んでいると相変わらずの渋滞になることも。渋滞時はETC専用車線を設けてほしいものだ。

ヒデマオさま、早速いらっしゃいましてありがとうございます。ETCレーンの手前で混んでるとさすがに腹立たしいですね。
最近気づいたんですが、料金所のおじさんの「ありがとう」を聞けないのはETCのマイナス面だな。

<ETCの思い出 その2>
ETC・・・、今は普通に「イーテーシー」と呼んでいるが、ETC導入当時にJHが公募して「イーテック」という呼称で普及を図ろうとしていた事を知っている人はどの位いるのだろう?
私がETC車載器を付けようとして情報収集していた当時、JHのホームページでこの呼称を知って、「イーテック」って呼んでいた。
オートバックスへ車載器を買いに言った時に、
   私 「イーテックが欲しいのですが」
   店員「イーテック?・・・!イーテーシーですね」
ってチグハグナ会話があった。
私の車に付けた1年後、嫁の車にも車載器を取り付けるため、トヨタのディーラーに車載器の値段を聞いた。
  私 「イーテック車載器の一番安いのって幾ら?」
  店員「・・・・イーテーシーは取り付け料込みで○○○円で扱っています」
・・・それでも私は、「イーテック」の呼称を捨てきれずにいた。
そしていつの間にか、JHのホームページからもイーテックの名称は消えていた・・・。

そうそう!以前、国鉄の分割民営化に伴い呼称を公募した「E電(イーでん)」って言うのもあったよね・・・。

<ETCの思い出 その3>
ETCのゲート、どの位のスピードで通過してます?
一応、設計上では80km/hでの通過は出来るみたいですが、流石にこれは怖いです。(因みに私の最高通過速度は60km/hですが、これでも怖い!。)

最初に付けた車載器はオンボード式で音声案内が無いものでした。オンボード式で車載器とカードの状況が外部から見られるため、盗難防止のためカードは停車の度に抜いていました。
ETCに慣れたある時、高速に入るためゲートに進入したのですがゲートが上がらず急停車!!ゲートを弾き飛ばして停車しました。(あのゲート、ウレタンのような柔らかいもので出来てるみたいで、車は無事でしたけど。)係員が飛んできて「どうしました?」っていうので「何でゲート開かないの!!」って散々文句言った後で、ふと車載器を見ると何時もよりカードが飛び出ているような・・・差込が不十分だったのね(-_-;)
カードを挿したとき、後ろからの日差しが強くランプの状況がハッキリ見ることが出来なかったための失敗でした。(でも、係員には自分が悪いなんて事は言わずに、JH側の責任って言い張ったけど・・・。)
今は、車も変わり車載器もカーナビ連動の音声案内付、なおかつ車載器は小物入れに隠しているためカード挿しっぱなしのため、このような失敗はなくなりました。

昨日天白郵便局前の修理屋さんの看板に「イーテック代理店」と書いてあるのを発見しました。
で、そのあと3時過ぎに岡崎から東名に乗ったんですが、ETCレーンだけ渋滞で、なんなんだ!と思いました。トラックが多かった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/3314358

この記事へのトラックバック一覧です: ETC初体験:

« 受講証到着 | トップページ | ダンスはうまく踊れない »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ