« サラダ菜ミックス | トップページ | 完売御礼 »

2005/03/21

F1下剋上?

 マレーシアで、ついにTOYOTAのトゥルーリが表彰台に立った。5位にもラルフが入ってトヨタ万々歳というところだ。トヨタの実力か、レギュレーション変更時の混乱期だけの話かよくわからないが、オーストラリアに続けてトップをキープしたルノーは実力によるものに違いない。
 レギュレーションが変更されて、今期のF1は目が離せない。エンジンは2レース載せ替えられない、タイヤは予選からゴールまで1本だけ。先回はさほどでもなかったが、今回は気温37度のマレーシアである。3周目でホンダの2台のエンジンが壊れ(琢磨君は体も壊れて乗ってなかったが)、バリチェロが周遅れにされ、はらはらどきどきの90分だった。表彰台のトゥルーリが疲労困憊なのか放心状態だったことからして(ほかの二人は元気だったけど;そういえばみんなラテン民族だけどトゥルーリだけは眉毛が濃くないね)とても過酷な戦いだったことを示している。
 ドライバーにとっても、エンジンにとっても、タイヤにとっても過酷だ。なかでもいちばん影響が出るのはタイヤだ。フルブレーキングを躊躇させるレギュレーション変更なんて! 見ていてもブレーキを思いっきり踏めないからなのかしらと思う場面があると、こっちが欲求不満になりそうだ。このレギュレーション変更がいいのか悪いのかわからないが、ラスト2周のアロンソのマシンのきれいなタイヤを「タイヤにやさしいマシン」作りの結果だというコメントを聞いて、ちょっと考え直した。F1も環境配慮なのかしら。
 (おまけ)今回の中継からだと思うが、ドライバーとチームの無線のやりとりが放送された。ビルヌーブに「第3セクター遅いぞ」っていうチームからの指示が出たり、アロンソに「トゥルーリと○秒差」なんていう情報を伝えたりしているのが放送された。実は大昔私はピットにいた(二輪)こともあるのだが、ライダーに情報を伝えるのに、ホームストレッチで黒板に書いて示したものだ。黒板はそのうちアルミの枠にプラスチック板を差し替える方式になったが、今はどうだか知らない。F1でも大昔はそうだったに違いないのに、すっかり無線でのやりとりが当たり前のように見ていた。

« サラダ菜ミックス | トップページ | 完売御礼 »

2&4(Wheels)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/3375098

この記事へのトラックバック一覧です: F1下剋上?:

« サラダ菜ミックス | トップページ | 完売御礼 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ