« なんじゃもんじゃの木の思い出 | トップページ | 桐の花 »

2005/05/03

キックスターター

 本日は幼なじみと半日ツーリング。ちんたら走るのはあまり楽しくないし、1日は根性が続かない。だからこれくらいがちょうどいい、という結論となった。が、私にはちょっとだけ負担だったかもしれず、右腕に湿布を貼っている。
 彼らとはバイクに乗るようになってからはほとんど話もしなかったのに、なぜだか今集まると昔のバイクの話で盛り上がる。今日はキックスターターの話が出た。
 昔のバイクには必ずキックスターターがついていた。というよりは、セルモーターは一部の大排気量車にしかついていなかった。私は10代の頃はトレール専門だったからそれこそ通算何千回もキックしたのだと思う。今日意見が合ったのは、「キックしてエンジンがかかったなという感じが足の裏に伝わったときにスロットルを開ける」というものであった。寒いときはそこにチョークというもう一つの条件が加わる。かぶってびしょびしょになったプラグを掃除したことも、押しがけを繰り返したことも、その時代にバイクとつきあっていた人間の共通の思い出だ。
 いまでも、できればセルの替わりにキックをつけてほしいと思う。しばらく乗らずに放置したとき、バッテリのことを考えなくてもいいから。そして、走る手前のところでも自分の技に満足したいから。
※本日のツーリングレポートはHPにUPしてあります

« なんじゃもんじゃの木の思い出 | トップページ | 桐の花 »

2&4(Wheels)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/3966958

この記事へのトラックバック一覧です: キックスターター:

« なんじゃもんじゃの木の思い出 | トップページ | 桐の花 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ