« 万博大学第5回講義ノート「機械論的世界観からの脱却~生命誌の視点から」中村桂子氏 | トップページ | 腱鞘炎その後 »

2005/05/23

That's Monaco, We know.

 モンテカルロも「逃げるライコネン追うアロンソ」の図式かと思っていたら、波乱だらけだった。アルバースがスピンして数台が立ち往生し、事故のとばっちりでクルサードがリタイヤ、ミヒャエルは周遅れになってしまう。あ~あ、この間に歯磨きと思って戻ったら5位以下6台がだんご状態になっていた。フィジケラのマシンがものすご~く遅くて抜けないのだ。なんと周遅れだったミヒャエルまで追いついてしまった。数周じれったい目をした後、我慢できなくなったトゥルーリがオーバーテイク。後続もまとめてフィジケラを抜く。が、フィジケラを抜いたときに縁石に乗ってダメージを受けたトゥルーリのマシンはスローダウンで最後まで浮かび上がれず。レース後「That's Monaco」と言って笑った。
 残り数周でウェーバーがアロンソをかわしたとき、アロンソがシケインをショートカットしたのにはがっかり。しかも2度も。ただ、2回目はそれでもウェーバーがアロンソを抑えたからまあよしとしよう。ビルヌーブもチョンボした。ライコネンのポール to Win には文句なし。

« 万博大学第5回講義ノート「機械論的世界観からの脱却~生命誌の視点から」中村桂子氏 | トップページ | 腱鞘炎その後 »

2&4(Wheels)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/4242119

この記事へのトラックバック一覧です: That's Monaco, We know.:

« 万博大学第5回講義ノート「機械論的世界観からの脱却~生命誌の視点から」中村桂子氏 | トップページ | 腱鞘炎その後 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ