« 辛いレースだったね(F1ドイツGP) | トップページ | ボースイケータイ »

2005/07/31

夢の住宅PAPI

 万博大学で坂村教授の講義を聞いてからずっと気になっていたPAPIを、ようやく見に行ってきた。予約を入れてのミニツアーである。私たちが5人、ほかにはカップル1組で、7人のために1人のアテンダントが丁寧に説明してくれた。
 まずは案内棟でビデオを見る。坂村さんの大写し。ビデオルームのいすは20脚ほどだったから、1回のツアーのキャパはそんなもんなんだろう。

 坂村さんによれば、トヨタは世界で唯一、クルマと住宅の2つを作っている企業なんだそうである。「より豊かで持続的に発展できる社会」を目指すためのキーワードは、「ファクター4」。半分のエネルギーで2倍の豊かさを生み出す、つまり豊かさ/エネルギーは4倍になるわけだ。PAPIは2020年の理想の住宅の一歩手前、201X年の住宅を想定して作られている。詳しい内容はTOYOTAのプレスをご覧いただきたい。坂村さんの講義にもオフィシャル案内にも出てこないものとして
・鉄骨はステンレスである
・ケナフのパネルが床材に使われている
・意外に大きな和室がある
・壁の中に収納庫があり、3つの取り出し口から取り出せる(壁の中に立体駐車場のような、収納箱を移動させる装置が付いている)
・リモコン10個くらいを1つのユビキタスコミュニケータで操れる、完全防音のホームシアターがある
・コンサートチケットをユビキタスコミュニケータにかざすとピアノが自動演奏する
・リニアモータを使った扉
・・・・などなどお楽しみはたくさんあるので、皆様もぜひどうぞ。
 ツアーを戻ってきてからは、案内棟でより深い情報をについての展示を見る。すかさず配られたアンケートの質問には、いくらなら買ってもいいかという内容がある。早くも売る気を見せているところに、単なる夢ではない実現可能なモデルハウスだということを実感した。

« 辛いレースだったね(F1ドイツGP) | トップページ | ボースイケータイ »

愛・地球博」カテゴリの記事

雑学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/5250533

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の住宅PAPI:

« 辛いレースだったね(F1ドイツGP) | トップページ | ボースイケータイ »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ