« サイト内検索 | トップページ | NORIKA3 »

2005/11/02

御在所岳

gozaisho_034

とんでもない筋肉痛である。半年ぶりに山に登った・・・というよりは山を「下りた」からである。尋常の下り方ではない。手探りならぬ足探りでの下りが効いたに違いない。夕方遅い時間に歩いた状況はこちら。事情からすると不謹慎だが、かなり楽しんでしまった。

一緒に行ったSちゃんのレポートはこちら

« サイト内検索 | トップページ | NORIKA3 »

」カテゴリの記事

コメント

なんでまた、そんな時間に?
山に慣れてる文姉だから下山できたけど。
山に登ったことのない僕なら無理だな。
山歩きも憧れるけど、なかなかね。
しかし、丈夫だね。感心してます。
明日は、早朝から瑞浪の山中でボールと戯れてます。

ちょっと大げさでしたね。道としては迷いようのない道なので、全員が懐中電灯を持っているんならなんてことはなかったと思います。ただ、先の状況がわからなかったので焦りました。「足探り」になったのは明るい光を持っていなかった装備不足のせい。ツアーだと言っても自己責任ということを再確認しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/6836156

この記事へのトラックバック一覧です: 御在所岳:

» 下山は暗くなる前に [Thank You(山球) Diary−ビリヤードと登山の記録]
御在所岳・国見岳 鈴鹿山地 標高1,212m・1165.7m 2005年10月30日(日) 晴れ A24、ふーちゃん親子とアウトドアショップのトレッキングツアーに参加、総勢21名 裏道登山道口(9:40)→日向小屋→藤内小屋→山上公園→山頂、昼食(12:50)→山上公園(14:20)→国見峠→国見岳→岳不動の道→藤内小屋(17:20)→日向小屋→スカイライン口(18:00) 3回目の登山は再び御在所岳へ。アウトドアショップのトレッキングツアーに参加。 登りは裏道ルート、下りは国..... [続きを読む]

« サイト内検索 | トップページ | NORIKA3 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ