« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月に作成された記事

2006/03/31

血管エコー検査

 父はなぜ今死なねばならなかったのだろうか。その答えを母と探してはや三月になる。
 父には閉塞性動脈硬化症(足の筋肉への血流が減り、歩くと足が痛むなどの症状がある病気;松尾クリニックによる)の症状があった。昨秋その病気の記事を日経で見つけた私はそれを疑い、父の脚の血圧を測るよう記事を実家にFAXした。しかしそのまま忘れていた。その後に父と階段や坂道を登る機会がなかったからか。いや、それよりも、誰も父がそんな爆弾を抱えていることを思い描かなかった。早朝から深夜まで自宅併設の工場で仕事をする働き者だった。

 この間、「超音波が動脈硬化の早期発見に貢献。」というキャッチコピーの広告を日経で見つけた。東芝の超音波画像診断技術は、動脈も静脈も鮮明に映しだしてくれるのだそうだ。血液の流れもリアルタイムで映し出す。父にこの診断を受けさせていれば、たばこは即刻やめていただろう。父は自制心の強い人だった。
 日赤の医師は「こんな体で普通に生活してこられたのが不思議です。絶妙なバランスの上に生きていたと思われます」と言っていた。脚の太い動脈は詰まっていて、細い血管だけでなんとか血液を送っていたらしい。だからいつも脚が冷えて厚着をしていたのだ。だから熊野古道を歩けなかったのだ。だから南木曾の階段を上るのが辛かったのだ。だからグローバルループを速く歩けなかったのだ・・・・父は降圧剤を何年も飲み続けていた。当然お医者にかかっているわけだから、安心していたのだろう。人間ドックは受診しなかったが、血管の障害がそれで見つかったかどうかは定かではない。歩くと足が疲れるという、些細と思われることでも、医師に相談していたかどうか。相談するように医師が指導していたかどうか。普段の健康管理においても、もしかしたらセカンドオピニオンが必要かもしれない。

2006/03/29

野登山

Nonobiriyama_052

4ヶ月ぶりの山なので、山頂にお寺のある山を選ぶ。山道が参道だからだ。
山頂付近はブナ林ではあるが、杉の巨木たちに圧倒される。
途中で伊勢湾が見える。山から海が見えるのはとてつもない癒しである。
レポートはこちらを。

2006/03/22

桜が咲いた

060322_13160002.jpg
桜山交差点で早咲きの桜が咲いた。あと1週間もすれば染井吉野も咲くんだろう。
年が明けてはや三月。父が入院した日々はそのわずか数パーセントになった。

2006/03/21

山に登れないけど

060315_11510002

正月以来の休みを取って(それとて同級生に誘われたからなのだけれど)、明世カントリーに行ってきました。雨が続いた後でしたが、雲一つない快晴でした。恵那山までは40キロもないコースです。ティーグラウンドに立つたび、残雪の恵那山やまだまだ真っ白な御嶽山の方に心を奪われてしまいました。
あれくらいの雪の残り具合だと、すばらしく楽しいだろうな。
ちなみに私のゴルフはビールを飲むというのが主な目的です(スキーも同じ)。いつからこうなっちゃったんだか。

2006/03/15

IFAWに寄付した

3月4日の「残虐猟を許すな」は、カナダのむごいアザラシ猟をお伝えしたかったのだけれど、みなさんIAWの映像は見てくださいました? コメントが一つもなかったのでちょっと悲しく思っておりました。まだの人はIFAWのアザラシのページへ行って、右下の「Watch Video」を見てくださいね。ひどいです。ひどすぎます。もしそう思ってくださったら、「Sign the Petition」をクリック!カナダ政府に抗議する署名を送ってください。ちなみに私は25ドルの寄付も送りました。
あざらしって進化の上では猫に近いのですよ。顔も似てるでしょ。

2006/03/13

今年も始まった

今年も私がテレビを見るシーズンが始まった。F1である。私がテレビを見るのはほとんどこれだけ。
バーレーンの注目は
1 ミヒャエルの復活かアロンソの快進撃か
2 ホンダ、トヨタの優勝台は
3 スーパーアグリの完走なるか
というものだった。結果は
1 アロンソ逃げ切り、しかし差は1秒02
2 バトンが4位まで追い上げ、でもライコネンに届かず
3 琢磨6ピットするも4周遅れで完走
となった。今シーズンも毎回楽しそうだ。ニコ・ロズベルグのすごい走りにも注目したい。

どうでもいいけど半年ぶりに見た人達の変化が気になってしまった。
中嶋さんはとってもオジサン太りしてしまった。
マッチの変な髪型はいただけないな。
アグリさん、白髪が増えましたね。
琢磨君もまたやせたね。でも、思うように走れず、ピットクルーのもたもたにもいらつき、散々だっただろうに、チームのみんなを気遣ったコメントであった。いつもながら「いい子だな~」とうれしくなった。

2006/03/12

ふだふた歩Part4

例によって終バスのとっくに行ってしまった夜道を歩きながら、さっき飲んだボウモアの匂いが離れなくて嫌になっている。アイラモルトは最近流行りであるらしく今日行ったバーでも各種取り揃えていた。私と友人とでその中から2種類を選んで味見した。話題のスコッチはどんなもんかと。
結論的にはノーグッドである。今のところくさいだけ。 でも、もしかしたら急に好きになることもあるかもしれないと、思ったりする。
060312_00180001.jpg

2006/03/11

春が来た

このところのぽかぽか陽気で、遅れていた梅が一気に満開。天白川の土手ではつくしんぼも顔を出しているんだろうな。私は今日も仕事から離れられず。朝からエクセルの箱ばかり見ていたが、熱中して研修に大遅刻となる、その道中である。休んでもいいようなものだが、その後の懇親会が実は目的であったりして・・・わざわざ遠方へ飲みにいくようなものかな。060311_15070001.jpg

走っているJRの車窓から携帯電話のカメラで撮ったわりにはうまく撮れたな。

2006/03/04

残虐猟を許すな

ポールマッカートニー夫妻はアザラシ猟に抗議するため、カナダ東海岸の氷上に横たわってアピールした。
アザラシ猟について情報のなかった私は、検索エンジンでヒットしたサイトを順に見ていった。
アザラシは大量の魚を食べる。魚を人が捕るかアザラシに食わせるか、それには議論があろう。すべてのアザラシ猟を禁止していいかどうかはいまの私には判断できない。
しかし衝撃的だったのは、IFAWのアザラシのページで見たアザラシ猟のビデオである(右下のリンクから見てほしい)。棍棒を持った男たちが船でやってきて氷上を走り回り、そこかしこにいるアザラシの頭を叩いて回る。氷の上のアザラシは逃げ足も遅く、皆やられてしまう。何度も何度も殴る。血まみれになったアザラシは、まだ息をして、何かを訴えている。

こんな残虐な殺し方を許していいのか。大量殺戮だ。さらには、死亡確認なしに皮を剥ぎ取られるアザラシも多いという。またほとんどが生後数週間以内の個体という。アジやイワシを網で捕るのとどう違うのかと言われると少し自信はないが、少なくとも毛皮目的だけなら許せない。
必要な殺生は仕方がない。我々は植物も含め他の命をいただいて生きている罪深い生き物なのだ。だからこそ無駄な殺生はしてはならない。走り回る男たちの姿から、仏教の「いただきます」の気持ちはかけらも見つけられない。そう思うのは私だけだろうか。

あざらしについて多方面から情報を集めているサイトを見つけたので紹介しておく。ゴマスケさんが管理する「あざらしのおへや

「克」の麦

sake_004


久し振りに酒屋へ行った。前々からねらっていた「克」の麦を買ってみた。
まずはロックで。
ふ~ん、麦じゃないみたい。芋みたいに甘くて、克の芋と似た味わい。でも、これだったら芋の方がいいなあというのが今日の感想だ。前村貞夫さんの「監修」っていうのも中途半端。でももう少し飲むと変わるかしら。

<ラベル裏面>
麦の特性を重視した常圧蒸留酒を樫樽の新樽と古樽で熟成し、
特に口当たりの柔らかさと喉越しの滑らかさを重視してブレンドした本格麦焼酎です。
そのままの味をまずはお楽しみください。
本格焼酎 常圧蒸留(白麹仕込み)
原料 麦・麦こうじ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ