« アサヒ本チューハイ芋レモン | トップページ | 残虐猟を許すな »

2006/03/04

「克」の麦

sake_004


久し振りに酒屋へ行った。前々からねらっていた「克」の麦を買ってみた。
まずはロックで。
ふ~ん、麦じゃないみたい。芋みたいに甘くて、克の芋と似た味わい。でも、これだったら芋の方がいいなあというのが今日の感想だ。前村貞夫さんの「監修」っていうのも中途半端。でももう少し飲むと変わるかしら。

<ラベル裏面>
麦の特性を重視した常圧蒸留酒を樫樽の新樽と古樽で熟成し、
特に口当たりの柔らかさと喉越しの滑らかさを重視してブレンドした本格麦焼酎です。
そのままの味をまずはお楽しみください。
本格焼酎 常圧蒸留(白麹仕込み)
原料 麦・麦こうじ

« アサヒ本チューハイ芋レモン | トップページ | 残虐猟を許すな »

飲み食い」カテゴリの記事

コメント

女房が留守のときに、台所に隠してある女房専用酒をチェックしてみた。錦灘酒蔵株式会社の薩摩自顕流という米焼酎であった。一口飲んでみた。意外とうまい。ネットで値段を調べたら、黒霧島の倍。うまいわけか?のびねこさんも試してみて!まじうまです。

朝日新聞の夕刊で「焼酎往来」という特集記事が始まりましたね。1回目の昨日は、いま、アジア各国の先進的BARで、日本の芋焼酎や泡盛がもてはやされているという内容でした。
薩摩自顕流は日本酒のような味わいだそうですね。一度試してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/8931298

この記事へのトラックバック一覧です: 「克」の麦:

« アサヒ本チューハイ芋レモン | トップページ | 残虐猟を許すな »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ