« 狙ってる… | トップページ | きょうは(BlogPet) »

2006/09/20

コンタクト初体験

もうすっかりあきらめて忘れてもいた、コンタクトレンズ試用の機会がやってきた。
発端は半年前の眼科受診。花粉症でだったと思うが、ついでにコンタクトレンズが使えないか聞いてみたのである。私より一回りくらい若そうな医師は、「その年で初めてコンタクトはやめたら?」と言いたげな顔で、それでも「もう少ししたら使い捨てコンタクトレンズの試用品がくるから連絡してあげよう」と言ってくれた。それから待てど暮らせど連絡はなし。で、バイク用眼鏡の購入に至ったというわけであった
ところが先週「大変遅くなりましたが、コンタクトレンズが入荷しましたのでいらしてください」という留守番電話が入ったのである。それで、本日くだんの眼科医へ出かけた。


例によって視力検査の後、1日で使い捨てのソフトレンズを装着してみる。といっても自分ではできず、看護師(助手かもしれない)につけてもらう。右目はまあよかったが、左目はなかなかうまくいかない。こんな手間が毎日かかるんなら駄目だ、それにしてもレンズってこんなに大きいものなのか、などと否定的な考えが頭を駆けめぐるうち、ようやく装着。しかし左目に何となく異物感があることを訴えると、せっかく装着できたのにまたやり直し。もう、どうでもよくなってくる。
そんなこんなで両目に装着できるのに10分以上かかったのではなかろうか。思ったより違和感はない。全くないと言ってよい。が、カバンに入っていた書類を読むに、裸眼と大差ない。なんとなく、ぼやけている。さらに、視力検査をしてみると、まったく駄目。Cが3つに見えて、しかもそれぞれの切れ目が同一でない。
1日用のレンズでは、乱視の矯正はここまでなんだそうである。それで今度は使用期限2週間のものを試してみる。装着はさっきよりは早い。すでにコツをつかんだのかもしれない。
が、物理的違和感はないが、視野にはとんでもない違和感。花粉症の時期に、目が開いていられないほどつらいときがあるが、それとよく似ている。視力検査はおいて、診察室に入る。状況を説明するうち、突然よく見えるようになる。先生と一緒に喜ぶが、それも2,3分。また目が開けていたくない状況になった。
結論的には、あなたにはコンタクトは合わないからあきらめなさい、ということであった。乱視用のコンタクトレンズは、乱視の角度を合わせるために眼球に対していつも同じ向きになる必要がある。それがどうやって上下のないコンタクトレンズで可能になるか、私もずっと疑問に思っていたところだが、レンズの重心設定により、いつも下になるべきところが下になるように設計されているのだそうである。レンズが回転して眼球に対して同じ軸を保つのだろう。しかし、私の目ではレンズがうまく回転してくれない。ずれたままになってしまうようである。それに、使いたいのは主に運動するときである。
というわけで、かれこれ十数年あこがれたコンタクトレンズへの夢は終わった。それも「老眼鏡」と言いかけて「近くを見る用」と慌てて言い直した先生の言葉に追い打ちをかけられて。

« 狙ってる… | トップページ | きょうは(BlogPet) »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

へえ~~。チャレンジしたんだ。すごく感激!ですが、僕と同等の乱視なのだから、ソフトレンズは無理でしょう。最初はすごい異物感が有りますが、ハ-ドレンズにチャレンジしてみてくださいよ。僕はメニコンZというハ-ドレンズをはめていますが、乱視をほぼ矯正できています。話はかわって先週末の飲み会で老眼鏡の話題になり盛り上がりました。買った人は口をそろえて、世界が変わるってさ。僕も新聞が読みづらいから、そろそろ眼鏡屋へ行かなくては。

前のスレの状況では、コンタクトにはしないのかなと思っていましたが(^_-)-☆
始めは違和感あるよ。(人それぞれで感覚は違うだろうけど)私は、一番初めのコンタクトがハードで、慣れるのに2~3ヶ月かかりました。ハードは1年程しましたが、結局ダメでした。
それから2年程のブランクを経てソフトにして5年、途中また病気の後遺症のためブランクがあって5年目に入っています。(現在は2週間タイプの使い捨て)
ソフト・コンタクトで困ることは、スキーの時にゴーグルをしていないと風圧で目が乾き、異物感が増すこと。
最近、原チャリに乗り出して、この状況が出て困っています。風の巻き込まないヘルメットにしなければ・・。
それ以外は、問題ないかな?

遅いレスですみません。
あれからいろんな人に話して、もうコンタクトはあきらめました。めんどくさいもん。慣れるまでに日常費やす時間を考えると、メール書いたり仕事してたりした方がいい。
そんで、すぐさま新しい眼鏡を注文に行ったのでした。この際、眼鏡フェチになるかな?って気分です。

そえは正解だと思うよ。
僕はコンタクト経験無いけど、妻や娘を見てると
大変みたいだもん。
それに、最近は安くてオシャレな眼鏡があるからね。
僕は、何種類かの眼鏡を気分で使い分けてます。
ただ、老眼が入ってきてるので仕事用は限定されます。

新しい眼鏡を受け取りました。
デスクトップの画面とキーボードが両方見える設定の、中・近用レンズ。でも初日は充血してしまったし、さっきもかけてたんだけどなんか違和感がある。ほんとに目に合ってるのかな?

高田さんに追伸:昨日今日2日続けてランチ食べた、車道のPOPINOっていうレストランの人、誰かに似てると思ったら、高田さんの弟って感じだよ。今度夜行ってみようか?

弟か。実の弟は、なかなかいい男です。
でも、どんな感じかな?一度、いきましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/11965992

この記事へのトラックバック一覧です: コンタクト初体験:

» 視力矯正。『 コンタクトレンズの長所 』 [視力回復 と 近視 矯正 を考えるブログ★ 近視 矯正 視力回復 ドットコム]
視力矯正。『 コンタクトレンズの長所 』 ・角膜との間の距離がゼロに近いという特性によって、眼鏡に比べて像のゆがみや大きさの変化が少ない。 ・強度の屈折異常や左右の視力が大きく異なる場合には眼鏡での矯正が難しいことがある。 ・個人差があり相当な強度や左右差..... [続きを読む]

« 狙ってる… | トップページ | きょうは(BlogPet) »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ