« 刈谷の花火 | トップページ | 足を鍛える靴らしい »

2006/09/02

貴船で川床料理

kibune_kurama 007.jpg

野外料理というと、ビール+バーベキュー、酒+花見弁当・・・・くらいしか思いつかなさそうだが、最高に贅沢なこんなのもある。京都、貴船の川床料理。川面に渡した桟敷の上で、一品ずつできたてを食する。
本日行ってきたのは貴船にある鳥居茶屋真々庵。たっぷり2時間の涼を楽しんだ。
料理写真はこちら

貴船川沿いの道は車がやっとすれ違えるほどの狭さだからか、京都府警のお巡りさんのバイクはオフ車。めずらしい!

kibune_kurama 031.jpg

« 刈谷の花火 | トップページ | 足を鍛える靴らしい »

飲み食い」カテゴリの記事

2&4(Wheels)」カテゴリの記事

コメント

いいですねぇ~!
京の夏の食の代表は「はも料理」なのですが、それプラス、真夏の京都ではこれ以上の涼しさと贅沢はないと言えるでしょう。
まさに「涼の極み」。おつな体験ですね。
コースだとお値段もディナー並で、要予約なので、
私は単品であゆの塩焼きをちょこっと食べた経験が有りますが、結構高い!でも「贅沢した!」って気分になれます。

貴船から奥に入ると、原生林が生い茂るハイキングコースや、キャンプ場などがあり、のびねこさんはきっと気に入ると思いますョ(^^;)
ツーリングライダーも沢山出没する場所で、森林浴をしながら
くねくね道をどんどん行くと、福井の小浜まで到達します。
(原付だとマフラーから煙が出てエンジンが焼けそうになるぐらいの坂道が続きますが…)

大学時代は午後からの講義が休講になると、こういう所をFZR250Fで探索して、プチツーリングを楽しんでたのを思い出しました。懐かしいなぁ~!

大学時代を京都で過ごしたという友人もこのコースをよく走ったと言っていました。一度行ってみたいところではあります。
料理のほう、はもは葛たたきにした椀ものの方がおいしかった。この椀もの、松茸スライスが入っていて、「夏から秋へ」っていう感じでした。先付けの虫かごも秋のものですね。長月ならではの献立です。

川床ですか・・・これはまた羨ましい風流な食事をされてきましたね。私も一度体験したいと思っているのですが、なかなか機会に恵まれません。
でも、のびねこさんのブログでちょっとだけ気分を楽しめました。

風さんもどなたか巻き添えにしてお試しあれ。
私としては、こんどは団体でなく、3-4人で行きたいなあ。鞍馬にバイクを置いて歩いて山を越え往復という計画なら、酒飲んでも大丈夫かしら。
川床料理は貴船のほか高雄・鴨川でもやっています。鴨川のは貴船の帰りに横を通って見てきましたが、ちょっと別物ですね。あそこでなら舞子はん付きにしたいなぁ、なんて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/11735852

この記事へのトラックバック一覧です: 貴船で川床料理:

« 刈谷の花火 | トップページ | 足を鍛える靴らしい »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ