« Panasonic CF-R6 | トップページ | 天狗森山 »

2007/06/30

献血カード

仕事帰りに駅で「本日A型あと5人」の看板を見て、久しぶりに献血に行ってみる。3年ぶりだ。その間、骨髄バンクの話が2回あったからブランクになっていただけで、年に1度くらいはアルコールまみれでない元気な(献血できる)日もあるのだ。

献血自体は変わり映えしないが、今回の新発見ふたつ。

一つは問診がペンシルレスになったこと。タッチパネルに答えていくと回答した問診票が打ち出される。それに署名するところだけはやっぱり書くのだが。ここで使われていたのがCANONのモバイルプリンタ。私も客先で使うために買って持っているが、全く活躍していない。一人一人の目の前で問診票を打ち出すには、このプリンタが最適で、こういう使い方があったのだと目から鱗だった。

もう一つは「献血カード」。

Kenketsucard_005

ここからも手書きがなくなった。サイズが昔の免許証サイズからテレカサイズになって、財布のカードポケットに入れられるようになったのがうれしい。「アイカ」というらしい。全国の愛香さんとそのお友達、献血未体験だったらぜひトライして「アイカ」をもらってね。

それから血液検査の結果表の送付が早くなって驚いた。なんと3営業日めに届いたのだ。過去の葉書を見ても料金別納のため発送日がわからないが、記憶では2週間くらいかかっていたと思う。
ちなみに数値はすべて正常範囲内。暴飲暴食・不摂生の割にいたって健康らしい。

« Panasonic CF-R6 | トップページ | 天狗森山 »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

献血は、ものすごーーーい昔(^^;、OLやっていた時に
会社に献血車が来て、と言うのと、母の病気の時に
正月で血が手に入らないからと言う事で私の血を
成分献血であげたぐらいですねぇ
それから1~2日後に母は亡くなってしまったのですが、
私の血が悪かったのかなぁ?とちょっと思ってます(-_-)

去年のがん発覚で、抗がん剤や放射線使ったんですが、
そんな人でも献血ってできるのかしらん?
と、ふと思ったり。

お母さんのこと、残念でしたね。
でもちなつさんのせいではきっとないと思いますよ。

特定の病気にかかった人は、献血できないことになっています。
http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/terms/index.html
念のためみたいです。

ま、がん(悪性腫瘍)はやっぱりねぇという気はしましたが、
ピアスや出血を伴う歯科治療、そして海外旅行経験者
とまで言われたら、献血できる人少ないですよね(^^;;

年齢制限もありますよ!
それにその日の体調にもよります。
私は貧血だった十数年前は、せっかく出向いても3回に1回くらいしか献血できませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/15594620

この記事へのトラックバック一覧です: 献血カード:

« Panasonic CF-R6 | トップページ | 天狗森山 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ