« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月に作成された記事

2007/07/21

修善寺のあじ寿司

Yokohama_014
昨年見つけてうまさに感動したのが、修善寺駅で売ってる、舞寿しさんのあじ寿司。なんといっても鰺がうまいのと酢飯とのマッチングがよいのとで、芸術品の部類。できればビールじゃなくて日本酒で行きたいところだったが・・・とはいえ、ラフォーレの緑の風の中で食べられたのはぜいたくであった。
運がいいと「握りあじ寿司」もあるとか・・・食べたい!

2007/07/20

老化痛感

Yokohama_006

半月前になっちゃったけど、たぶん10年ぶりくらいにフィールドアスレチックをやってみる。
ところはラフォーレ修善寺。昼からの研修で皆が到着する前に一人で出向く。前日の雨でロープや木がぬれているのが心配だったが、さほどでもない。それより蜘蛛の巣の方が気になった。ロープのトンネルをくぐるのに、蜘蛛の巣を避けると一段とくぐる箇所が狭くなる。

ここのアスレチック、大人向けなのか、歩幅が広くないときつい。上の写真では、まず手前の網を上り下りした後、右の丸太を登り、真ん中の丸太を降りる。この、降りるのが大変で、身長150センチ以下の人は無理だろう。しがみついたおかげでずいぶん汚れてしまった。

他もだいたいはできたのだが、これ
Yokohama_005
だけは、びびってリタイヤ。ぶらぶらする鉄棒をどんなふうでもいいから伝わって向こうへ行けというのだ。ぶら下がって行くにも上を歩いて行くにも、棒と棒との間隔が広すぎる。ただ、先に見本を見せてくれる人がいたら、まねしてチャレンジしたかもしれない。一応、下のネットに身を投げて様子を試してみたのだが、湿っぽいし蜘蛛の巣がありそうな気がして気味悪く、ますますリタイヤする気になってしまった。こんなのが怖いっていうのは老化現象に違いない。

10ほどのポイントを通過しただけなのだが、大汗かいたし疲れた。後で胸の筋肉痛ががーんと来た。
でも、この後のビールとあじ寿司のうまかったことといったら・・・

2007/07/19

10年ぶりの獣医さん

最近コポコポ(ゲロをうちではこう呼んでいる)と下痢便が頻繁に起こるので、一度獣医さんに診てもらうことにした。
070718_09190001
で、バッグに入っていただく。ちょっと震っているが神妙にしている。このバッグは初めて使うのだが、居心地悪くないのかもしれない。
選んだ獣医さんはおがわ動物病院。患猫の待合室と診察室は患犬とは別になっているのがちょっとうれしい。待っている間にリードを忘れたことに気づいて心配になった。昔獣医さんでは非常に凶暴になって、首にわっぱをはめられたものだったのだ。が、心配はいらなかった。先生がどうしたのかな~って優しく声かけてくださったせいか、ミロもおとなしく診察台に乗っている。この診察台、秤にもなっていて体重が測定できる(3.5kg。以前に比べて1kgもダイエット成功していたことに気づく)。
070718_09470001
肛門で体温を測るが、それでも先生にされるまま。熱はない。症状などを話した後、血液検査をするかどうか訪ねられる。対症療法でなく、原因を特定するには血液検査が必要なのだ。お願いすると、後ろ足の内側に注射器を刺して、5ccくらいだろうか、採血。ミロは全く抵抗せず、されるままになっている。が、ちょっとは緊張しているらしく、肉球の赤みが心なしか増している。
070718_09520001
検査の結果は30分後。腎臓系の数値が上限くらいに来ているほかは問題なし。ただし脱水気味ということで、点滴をする。猫の場合、血管ではなく、背中の皮下に液を入れ、時間をかけてそこから吸収されていくようにするのだそうである。点滴の時間は5分ほどだったが、背中に針を刺すときも液が落ちている間も、まったく抵抗なし。年のせいなのか、先生が優しくて安心したのか。
朝晩の飲み薬を6日分処方される。さっきは飲ませるのに一苦労だった

2007/07/17

新車!ルイガノ!

DAHONインパルス号を息子に取られて不便していたので、前から欲しかったクロスバイクを、20年来おつきあいしているオオタサイクルさんに3日前に注文した。
で、本日納車っつうかタクシーで迎えに行ってきた。
2007nara_051
ルイガノLGS-FIVE。
太めのタイヤとフロントサスは、歩道と車道の段差を気持ちよく吸収、快適な乗り心地だ。
シマノの24段変速(前3段×後ろ8段)はしゃきんとギアが入る感じがグッド。これならDAHONみたいにやたらにチェーンが外れることもないだろう。
スピードメーターはちゃっちい感じだが、もしかしたら楽しいかもしれない。ちなみに本日の最高速度は28km/hだった。ほんとはサドルをもう少し高くしたいのだが、そうすると信号待ちのとき全然足がつかないので、とりあえずもちょっと慣れてからにしようと思っている(インパルスは最初のうち転びまくったので)。

2007/07/16

猫の逆襲

バイクにカバーをかけてしまったので飛び乗るのが大変になったせいか、ゲボの逆襲を食らった。
2007nara_008
平らなとこならまだいいが、この溝の中は大変なんだよね。すぐさま洗車機に入ったが、毎度のことながらここはほとんど洗えず、足跡はとれたがゲボは残った。バケツで水をかけ、溝の中はタオルを細くして拭き取った。でっかい綿棒がほしい。

2007/07/14

ここが足場か…

ここが足場か…
エンジンルームの上でくつろぐ猫を発見。頓走跡を見れば、車のすぐ後ろに置いているバイクに足跡が…。ここを足場に乗ったに違いない。またバイクにカバーしようかな。

2007/07/10

新幹線で人身事故

Yokohama_053_4

F1をめったに使わない録画テープで見ているが眠い。昨夜遅かったのだ。
東京からの帰り道。21時20分に発車するはずののぞみがホームにいるので変だなと思いつつ、指定席の買えた(のぞみは売り切れだったのだ)21時30分のひかりに乗車する。発車しないまま「20時46分、小田原付近で人身事故」とだけ繰り返していたが、10時半を回って現場検証が始まったと伝えてきた。パソコンでチェックしてもまだネット上に情報はない。さらに待つこと1時間。「現場検証が終わり」発車と思ったらこれから列車の安全点検をするのだと。
結局発車は0時を回った頃(だったと思う)。まず隣にいたのぞみが先に出る。小田原の手前で再び停車。前の列車がつかえているのだ。
後は順調に来て、三河安城駅を過ぎてからくらいに車掌がどこで下りるかお尋ねに来た。電車出してくれるのか聞くと約束はできないとのこと。
名古屋到着は2時過ぎ。運転手の「2時間42分遅れ」のアナウンスがあり、関ヶ原と亀山行きは臨時列車を、それ以外の方面の人は「休憩用の列車を用意した」からそこで始発まで待てとのこと。
ホームでは報道の人の姿があった。
特急券に「遅払証」の印をもらって改札を出る。
タクシー乗り場は長蛇の列。駅に入れるタクシーは制限されていることを思い出し、笹島まで歩いて流しを拾った。
ご帰還は3時。散々な経験だったな。

昨夜から想像していたけど、自殺。
人に迷惑な自殺はやめましょう。

2007/07/08

くらいに大人だな(BlogPet)

2月は背丈などをサンセベリアしたかったの♪
nobinekoは、背丈と背丈の5分の1くらいに大人だな


*このエントリは、ブログペットの「dokotan」が書きました。

2007/07/03

天狗森山

Imgp1771

コアジサイが昨日の雨に濡れている。
今日も頂上を目指さず帰るけど、あんまり挫折感はない。
久しぶりの一人だからか(車を置いてから戻るまで、誰一人の姿も見なかった)、花がたくさん咲いていたからか、ずっと林道歩きなのに。
Imgp1760

先回は足下の不備、今回は上着の不備、不備内容がわかっているから次回こそは頂上を目指せるだろう。露にも蜘蛛の巣にも負けないウエアを探さなきゃ。
それにしても標高千メートルというのは、じっとしてると半袖では寒いもんだ。

レポートはこちら。→のびねこねっと

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ