« 夏のぬる燗もいいもんです | トップページ | ひまわりさん »

2007/08/26

北アルプス入門・・・小遠見山

Tomione011
sistercancerさんという相棒がいなかったら恐らく計画しなかったであろう、夏の北アルプス入門編である。
前夜、彼女は職場からのスタートだ。松本で前泊してゆっくり白馬へ。ゴンドラで一気に標高1530mまで上がり、のんびり尾根歩き。日差しは強いが、たまに吹いてくる風は十数度の冷たさで、汗は一気に冷えてしまう。例によって植物の名前が二人ともわからないのが少し悲しいが、たくさんの花と、トンボの大群に囲まれて歩いてきた。
このとおみ尾根は百名山の五竜岳に連なる。今回の最高到達点は2037mの中遠見山で、標高2814mの五竜岳にはほど遠いが、この先で命を落としたらしい人たちの名を刻んだプレートを見て、山はなめられないと思ったことだった。
Tomione051
中遠見山。クリックして大きい写真で見るとトンボが写ってます。

詳しいレポートはこちら

一緒に行ったsistercancerさんのレポートはこちら

« 夏のぬる燗もいいもんです | トップページ | ひまわりさん »

」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした!五竜は僕がはじめてスキ-を
した思い出の場所です。冬しか行ったこと無いですけれど
夏もすばらしいところなんですね。

泊まりで行くと旅館は白味噌。
僕はどうしてもなじめなかったです。

白馬に五竜!
スキーによく行ったので懐かしいですぅ~(^^ゞ
GWだったか夏休みだったか(<記憶も定かでない)
行った時、確か雪が残っていて、板を借りて
ちょっとだけ滑ったような記憶が・・・
スキーしたくなってきちゃったわ~(笑)

ところでトンボ、めっちゃたくさん居ますね~

一緒に行ったsistercancerさんも、大学時代スキーに行ったところだと言ってました。私は隣の栂池が小中学校の頃ホームゲレンデでした。久しくスキーに行ってませんが、いまは板をはかずに歩く方を選びそうです。

>のりひとさん
あのあたりは信州味噌(薄茶色の麹味噌)じゃなかったっけ?

>ちなつさん
写ってるのは少なめです。現実はもっとたくさんだったと思います。赤いのと茶色いのといました。生まれたのは下界だと思うので、どうやって登ってきたか・・・と思ってたら、帰りのリフトのケーブルにトンボが駐まっていました。なるほど、奴らもこうやってきたんだ!

塩尻に住む友の会社が上高地味噌。
現地集合でスキ-をしても、お土産として持って来ていた。
家にもって帰ると、母親がどうするの?っていつも僕に
聞いていた。あの味噌はどこにもらわれていったのか?
懐かしい僕の思い出です。

そうですね。本格的な山歩きとなると、ツレが居なくては行けないですね。そう言う意味で今回は良かったですね。
私なんか、いつも一人なので、勝手の知れたところしか行けません。(ノ_<。)
偶には、アルプスなんて名の付くところ歩いてみたいんですけど。(´ー`)

>のりひとさん
上高地味噌を調べてみました。
http://www.kamikoutimiso.co.jp/index.htm
赤も白もあるんですね。

>風さん
今回は「本格的な登山をする山」に連なる尾根を歩いただけですので、ツレは「泊まりで行こう」のきっかけの部分です。
ただ、今回の登山で二人とも、いつかは本格的登山をしようと思ったことには間違いありません。
これから涼しくなるので、またいつもの低山に帰ります。

ほい、その「いつかは本格的登山をしようと思ったことには間違いありません」のツレ、本人です。

いや、マジでしよう。
まずは白馬~五竜縦走でしょうか。

いつか穂高も槍も制覇したいね。

その前にもっともっと山歩き用の体を作らねば。

>イレイチクイーンさん

来年は縦走ですかね~
縦走だと2泊3日だよ。
夜休めるのと酒の量が減るんでかえって体力使わないかもよ。
んでも唐松岳往復か五竜の往復なら1泊2日だよ。
すべてはあなたのお休みに係っているかも???
(私自営業だから連泊平気だし~)
ま、どっちでもウチラ2人でも、この辺に限れば問題なさそうな感じではあるけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/16248710

この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプス入門・・・小遠見山:

« 夏のぬる燗もいいもんです | トップページ | ひまわりさん »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ