« 関節がない(3) | トップページ | 入院3日め »

2007/12/26

15年目の蜜月は

最近ずっと朝が遅かった。冬場はたいていそうだが、今年は例年になく遅かった。それというのも猫と一緒に寝ていたからだ。
腕を投げ出すと、猫は両手をその上に乗せて体勢を整える。それを待って布団を整え、猫の脇腹の柔らかな毛に顔を埋めて眠りにつく至福のひととき。朝になってもまだ猫が脇にいることを確認する喜び。布団の中程で床を暖めるように寝ていたこともしばし。
すべて15年目の冬が来て初めて経験することであった。なにしろ10分以上私のそばにいることなんてあり得なかったのだから。この変わり様は、老化現象なのか、どこか悪いのか・・・。やせていく猫を抱きながら、後者を否定するように過ごした半月。
しかし先週末、トイレで力んでも出ない様子を目撃したこと、好物の鰹節を食べなかったこと、で一気に不安が高まり、本日朝一番で獣医さんを訪ねた。
体重は2.5キロに落ちていた。軽すぎると感じたのもうなずける。血液検査の結果、腎機能の低下、肝機能の低下、脱水症状、貧血、と診断され、その場で入院となった。
今夜は久しぶりに強い酒を飲みたい気持ち。

« 関節がない(3) | トップページ | 入院3日め »

」カテゴリの記事

コメント

ねこちゃんは、大丈夫ですか。
心配ですね。

スピリタスでも、飲んでお休みください。
(火気厳禁)

うぅむ、入院ですか(T^T)心配ですよね(>_<)
早く良くなって退院される事を祈ってます。
不具合を人間の言葉で言ってくれないので、
なかなか気が付いてやれないのが歯がゆいですよね。

腎臓とか肝臓は猫は弱いですから、そういう病気になりがちですよね。
でも病気に合わせて処方食もあるし(うちの17歳猫にも腎臓関係の処方食をメインで与えてます)、私の知る範囲でお力になれる事があったら、遠慮なくご連絡下さい!

のりひとさん、ちなつさん、ご心配かけます。
今日で入院4日、全然食べずによたよただった4日前と比べれば、少し力がついたのかもと思いました。でもその分「おうちへ帰りたい」と思っているかもです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/17458988

この記事へのトラックバック一覧です: 15年目の蜜月は:

« 関節がない(3) | トップページ | 入院3日め »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ