« 入院6日め | トップページ | 入院7日め »

2007/12/31

知らず知らずのうちに

猫の腎不全について調べているうち、自分の無神経さに腹が立ってきた。
猫は元々腎臓が弱い。それは知っていた。しかし、腎不全の初期・中期は普通に過ごし、元気がなくなってきたときはすでに重傷だということは知らなかった。
猫の腎細胞は徐々に壊れていく。しかし7割壊れるまでは普通に動けてしまう。血液検査をしても数値に表れない。だから数値に表れる前に気づくことが必要だ。
中度の腎不全の症状は「多飲多尿」だ。そういえばうちの子も1月前か2月前かあるいは半年も前からそうだったような気もする。普段家にいないので気づかないと言えばそれまでだが、7月に下痢をして診察をしてもらったとき、BUNが40.5、CREが1.8で限界値だから気をつけるようにと言われていた。あのとき、こういう症状が出たらすぐに連れてきてねと言われていれば、あるいは自分で腎不全について調べていれば、今回もう少し早く受診できただろう。こんな年末の病院に残すこともなかったかもしれない。
自分でも気づかないうちに臓器は壊れていく。父もそうだった。周囲も気づかず・・・・ただ、知識を持った人間が見れば異状に気づいたであろうに。

ちなみにシャムは他の猫の2倍、腎不全になりやすいそうである(うちのこの母親はシャムの純血種だ)。また15歳前後の猫の3割は腎不全であるそうだ。とすればこれは必然的なもので、なおのこと、もっと前から気をつけていなければならなかったのである。

« 入院6日め | トップページ | 入院7日め »

日常生活」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/17527449

この記事へのトラックバック一覧です: 知らず知らずのうちに:

« 入院6日め | トップページ | 入院7日め »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ