« ミロちゃん略歴 | トップページ | 長楽寺での葬儀 »

2008/01/20

お寺に向かう朝

Ca280017_2

昨夜は結局またミロちゃんと朝まで一緒に寝た。最初の晩は腐敗させてはいけないなんて余計なことを考えてあんまり密着していなかったけれど、昨夜はおかまいなしだった。なぜならミロちゃんは寝ているようにしか見えないから。触っても冷たいこと以外はあまり変わらない。耳なんかは生きていても冷たかったので、ほとんど変わらない。耳を倒した後の戻り具合が、形状記憶のように同じ位置にぴいんと戻ること以外は。壊れそうだった、病気で戻ってきていた時のミロちゃんに比べれば、これ以上壊れないという変な安心感がある。二晩ゆっくり一緒だったためなのか、私の気持ちはずいぶん楽になっていた。

最後に二人でもう一回ずつだっこして、段ボールの棺に収める。
Hitsugi

お寺へ行く前に計画通り仏壇屋さんへ。骨壺ありませんかと聞くと、それは葬儀屋さんか墓石屋さんにあるという。残念だが時間もないことだし、あきらめる。

« ミロちゃん略歴 | トップページ | 長楽寺での葬儀 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/17768123

この記事へのトラックバック一覧です: お寺に向かう朝:

« ミロちゃん略歴 | トップページ | 長楽寺での葬儀 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ