« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月に作成された記事

2008/05/25

死者の書




この1週間、ちょっと大げさな言い方をすれば、寝ても覚めても川本人形の生活になっていた(ジョーサトリアーニのCDを聞いた日を除く)。

発端はDVD「死者の書」。たまたま川本喜八郎のこのDVDを見つけて、わくわくして注文したのだ川本喜八郎の人形は、23年前に放映されたNHK「人形劇 三国志」以来、好きなのである。当時でもほとんどテレビなど見なかった私が、これを見るために早く仕事を済ませ、60話を一話も漏らさず見たものである。人形の世界は、人形であるからこそ真実の世界を映している、とその当時でも思っていた。

今回の「死者の書」は、川本氏が構想から30年もかけて実現したものだというのだから、期待も大きかった。原作は折口信夫。小林秀雄が「折口信夫は云々」とよく言っていたので名は知っていたが、読んだことはなかった。調べてみると「死者の書」は源氏物語と並ぶ日本文学の最高傑作とまで言っている人もいる。

古来、奈良盆地の南西、葛城山から二上山にかけては霊域とされた。二上山には持統天皇の陰謀により殺された大津御子の墓がある。「死者の書」は、その事件と当麻寺に伝わる中将姫伝説を題材に、古代の霊的世界を描いた作品である。

若くして殺された大津御子の霊は、この世にたった一つ残した執心---最期となった磐余の池で一目見たミミモノトジの面影を求めて蘇る。御子の辞世の歌:
  ももつたふ磐余の池に鳴く鴨を今日のみ見てや雲隠りなむ
大津御子の霊には、主人公藤原南家郎女(いらつめ)がミミモノトジと映っていたし、郎女は彼岸の日に二上山の山の端に現れる面影を慕い始めていた。大津御子の霊は郎女を二上山の麓まで呼び寄せ、郎女をおとなうが、郎女が「なうなう阿弥陀仏」と唱えると消えていってしまう。郎女はそれが大津御子の霊だと知らされていても、その身が寒かろうと案じて機を織る。織物を仕立てて郎女が彩色したとき、絵は極楽浄土を描いた曼荼羅になる。それは郎女の解脱とともに大津御子の霊から執心が消えたことでもあった。

DVDには47分にわたるメイキング映像が収められており、解説の中で川本氏は、人形に合った作品でなければ人形アニメは成功しないし、人形でしか表現できない作品があるというようなことを語っている。「死者の書」はまさにそんな作品なのである。

アニメーションの撮影は1秒分を24コマ撮る。メイキング映像では1秒のために少しずつ人形を動かして24コマ撮影するという気の遠くなるような作業が紹介されていた。郎女が舞うシーンが10秒なのだが、それを撮影するのに8日間もかかったと。人形アニメーションの作り方を見てから再度本編を見ると実に興味深かった。また、本編と同じ映像で、音声のみ川本氏の解説になったものもあり、これもまた理解を深めさせてくれた。

DVDを3度見たら原作が読みたくなって文庫本を注文した。構成は若干異なるが、読み進むたび岸田今日子さんや宮沢りえさんの声がよみがえってきた。読み終えてどうしてもしてみたくなったことがあった。もう一度本編を見ながら台詞と原作を照らし合わせてみたい・・・それで少しずつ再生しながら原作に台詞として使われている箇所をラインマーカーで塗っていった。最後まで線を入れて全体を見渡すと、なんとも原作に忠実に、そして巧みに簡略化して、脚本が作られているのがわかった。

さらに欲が出てもう1本DVDを買った。「川本喜八郎作品集」である。川本氏の最初の作品「花折り」から11作の小品を集めたものだ。こうやって22年にわたる作品を見ると、川本さんと人形、周囲の人たちの歩みが見えるようだ。作風は変化しつつも、語るのは一貫して執心と解脱である。「死者の書」がこれまでの作品の集大成という位置づけになるのもうなづける。 

「死者の書」については松岡正剛さんが自身のブログで紹介されている

2008/05/22

Joe Satriani Professor

Proffessor

ジョー・サトリアーニの新しいアルバムが届いた。21日発売の、できたてほやほや、初回生産限定版だ。こういうものを予約されてはいかがでしょうとメールを送ってくるアマゾンのビジネスモデルは今更にすごいと思うが、それにすぐ飛びつく私である(ちなみにサトリアーニのアルバムは全部持っている)。
まずは初回生産限定版オンリーのDVDを見る。メイキング・オブ「アイ・ジャスト・ワナ・ロック」の映像と未発表ライブからの3曲映像だ。メイキング画像は後でCDを聞いたときに楽しい気分が倍増したし、ライブは、あの曲はこんな風に弾いてたんだとうっとりして見た。
続けてCD10曲も一気に聴く。サトリアーニにしてはスローな感じ、そして初めて聴くのにどれも懐かしい感じ。また新しいサトリアーニファンが増えるんじゃないかと思う。
Joe Satrianiの公式サイトはこちら→http://www.satriani.com/2004/

2008/05/07

こんどの地図はなかなかいいね

こんどの地図はなかなかいいね



ネットで調べられるといっても、出先で地図は必需品だ。なんといってもナビは嫌いなのである。なので、本屋に行くとたいていは地図コーナーにも行って、新しく使い勝手のいい地図が発売されないか探している。

先日三洋堂へ行ったときに見つけたのが「アトラスRDX東海A4」。



特徴

1 平成大合併に対応

 現在の市町村名の下に旧市町村名が併記されていて、うれしい。

2 各ページにメモ欄あり

3 QRコード付き

 携帯で最新の地図や店舗情報を呼び出せる。

4 速度注意地点

 オービスの設置ポイントを表示。



特別付録

 岐阜・三重各県の1枚ものマップ。全体像が見られてうれしい。



以上はこの本が自分で言ってる特徴だが、他に買いたくなったわけが2つある。その一つは文字が読み取りやすいこと。この書体でこの大きさなら私の目でも読める。もう一つは、これが最大の理由でもあるが、低山の名前がたくさん出ていること。桜や紅葉のマークがついていること。神社仏閣の名前がローカルなものまで出ていること。



というわけで、今はもっぱら机上での仮想ドライブに使用中。 



ちなみに私が買った三洋堂バージョンは500円安。

今発見したのだが、アルプスHPの「立ち読みをする」で惜しげもなくその全容を見せている。ただ、近畿場も欲しいと思ってもすでに名古屋周辺しか紙の地図帳は出版されていなかった。残念なことである。

2008/05/06

ニリンソウでいっぱいの北山

Kitayama011_2
連休は混雑を避けて山県市の北山へ。ここは十年(たぶん以上)前、ミロちゃんを連れて登り、あんまり時間がかかったのでリタイヤした山だ。登山口の景色が、「ああ昔来たところ」と覚えているあたり、もしかしたら2回くらい挑戦しているのかもしれない。あのころは、登山口を見つけるのも下手だったし、猫も息子もちっとも歩かなくてリタイヤしたことも多かったし、さらには息子が車から降りることさえせず(現地に着いたのに)リタイヤということだってあったのである。

さて、北山はあまりガイドブックには載っていない。だから連休の山として選んだのだが、我々だけで占領するというわけにはいかなかった。それでも、最後に遭遇した団体さんを除けば、静かな静かな山歩きであった。

登山口で地元の方が「10日前にはカタクリが咲いていた」と言っていたので期待したが、見つけたのはたった一輪だけだった。それでも、可憐なニリンソウが登山道の脇にたくさん咲いていた。バイク乗りには何とも親しみのある名前である。

時間は短いながらも連続の登りで、本日はかなりの筋肉痛。

詳しいレポートはHPへ
一緒に歩いたsistercancerさんのレポートはこちら

2008/05/02

ココナッツチップ最高

Imgp2705
余市がシングルモルトのワールドチャンピオンになったとは驚いた。2年ほど愛飲してきたからだ。うまいなと思っていたものが公にうまいとされると、自分がほめられたみたいでちょっとうれしいが、反面値上がりが怖い。実際アーサでいつも買っていた「克」という芋焼酎は、人気が出た途端に品薄になり高値になった。ニッカも調子づいて2万円の限定ボトルを出すけれど、普通のは今までと同じ値段にしといてね。
さて、写真は最近できたリカマンでいつも買う、洋酒のつまみ。「ココナッツチップ」と「チョコ入りフルーツミックス」(いずれも100円)を一緒に盛っただけのものだが、これがたまらない。ぜひぜひお試しあれ。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ