« 夏越祓・・・京都(1) | トップページ | 川本喜八郎人形美術館 »

2008/07/02

建仁寺・・・京都(2)

思えば20年前に仕事(オンリー)で行った時を除き、初めて自分で行動計画を練る京都である。ただ、多忙の中、最初に行くところは決めていなかった。新幹線の中でガイドブックを見て決めるつもりだったが、あっという間についてしまい、とりあえず八坂神社方面に歩くことにして河原町まで行く。四条通を歩く。観光客の多いこと! 途中趣のある路地を見つけたら、そこは花見小路通だった。昼ご飯をどこにしようか探しながら行ったが、建仁寺に着いてしまったのでそのまま中にはいることにする。

Imgp3773
すぐに迎えてくれたのは風塵雷神図屏風(複製だが)。こういうものがあちこちにあるのが京都なのだと思い知る。

Imgp3776
これは潮音庭。枯山水の庭を見て座るカップル、室内で寸法を測っている学生グループ・・・「方丈」にはいろいろな人がいろいろに楽しんでいる。
Ca280054
「法堂」(はっとう)の天井画は創建800年を記念して描かれた双龍が睨みをきかす。

方丈に戻って外へ出る。三門に出て、順番が違ったなと思う。通りに面した門は勅使門。普通はこっちから廻らなきゃね。
Imgp3791
猫さん発見! 近寄ると少しずつ逃げる。

建仁寺の南西隣に、禅居庵がある。猪年生まれの守護寺ということで、身内に猪が2匹いるので寄ってみる。
Imgp3798

禅居庵の向かいがゑびす神社だ。

建仁寺のHPはこちら

« 夏越祓・・・京都(1) | トップページ | 川本喜八郎人形美術館 »

おでかけ」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

コメント

建仁寺ですか。僕も去年の11月に行きました。
生前父が、華道を(松月堂古流)極めるために、住み込みで
修行をしていたお寺です。去年、そこ痕跡を求めていいろいろと
見学をしましたが、何もわからなかった・・・。

お父さんが住み込みでいらしたんですか・・・
部屋ごとに床の間があったけど、花は生けてなかったし・・・
どんな修行をされていたのでしょうね。

自己レスです。
洞爺湖サミットに風神雷神図(コピー)が行ってるみたい。
建仁寺にも2つあったけど、いったいいくつあるの?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/41716939

この記事へのトラックバック一覧です: 建仁寺・・・京都(2):

« 夏越祓・・・京都(1) | トップページ | 川本喜八郎人形美術館 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ