« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月に作成された記事

2008/09/17

Nagoya発

Nagoya発
区役所で順番待ちしていて、書架にNagoya発を見つけた。同誌は1987年に創刊された季刊誌で、69号で廃刊されるまで18年にわたって名古屋の今と昔を発信していた。最終の数冊は苦労して入手し全巻が自宅にあるが、こういう公共の場にいまだに置かれているのを見つけてとてもうれしい。愛蔵すべき内容であったことを再確認したようで。

2008/09/16

桃介橋

実は建築・土木の作品は結構好きなんである。で、一月前くらいにこんなMOOKを買って読んでいた。
0010130000552

この本で「桃介橋」が脳裏にインプットされていたのであろう、南木曽の地図を見たとき、山の後はぜひこれを見てこようと決めた。

桃介は、福沢諭吉の娘婿で、名古屋電燈の社長として木曽川の電源開発を進め、後に中部電力、関西電力を生みだして「電力王」と呼ばれた。
Nagisodake_135

桃介橋を歩いてみると、実に長い。木製の吊り橋としては日本有数のものだ。そして姿も美しい。

諸元はこちら。クリックして大きい画像でどうぞ。
Nagisodake_139a

他の画像は下のリンクからどうぞ。

ちなみに、桃介の公私両面のパートナー川上貞奴は明治・大正・昭和を生きたスーパーレディ。彼女が桃介と名古屋で暮らした邸宅は白壁にあり、市民に公開されています。
 ※貞奴亭の公式ホームページはこちら


桃介橋
桃介橋 by (C)nobineko

2008/09/15

南木曽の猫さん

Nagisodake_122
昨日歩いた南木曽岳の稜線。

Nagisodake_120
登山口のある上の原には、日本の田舎風景が広がっていた。

駐車場に突如現れた猫さん。にゃ~おと声をかけると、愛らしい声でにゃ~おと答える。リュックから干しチーズの袋をがさがさ出して見せると、トコトコやってきて、手のひらから食べた。
Nagisoneko

Nagisodake_123
しばらくは車の後ろに待機。我々が走り去るのを見送ってくれた。


おまけなんだが、上の原登山口までの目印になる等覚寺。
Nagisodake_125
古い山門には仁王像もあり、由緒正しい寺なんだろうなと思われた。

お風呂は南木曽温泉には行かず、中津川のクアリゾート湯舟沢にした。が、ここは最悪。洗い場が少なく、裸で立って順番を待っているのだ。そんな監獄みたいなのはまっぴらごめんな私は、脱衣場の洗面で顔だけ洗い、湯舟でしっかりストレッチして出たのであった。う~ん、なので1000円は高かった。

南木曽岳

Nagisodake_051
秋の気配をいっぱいに感じて、南木曽岳を歩いてきた。

南木曽岳の森は、林野庁により植物群落保護林(希少化している高山植物群落、学術的価値の高い樹木群等の保存を目的とした60カ所)に指定されている。ヒノキの国有林を歩きながら、緑のオーナー制度の著しい元本割れを思っていたが、そんなことも考えられなくなるほど、途中から辛くなった。

出発は4時半。例によって朝マックを食べながら・・・と思ったら、まだ昼メニューだった。おまけに「おはよ・・・こんばんは」とマックの店員の困った挨拶付き。コンビニ探しに手間取り、歩き始めは7時40分になる。
詳しくはホームページで・・・なんだが、なにしろひたすら急登、急登・・・(写真は下りですが、ずっとこんな感じのとこを上りました)

Nagisodake_097

下ばかり向いていたのでたくさんのキノコを発見、キノコ写真ばっかり撮っていた。
Nagisodake_030

キノコのいろいろはこちらを。

いつまでこの登りは続くのだろう・・・・ときどき二人とも無口になる。脚の痛さに耐えかねて、途中登山道に座り込んで休憩したりもした。

歩き始めて4時間で、やっとこさ頂上付近・・・・案の定、我々とは別の登山口からの登山客でにぎわっている。こういうときはちょっとうれしい。どうだ~こっちから上ってみろ!なんて。こちらからのコースは距離が倍ほどある。

Nagisodake_066
実は出発時小雨が降っていて、道中も怪しげだったのだが、よく晴れた。ウサギ雲さんは夏の雲だね。

一緒に行ったsistercancerさんの記事はこちら

南木曽岳のキノコ
南木曽岳のキノコ by (C)nobineko
写真にコメント入れてますのでお暇な方は1枚ずつ見てくださいね。

2008/09/08

堀川端の夏水仙

080827_135101

中央郵便局周辺は、比較的花期の短い季節の草花が多いように思う。昨年は赤黄白と咲き分けた彼岸花を見つけたが、この秋の入り口では、ナツズイセン(多分)を見つけた。
といっても写真は半月前のもの。新堀川の川端通りの西側に沿って、いくつもいくつも並んで咲いていた。今日走ってみたらすでに終わりで、たった一輪しぼんだのを見つけただけだった。
名古屋市が植えたのか、もともとあったのか。彼岸花を見ても同じことを思ったのだが、正解はいかに。

2008/09/04

大雨の後

080901_140401
こないだの大雨の後始末は、今日の雨で流されたかな?
これは3日後の八熊通。路肩を走ると砂で滑りそうだった。
「水濡れ家具大特価! 早い者勝ち」と、歩道に家具を並べていた店もあった。

Ca3b0015
外堀通りでは、歩道に流れ着いた木の葉が山を形成していた。
どうするとこんな具合になるのだろう。

2008/09/01

マックにも

マックにも
久々の朝マック。あれ?心なしかハッシュポテトが小さくなったような気がする。ここでも値上げか……。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ