« 南木曽の猫さん | トップページ | Nagoya発 »

2008/09/16

桃介橋

実は建築・土木の作品は結構好きなんである。で、一月前くらいにこんなMOOKを買って読んでいた。
0010130000552

この本で「桃介橋」が脳裏にインプットされていたのであろう、南木曽の地図を見たとき、山の後はぜひこれを見てこようと決めた。

桃介は、福沢諭吉の娘婿で、名古屋電燈の社長として木曽川の電源開発を進め、後に中部電力、関西電力を生みだして「電力王」と呼ばれた。
Nagisodake_135

桃介橋を歩いてみると、実に長い。木製の吊り橋としては日本有数のものだ。そして姿も美しい。

諸元はこちら。クリックして大きい画像でどうぞ。
Nagisodake_139a

他の画像は下のリンクからどうぞ。

ちなみに、桃介の公私両面のパートナー川上貞奴は明治・大正・昭和を生きたスーパーレディ。彼女が桃介と名古屋で暮らした邸宅は白壁にあり、市民に公開されています。
 ※貞奴亭の公式ホームページはこちら


桃介橋
桃介橋 by (C)nobineko

« 南木曽の猫さん | トップページ | Nagoya発 »

建造物」カテゴリの記事

コメント

南木曽町にこんな橋が有るとは知りませんでした!
出来れば復元前の朽ちかけた橋の姿を見てみたかったですね。

僕も産業遺産(近代化遺産)好きだったりします。
名古屋電灯つながりで、旧八百津発電所も良かったですよ!

yasuさん、いらっしゃい!
昔はよく19号を通ったので、主塔があったのは何となく覚えています。ただ、桁がどうだったかは記憶にありません。

八百津発電所は行ってませんが、同じく名古屋電灯で、矢作ダムに水没している串原発電所は、湖面まで下りて見たことがあります。
いろいろ検索していたらおもしろい論文が見つかりました。名工大のドクターみたいです。
「水力発電事業の発展が名古屋地区産業に及ぼした影響 」
PDFのリンクの張り方がわからないのでグーグルで検索してみてください。

初めまして、mixiからやって来ました。
向こうにもコメントさせて頂きましたが、旭29期です。
高校時代颯爽とバイク通学なさる姿に羨望の眼差しを送っていた者の一人です、ハイ。
この橋ですが、車で19号を走る度に気になっていました。
今度のびねこさんの様に実際に歩いてみますね。
教えて下さってありがとう。
これからも楽しいツーリング日記、楽しみにしています。

タイムリーな事にsign03
『福沢桃介の歩み展』名古屋都市センター 2008/9/9 ~ 9/28
http://www.tcp-ip.or.jp/~ishida96/
なるものをやっている様ですね!!

>ころりんさん
初コメントありがとうございます!
そういえば高校時代、他にバイクに乗ってる人ほとんどいませんでしたよね? 禁止でもなかったのに。親が許さないとかもあったのかな? そうそう、数学のQちゃんはたしかバイク通勤だったと思う。
また遊びに来てくださいね。

>yasuさん
都市センターの20日の講演会、なんと講師は「水力発電事業の発展が名古屋地区産業に及ぼした影響 」を書いた浅井さんのようです!!! 桃介さんが私を招いているのかしらん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/42490157

この記事へのトラックバック一覧です: 桃介橋:

« 南木曽の猫さん | トップページ | Nagoya発 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ