« 大阪の味(4)玄品ふぐ | トップページ | 大阪の味(5)焼肉屋のビーフシチュー »

2008/10/22

兼六園

Mizu
金沢で仕事!のため、先日お友達になったばかりのKさんと飲むことにした。親切なKさんは共通の友人であるDさんの到着までの時間を使って兼六園案内をしてくれた。
残念ながら兼六園は5時で終わっていた。地元の方は、花見の時期など終夜無料開放する日には来ても、普段は閉門時刻があることなど忘れているそうだ。
せっかくだから周囲だけでもと歩いていく。で、この水。大変な水量で、こんなに水が流れ出てくるってことは、こんなに水が湧いてるってことで、いったいどうなっているんでしょうと思ったが、その答えはKさんにもなかった。

兼六園はお殿様のお庭であって、お城の方はほとんど残っていないのだが、間のお堀を渡した橋がある。石川橋(って名古屋にもあるのですが)。
Ishikawabashi
平成になって下の道路(お堀だったところ)の拡幅のために掛け替えたそうであるが、すごい高さ。調べてみたら明治時代に堀を埋め立てたときの作だそうで、ちょっと安心した(江戸時代の作じゃないと知って、という意味)。そうでしょ、そうでしょ。
ちなみに石垣はKさんの幼少の頃の遊び場だったそう。なかなかにそそられる高さであった。

« 大阪の味(4)玄品ふぐ | トップページ | 大阪の味(5)焼肉屋のビーフシチュー »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

20年ほど前までは兼六園は年中無休で終日開門していたと思います。
まあ、管理などの問題もあって、開閉門の時間が設けられたのでしょう。

それにしても、大阪に金沢にと大忙しですね。

そうなんだ~
夜中に悪いことする馬鹿いそうだもんね。
酔っぱらいとか←人のこと言えんかも(^^ゞ

は~い、この週末はまた大阪です!
同窓会あるから途中戻るけどね(--;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/42865998

この記事へのトラックバック一覧です: 兼六園:

« 大阪の味(4)玄品ふぐ | トップページ | 大阪の味(5)焼肉屋のビーフシチュー »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ