« アルプスと八ヶ岳の大パノラマ・・・入笠山 | トップページ | 長野プチ旅行(2)・・・地獄谷野猿公苑 »

2009/02/07

長野プチ旅行(1)・・・地獄谷温泉へ

歩いてしか行けない温泉、というのが長年の夢だった。「秘湯の一軒宿」後楽館へ泊まるのをメインにした、一泊二日のプチ旅行だ。

まずはワイドビューしなのに乗る。
Jigokudani_002
長野まで2時間50分の快適な旅だ。長野電鉄に乗り換え、
Jigokudani2_019
70分後、湯田中駅から長電バスに乗り換えて15分ほどで上林温泉(かんばやしおんせん)に到着。バス停から数件の宿の前を抜け、歩くこと10分ほどで遊歩道入り口に到着する。
Jigokudani_037
後楽館は野猿公苑とほぼ同じ位置にある。ここから20分と表示がある。すれちがったおじさまが実際は40分だよと教えてくれたがさていかに?
Jigokudani_038
見ればちょっとした急登。脇にロープを張ってあり、おばあさま2人がよたよたと下りていらっしゃる。看板には、急登はここだけで後は平坦だと誘っている。

看板の手前に縄ようのものがおちている。
Jigokudani2_055
靴に巻いて使用する、滑り止めの縄だった。
Jigokudani_039

確かに坂はそこだけだった。ただ、ずっと雪である。私たちは登山靴を履いていった(前もって宿に聞いてあったのだ)から平気だったが、冬場は登山靴か長靴でないと厳しいだろう。
Jigokudani_044
途中郵便配達のカブが日常の出来事のように走り去る。雪国の配達員はすごいと思う。
ゆっくり歩いて30分で到着。
Jigokudani_116
これが後楽館(写真は雪になった翌朝のもの)。
とりあえずチェックインする。
Jigokudani2_074
お世辞にもきれいな旅館とは言い難いが、ひなびたたたずまい、民宿っぽい人なつこさがうれしい。
名物のちまきをいただく。
Jigokudani2_073

« アルプスと八ヶ岳の大パノラマ・・・入笠山 | トップページ | 長野プチ旅行(2)・・・地獄谷野猿公苑 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

お猿さんには出会えましたか。先週旅番組で見たばっかりだったので追体験をしてるようで楽しいです。
温泉と言えば今度は往復5,000円の名鉄高山高速バス+奥飛騨周遊(?)券で「平湯の森」(\500)へ雪見酒して下さい。朝出れば現地で4時間弱楽しめて8時頃名古屋へ帰れます。一泊ならちょっと足を延ばして新平湯温泉のロープウェイとか・・・でもきっともう行かれてますよね。

お猿さんにはいっぱい出会えましたよ。そんな番組があったんですね。今回は野猿公苑よりも人の温泉の方が主目的だったんです。
高山の情報、いつもありがとうございます。参考にします。

すっかり忘れてましたこの記事。
長電の車両は多分、以前東急線で走っていたかもです

>コロリンさん
東急線ってことは関東ですね。
だんだんローカルに行くんですね。
次もあるのかな。

すいません↑の車両は旧日比谷線の車両だそうです、前が丸みを帯びているので。同じステンレス車両でも角ばった方が東急のお下がりです。
で、ご質問の「次の次はあるか」ですがもしあるとしたら自動車同様海外?
調べたらこれと同じ車両が南米ブエノスアイレス地下鉄として現役だそうです。

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

>履歴書さん
ご来訪ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/43980493

この記事へのトラックバック一覧です: 長野プチ旅行(1)・・・地獄谷温泉へ:

« アルプスと八ヶ岳の大パノラマ・・・入笠山 | トップページ | 長野プチ旅行(2)・・・地獄谷野猿公苑 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ