« 初荷ツーリング(3)・・・戸田のPDフライ | トップページ | 『秘境を貫く 飛騨トンネルの物語』 »

2009/02/26

初荷ツーリング(4)・・・富士山

2月23日は「富士山の日」だそうである。その直前に見た富士は、今まで感じてきた富士と少し違って見えた。

Hatsuni_175
まず、でかい山だということである。「高い山」というより「大きい山」であることを実感した。円錐形だからぱっと見た目はそうでもないが、ずっと見ているとその体積の巨大さに気づく。常々恵那山がでかい山だと見とれていたが、その比でない。富士砂防事務所によれば、裾野の広さは南北に約44km、東西に約38kmという。恵那山はせいぜい10kmで、40kmというと南アルプスでいえば北の鋸岳から南の聖岳までくらいの長さになる。

それから、富士山は火山であることを再確認した。今回のツーリングは静岡側からの半周の富士山を見たのだが、変わっていく宝永火口の位置で自分がどこを走っているかを確認できた。宝永火口がそれとはっきりわかるような積雪量だったのだ。あの火口はいつまた噴火するかわからない。
ちなみに宝永火口とは、富士山の南東の山腹にぽこっとへこんだ火口で、ピークは宝永山だ。
※「ふじあざみ」の図で確認してね。→http://www.fujisabo.go.jp/jimusyo/fujiazami/fujiazami_56/fujiazami_56.pdf
Hatsuni_139
富士山の真南にある戸田から。

Hatsuni_194
箱根スカイライン杓子峠から。富士山のほぼ東側に来ている。冠雪のラインも右下がり。

Hatsuni_198
東名富士川SAから。宝永山が富士山の肩から飛び出して見える。

富士山が火山であることは、数年前富士宮へ仕事で行って「富士ハザードマップ」なるものを目にして痛感したのだが、そのときに富士砂防事務所の存在も知った。災害対策すべき山、富士山の現実がここにある。
富士砂防事務所→http://www.fujisabo.go.jp/index.html

« 初荷ツーリング(3)・・・戸田のPDフライ | トップページ | 『秘境を貫く 飛騨トンネルの物語』 »

」カテゴリの記事

コメント

戸田から富士山が見えたのですね!

一昨年戸田へ一泊ツーリングへ行った時全く見えなかったので、地元の人に聞いたら、年に数日しか綺麗に見ることは出来ないと言っていました。

はい、露天風呂からの富士です。ただ、宿の方によるとこれは「きれいに見える」うちに入らないそうです。なので、これ位の見え方(充分きれいだと思いますが)なら月に半分くらいはあるんでしょう(何の根拠もありませんが)。

戸田の漁港って、船同士が拡声器で話しているのが、いつも不思議です。
PDフライの露天に入っても、富士山が見れたためしがないので羨ましいかぎりです。

二人に言われると、富士山つきのPDフライの露天風呂はレアもんのように思えます。実際はどうなんでしょうね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/44178771

この記事へのトラックバック一覧です: 初荷ツーリング(4)・・・富士山:

« 初荷ツーリング(3)・・・戸田のPDフライ | トップページ | 『秘境を貫く 飛騨トンネルの物語』 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ