« 長野プチ旅行(8)・・・善光寺周辺 | トップページ | 「富士の光」新酒を味わう会 »

2009/02/16

やせ尾根のアップダウンが楽しい三国岳~油日岳

Aburahidake2_032
アイゼンの練習したい・・・以前に登った山でないと・・・でも藤原あたりはまだ雪が深そうだし・・・というわけで鈴鹿南端の旗山に行くことにする。が、現地へ行くと雪はなさそう。で、アイゼンは車に置いて、まだ踏んでいない三国岳を通るルートで登ることにする。どっちに転んでもいいように地図は両方入るように打ち出してきたから。
勝手知ったる・・・ほどでもないが、奥余野公園に車を置いて歩き出す。実は油日岳から三国岳、ゾロ峠まで来て余裕があれば旗山方面・・・なんて考えていたのに、いつもの癖のようにゾロ峠方面に来てしまう。引き返すのもなんなので、そのままゾロ峠を目指す。ゾロ峠からは稜線歩きだ。
笹は刈られているが、鈴鹿によくある、岩の上に砂礫の乗ったやせ尾根である。アイゼン履くつもりで選んだ冬山用の厚くて堅い靴底が災いして歩きにくいことこの上なし。こういう滑りやすい山では靴底の柔らかめの靴がいいと初めて気づいた。日差しは暖かく、木々の梢も春めいている。
稜線は小刻みにアップダウンを繰り返し、急登があっても楽しい。倉部山、三国岳、忍者岳、加茂岳、とピークを越え、スタートから2時間20分で油日岳到着。ここで小1時間の大休憩。本日のもう一つのイベント「ホットサンド」ランチを楽しむ。
下山は県境の稜線を下りる。最初は緩やかに、途中から一気に下ったと思ったら踏み跡がなくなった。GPSで確認すると分岐を通り過ごしたらしい。やむなく道なき山腹を滑るように下りたが、あちこちの登山記録を読むうち最初から同様のルートを選んでいる人もあって、まあ結果オーライということか。ロスタイムもほとんどない。
レポートと写真はHPで→のびねこ山歩記

« 長野プチ旅行(8)・・・善光寺周辺 | トップページ | 「富士の光」新酒を味わう会 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/44078228

この記事へのトラックバック一覧です: やせ尾根のアップダウンが楽しい三国岳~油日岳:

« 長野プチ旅行(8)・・・善光寺周辺 | トップページ | 「富士の光」新酒を味わう会 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ