« 救急救命講習 | トップページ | 熊野旅行(1)・・・川の熊野古道 »

2009/03/14

蕎麦工房 紗羅餐

090314_125401
同業の勉強会の前にとお誘いを受け、南区にある蕎麦工房 紗羅餐(さらざん)へ行ってきた。玄関を入るとガラス越しに職人が蕎麦を打っている。モノトーンの吹き抜けの階段を2階へ上がる。壁には原色系の抽象画。ちょっとしゃれた雰囲気だ。
090314_115801
2階はテーブル席が5,6とカウンター。私たちが進められたのは窓際のカウンター席。裏の白龍神社の緑が借景だ。
090314_120801
注文した中食は、小鉢、天ぷら、そば、じゃこご飯、香の物、で2100円。ご飯は半分でいいなと思ったが、おいしかった。
変わった名前だが、サラザンとはフランス語で蕎麦のことらしい。今度は夜に来てみたい。

蕎麦工房 紗羅餐のHP→http://sarrasin.jp/

« 救急救命講習 | トップページ | 熊野旅行(1)・・・川の熊野古道 »

飲み食い」カテゴリの記事

コメント

美味しそう、沙羅はお嬢さんの名前かな・・・。
蕎麦と言えばボート部OBで都通りの松寿庵に行くけど、実はここのかき揚げ丼が旨いです。

このお店、グルメブログでも評判でよく登場する有名店です。
星崎の辺りにあるんだっけ?
おそばで、日本酒。いいね。

>コロリンさん
松寿庵さんの天ぷらはうまいね。車エビは最高! んで、どんぶりもあったのね。
松寿庵→http://homepage2.nifty.com/lovely-eot/
あれ?なんかすっきりしちゃった。

>sistercancerさん
そうなんだ~ ミッドランドの店もよさそうだね。星崎は車じゃないと不便だ~

松寿庵にHPがあったなんて・・・。写真お気付きでしょうか、破れてしまって今は無き懐かしい藍染の暖簾。その昔、高校生になる息子が生まれる前に染めたものです。絞りの文字部分の手縫いをした祖父の遺品です。手元に写真がないので懐かしい。ありがとうございました。

>コロリンさん
え?あの暖簾はコロリンさんのお祖父さんの作品?
松寿庵さんとは古いおつきあいなんですね。
とかくいう私もたま~にしかお顔をを見なくなってしまいましたが広告会社にいた30歳頃からのおつきあい。長くなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/44346650

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦工房 紗羅餐:

« 救急救命講習 | トップページ | 熊野旅行(1)・・・川の熊野古道 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ