« 蕎麦工房 紗羅餐 | トップページ | 熊野旅行(2)・・・熊野本宮大社 »

2009/03/17

熊野旅行(1)・・・川の熊野古道

Kumano_001
紀伊半島にJRが開通して50周年だそうである。その記念と称した倶楽部ツーリズムのツアーに参加した。タイトルは
紀伊半島JR開通50周年記念 往復「ワイドビュー南紀」号で行く! 世界遺産 熊野原生林太古の森ウォーク
なるものである。
紀勢線に乗るのは初めてだ。熊野市駅まで2時間49分の旅である。当然朝から酒盛りだ。といっても極々控えめではあるが。

駅からバスで1時間半移動。最初のイベントは熊野川をジェット遊覧船で遊覧するのである。志古から出る遊覧船は約40人乗り。Kumano_032
新緑と山桜を楽しみながら緑の川を上っていく。
Kumano_049
Kumano_060
Kumano_053
15分ほどで川が2つに別れる宮井というところに出る。左に行けば熊野本宮大社に、右に行けば瀞峡、大台ヶ原に至る。右に少し行くと百夜月(ももよつき)という美しい名前の地があり、そこで船はUターン。最初からしてくれればいいのに、ここでルーフオープン。
急に開放的な船内になる。走っているところはこんな感じ↓

最高速40キロかな?
お客様が下りたら給油↓
Kumano_066

船を走らせている熊野交通のHPはこちら→http://www.kumakou.co.jp/

« 蕎麦工房 紗羅餐 | トップページ | 熊野旅行(2)・・・熊野本宮大社 »

おでかけ」カテゴリの記事

世界遺産」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

映像って凄いですね臨場感があって。時速40km速過ぎ。
ラオス・ルアンプラバンで見たボートなんて外見こそ熊野交通に似てるけど何たって中古トラックの丸出しエンジンひとつだけだから、うるさいやら遅いやら・・・トホホなんです。やっぱり日本は何でも立派ですね。

うわー楽しそう!
鉄道の旅って全然してないなぁ。
たまにはノンビリ揺られて旅情を味わいたい。
#いつも通勤の満員電車しか味わってない・・・

旅行のタイトルが、なんだかテレ朝(西だと違う?)の
2時間サスペンス系ワイド劇場みたいでちょっと笑ってしまいました。

>コロリンさん
40キロ出したのは最後のサービスで、それまでは比較的ゆっくり走っていました。40キロだと窓から出した腕にしぶきが少しかかりますが、それ以下だとしぶきはかからない程度です。これが立派とは???ですが、アジアと比べたらダンチなんでしょうね。立派じゃないのにも乗ってみたいです。

>chikaさん
ツアーのタイトル、ここの旅行会社は結構こういうの多いんです。って、ここに限らずですね(^^ゞ
ワイドビュー南紀は特急なんで、鈍行の「のんびり揺られる」ムードじゃなかったんですが、快適でした。何よりも酔っぱらえるのが電車の良いとこです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/44382365

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野旅行(1)・・・川の熊野古道:

« 蕎麦工房 紗羅餐 | トップページ | 熊野旅行(2)・・・熊野本宮大社 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ