« ダイセンノボレ(1)・・・若狭 | トップページ | ダイセンノボレ(3)・・・境港と蒜山高原 »

2009/05/09

ダイセンノボレ(2)・・・大山道

ホンチャンのツーリングは、中国道佐用ICを下りたR373にある道の駅平福(ひらふく)から始まります。ここで20数台が大集合です。幹事さんを頭としっぽに、智頭街道(R373)を北上します。工事中の鳥取道が右に左に見えます。
Daisen_209
私の好きな桐の花が時々道路脇に咲いています。
Daisen_216
R373は途中「志戸坂峠道路」となり、北上を続け、R53に合流します。用瀬(もちがせ)でR482へ入り、進路を西へ取ります。このあたりから撮影班登場。
Daisen_230
1台ずつ望遠で撮してくださったのは一期さんのお嬢さん。
川沿いの快走路は恩原高原に向けて登ります。鳥取・岡山の県境です。気温が低いのか、山桜がまだ咲いています。
Daisen_236
程なく人形峠。日本で始めてウランを採掘したところだそうです。ここで休憩を兼ねてアトムサイエンス館を見学します。3時前になり腹ぺこです。県道で関金温泉へ。遅い昼食を取ります。
すぐに大山道です。気持ちよく登っていきます。周囲がブナ林になります。ゲートがいくつかあって、積雪時には通行止めになるのでしょう。
Daisen_266
ここからは大山を周遊する環状路です。時計回りに進んで鏡ヶ成(かがみがなる)へ。
Daisen_268
ここで四国のお友達としばしの再会を果たし、降り出した雨を気にしながら走ります。
Daisen_278
すばらしい新緑のブナ林の中です。
眺望ポイントの鍵掛峠着。南側から見る、荒々しい大山の稜線〈大山南壁)がすぐそこです。
Daisen_282
さらに進むと日本海が見え出します。お宿は大川寺。本降りになってきた雨に追われてバイクを駐めます。
夜は当然に大宴会。鴨鍋でした。2次会は各地からの持ち寄り酒+肴で盛況。
Daisen_302
九州の霜降り馬刺しと飯田の赤身の食べ比べ。九州のはスライスオニオン、専用醤油付きで驚きました。お酒を全種類味見できなかったのが残念。

おまけ
Daisen_195
朝高速に乗る前に立ち寄ったガソリンスタンドにて。「受付」かいな!

« ダイセンノボレ(1)・・・若狭 | トップページ | ダイセンノボレ(3)・・・境港と蒜山高原 »

飲み食い」カテゴリの記事

2&4(Wheels)」カテゴリの記事

コメント

その節はお世話になりました。
娘の写した画像は手ぶればかりでゴメンナサイ
次回までには腕を上げさせておきます。

一期さん
遅レスですみません。
ブログ更新も止まっていますが、ここんとこ業務多忙でして(^_^;)
こちらこそ、その節はお世話になりました。
お嬢さん、今度お会いするときは
カメラの腕もさることながら
ぐっと成長されていることでしょう。
いつまでもカーに乗ってくれるといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/44949625

この記事へのトラックバック一覧です: ダイセンノボレ(2)・・・大山道:

« ダイセンノボレ(1)・・・若狭 | トップページ | ダイセンノボレ(3)・・・境港と蒜山高原 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ