« 京都散策(5)・・・祇園 | トップページ | 平家平温泉「御宿 こまゆみの里」 »

2009/06/09

益子焼ロクロ体験

auのプレゼントで陶芸体験が当たったので、益子でロクロ体験だ。朝6時前に名古屋高速に乗り、東名、首都高、北関東道経由で11時半友部ICを出る。
Numakyan_008
田舎道を30分も走れば益子だ。
Numakyan_013
急におしゃれな感じの界隈が現れるが、目指す「益子焼窯元共販センター」は昔ながらの雰囲気。
Numakyan_020
巨大な狸が迎えてくれる。
Numakyan_051
さてさて陶芸教室は・・・・
Numakyan_050
ここここ。歓迎のカードに名前が書かれていて、Sさま?と尋ねられたのでなかなかにうれしい。隣のカードには豊田南小学校26名様とある。
少し時間があるので隣の建物の食堂へ。土地のものらしい「ちたけうどん」を注文する。
Numakyan_017
「ちたけ」らしききのこは、ふがふがとした噛みごたえ。椎茸のような感じだ。驚くべきは炒めたなすが丸2本分くらい乗っていたこと。すごいボリュームだ。

さて、陶芸教室へ。小学生は別の棟でやるらしく、ここは我々2人分だけ用意されている。
セットはこんな感じ。エプロンをつける。
Numakyan_030
棚に乾燥のために置いてある陶器を見て、こんなのがいいなとか言ってると、先生曰く、「できたものをできたとしてください。だいたいは茶碗か湯のみになります」だと。

いよいよスタートだ。まずは先生のお手本。


自分でもできるつもりになって始める。が、次々に失敗。あと一息のところでへんてこりんに力を入れて形が崩れ、修復しようとするとさらに変形しておじゃん。粘土の山が小さくなっていくばかり。でも、大丈夫。粘土は時間内どれだけでも足してくれるのだ。奮闘すること2時間半。すこ~しコツがわかったようなわからないようなだが、実際はちょっと飽きた。パンツが汚れたし、手のひらがふやけた。
Numakyan_038
はい、これが私の全作品。2つ分は焼き上げ料・送料プレゼントだったが、せっかくなので2点追加した。できあがりは1月くらい先。焼くと2周り小さくなるそうである。さてさてどんなできあがりになることやら・・・翌日気づいたが、何の変哲もない茶碗が、今までになく上手な焼き物に見えるようになった。

料金表はこちら。
Numakyan_046

« 京都散策(5)・・・祇園 | トップページ | 平家平温泉「御宿 こまゆみの里」 »

他の趣味(多趣味)」カテゴリの記事

コメント

こんな遠くまでバイクで行っちゃうところが凄い。いつか有松絞体験にどうぞ(笑)

工芸というものはあなどれませんね。絞りはさらに芸術的センスいりそうですし…
バイクの旅の目的地はさらに先。次回に続くです。

昔陶芸教室の先生と主婦の不倫ドラマがありましたよね?
行ってみたいけど、素敵な先生いなかったらつまらないし、いたらいたでどうなっちゃうんだろって…

一人で妄想しています(笑)

ママチャンさん
陶芸教室の先生はおじいちゃんでしたよ~
すごく親切に教えてもらいました。

↓の京都と言い、西に東にスゴイ行動力!(◎-◎)
なかなか遠出が出来ないので、nobinekoさんの
旅の記録で行った気になっております(^^ゞ

>ちなつさん
いやいや、ちなつさんこそ東京に大阪にと
神出鬼没だと思いますよ。
いまは少し行動半径が狭まっているんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/45282177

この記事へのトラックバック一覧です: 益子焼ロクロ体験:

« 京都散策(5)・・・祇園 | トップページ | 平家平温泉「御宿 こまゆみの里」 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ