« 4年ぶり? | トップページ | 彦根城のひこにゃん »

2009/11/11

鳩吹山~大平山縦走(3)・・・大平山

鳩吹山からの遊歩道にあるきれいな道標は、今ひとつ正しい方向がわからない(もうちょっと下調べを入念にすればそうでもないと思うが)せいか、こういう手書きのプレートが生き残っている.。
Hatobukiyama_076
標に従って県境の稜線を歩く。細かいアップダウンを繰り返す快適な道。しかしやはり左の膝が痛み出していた。10分ほどでせせらぎコースの分岐を右に見て、5分ほど先で鉄塔の脇を通る。
Hatobukiyama_081
さっきからお腹が空いていて、景色のいいところで昼ご飯と思っていたのだが、ここも2人の先客があり、パスする。また10分歩くと大平山への分岐に来た。膝と相談しながら、以前に2度登った継鹿尾山ではなく、少しだけ麓が近そうに見える大平山を行くことに変更していた。山に登る人には、同じ山に何度も登るタイプと、同じ山にはあまり登りたがらないタイプがあるように思う。本当に山を愛する人は前者かもしれないが、私は後者の三角点ハンターなんだろう。小中学生の頃、切手収集に没頭していたが、その蒐集癖の延長なんだろう。大平山という新しい三角点を見たかった。
というわけで大平山コースに入るが、いよいよ道標がない雰囲気になっている。数分で鉄塔広場があり、今度こそ昼ご飯とする。
鉄塔の脇に看板があり、ここは「犬山国有林」だと知る。その後3つほど分岐を過ぎると、頂上まで15分の表示が。そこからは広い尾根になって柔らかい幹をした木々の林を通っていく。
Hatobukiyama_098
Hatobukiyama_099
Hatobukiyama_092
秋は足元だけみたい。
Hatobukiyama_100

左手に見覚えのある継鹿尾山の稜線を見ながら行くと、ほんとうに15分で頂上到着。ハンターとしては悲しいことに三角点はなし。
Hatobukiyama_102
右手の木々の間からは木曽川が見下ろせ、楽しみながら進むと10分ほどで大平山第2ピーク。無線の鉄塔があり、犬山城が見える。
Hatobukiyama_111
ここから尾根は急降下する。
Hatobukiyama_117
岩が多く、痛い膝をだましながら降りていく。視界が開けて左に継鹿尾山、前方は犬山城、右に木曽川と鵜沼の住宅地がくっきり見える。
Hatobukiyama_119
高度が下がると前方に犬山モンキーパークが見えてきた。さらに下ると林道に面した登山口に飛び出した。下り始めてから45分、膝が痛くなければ30分もかからなかっただろう。不動滝や色づき始めた河岸公園の紅葉などを見つつ西に向かう。

GPSのトラックデータはこちら。
Photo

« 4年ぶり? | トップページ | 彦根城のひこにゃん »

」カテゴリの記事

コメント

cosmic製2色おにぎり、おいしそう。
しかも海苔が湿気らないように、ビニールにまで入れて別仕立てに。
相変わらず芸が細かいですな。

>sistercancerさん
はい、そのとおり。
送迎+弁当付きのツアーはなかなかによろしかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/46714744

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩吹山~大平山縦走(3)・・・大平山:

« 4年ぶり? | トップページ | 彦根城のひこにゃん »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ