« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月に作成された記事

2009/12/30

金比羅山・・・各務原アルプス東部(3)

明王山から金比羅山はわずか5分。しかも登山道は舗装路の脇に申し訳のように残したという感じ。
Myoosan_064
頂上には金比羅さんがある。
Myoosan_069
また、このあたりの最高点であるので、三角点もある。
Myoosan_073
標高383m。ただ人影はなく、向こうの明王山と大違い。
Myoosan_067
パラボラタワーの向こうに中央アルプスが見える。
計画ではここから「健脚の道」を下り、そのあと八木山、愛宕山と南下する予定だった。

健脚の道は明王山から来た方向そのままで進むのだったが、金比羅山の頂上手前で90度進路が変わっていたのを忘れていた。お社を背にそのまま南へ下ってしまった。Myoosan_068
もちろん道はついていたのだが、ひどい急降下である。
Myoosan_076
しかも誰も歩いていなのか、落ち葉で足が完全に埋もれてしまうほど。
Myoosan_077
落ち葉の下にはドングリがいっぱいあるのか、滑ること滑ること。すぐに膝が痛くなってきた。2,3度転んでようやくどうもルートを誤ったらしいと思ったが、麓に出てから考えることにしてそのまま進んだ。格闘すること30分、未舗装の作業路に飛び出した。草深い道数分西へ歩くとゲートがあり、軽トラが駐まっていたので安心した。
Myoosan_081
しばらくして舗装路になり進むと左手に車道が見えてきた。朝見たトンネルの西側出入口の脇であった。
Myoosan_085
というわけで八木山、愛宕山は次回にということになった。
歩いたルートはこんなふう。
Meioiusan_2

明王山・・・各務原アルプス東部(2)

城山頂上から西を見るとこれから歩くらしい稜線がすぐそこに見えている。
Myoosan_0361_2
ただ、間には深い沢があるようで、一気に下ってまた登るのかと思うとちょっと悲しい。「危険」の文字も気になりながら城山頂上を後にすると案の定一気に下り。が、ロープなど道が整備されているのを知って安心、また鞍部は思ったほど低くはなかった。
Myoosan_040
小刻みにアップダウンを繰り返す快適な尾根道だ。20分ほどで小ピークを3つ越え、送電線をくぐる。
Myoosan_042
さらに20分の稜線歩きで、左からのルートを合わせた鞍部分岐に出る。道標は「アルプスハイキングコース」の文字があり、各務原市と坂祝町では登山道の位置づけが異なるのだろうと思う。
さらに数分で分岐。
Myoosan_049
このあたりは道や地名が交錯していて、何を頼りにしていいかわからないので、とりあえず明王山展望台を目指す。
5分ほどの急登で明王山頂上に到着。国道41号線から見えていたパラボラ鉄塔のすぐ横である。
Myoosan_054
先に10人ほどのおじさんグループが到着していて、とても賑やか。
Myoosan_058
標高は378m。眺望は360度で、北・中央・南アルプスと、3つのアルプスが見えるのは、めったにない場所だと思う。
Myoosan_052
今登ってきた稜線もよく見える。
Myoosan_0561
大休憩となったが、まだおなかは空いていないので昼食は後にする。

猿啄城展望台(城山)・・・各務原アルプス東部(1)

相変わらず膝も不調なので、近場登山。日本ライン木曽川左岸の鳩吹山~大平山を歩いた時に対岸に見えた稜線を、何度かに分けて歩くことにした。各務原市と関市の境の稜線で、「各務原アルプス」と呼ぶらしい。
スタートは東の端の城山。現地には「城山」という名称はなく、「猿啄城(さるばみじょう)」と案内されている。
Myoosan_009
見上げれば頂上に立派な展望台が認められる。
Myoosan_005
登山口は最近開通したらしい国道21号線鵜沼バイパスの鵜沼・坂祝トンネルの東側口のすぐ南だ。道路わきに10台分くらいの駐車場があるが、本日は空き。
登り始めるとすぐに御岳教城山教会があり、
Myoosan_014
建物の間を通って、階段道を上っていく。最近整備されたのか、階段にゴムが張ってあり、登山靴でなくてもだいじょうぶかもしれない。すぐに「あと650m マイペースでがんばろう」のプレートが。そのあとはひたすら登る。ずっと階段なので休むところもないが、およそ20分で頂上。標高は275m。
Myoosan_022
Myoosan_023
展望台には「2010元旦登山」の看板。夜間登山客に暖を取ってもらうためか、たき火の準備がしてある。日の出スポットとして坂祝町が整備したのかもしれず、坂祝町の旗が掲げられている。
Myoosan_034
眺望はすばらしい。雪化粧した御嶽山が鎮座し、さらに白い乗鞍も見える。
Myoosan_027
さらに遠くへ焦点を合わせると、中央アルプスと南アルプスも見えている。
Myoosan_024
しばしの休憩後、西へ駒を進めることにするが、「この先危険」の看板が。若干の不安もあるが、日の出登山客用の注意書きであると考えて、西へ降りていく。

2009/12/27

これは何でしょう?の答え

コメントくださった皆様、ありがとうございました。正解はアイビューラーです。本当は皆様もお気づきだったのに、わざとおもしろい答えを書き込んでくださって・・・・感激です(ノ_<。)

使い方ですが、裏のふた状レバーを下へ押し下げて使います。よく考えたものですね。
これは何でしょうの答
本体下の黒いのは替えゴムです。バンパーみたいです。
使い心地もそんなに悪くないので、旅行用はこれを使おうと思います。
※貝印ではほかに、折りたたみビューラーも売ってるらしいです。
あ、ちなみにマスカラもしない私がビューラーを使う理由ですが・・・・まつげに付いたファンデーションをこそげ取るためです。まつげにファンデーションが残っていると、瞬きする間にそいつが眼鏡のレンズに触って視界が悪くなるから。また、多少でもまつげをカールさせることによって眼鏡のレンズに当たらなくなるからです。そういう理由なのでマスカラでまつげを長くするなんてトンでもない話です。

2009/12/25

これは何でしょう?

これは何でしょう?
良さそうなので買ってみました。貝印製、398円。
さて、答は皆様のコメントを見てからに。

2009/12/21

ピエダングロワ

Ca3b0065

フランスへ遊びに行った友人にもらった土産は「Pie d’Angloys」というチーズ。ノン冷蔵での空輸なので早く食べてねということで、さっそくに試してみた。チーズ、豆のサラダ、ライ麦トースト、それにワインの夕食。
チーズのセロファンを開けると、まずは芳しきチーズのにおい。ナイフを入れると、やさしく、ねっとりとした感触。口に入れるとなめらかに溶けて、ちょっと強めの塩味。焼いたパンに乗せれば熱で溶けてすばらしくいい感じ。タンニン少し強めの赤ワインで口をすすぐと、すぐまた次が欲しくなる。

このチーズ、調べてみたら、結構人気のようである。ブルゴーニュ産で、表皮を塩水で洗った後清水で洗い流すウォッシュタイプだそう。

おいしかったので2日で食べてしまったが、賞味期限が切れた頃まで置くと熟成した味が楽しめると書いている人もいる。国内でも売ってるみたいなので、今度チーズ売り場の棚をよ~く見てみようと思う。

2009/12/14

足つき問題解消!

どうにか片足が着いて乗っていたK75ですが、駐車時や傾斜路面での信号待ちなど立ちゴケの不安もかなりあって、バイクでなく足の方を伸ばす(?)ことにしました。
Ca3b0061
ガエルネタフギア。ビブラムソール採用で山も歩けそう?なブーツです。普段私の靴のサイズは23.5cmなのですが、この靴は25.0cmを買いました。靴下は厚いのをはき、バックルで固定されるのでそんなに違和感はありません。足が大きくなる+靴底も厚いので、足つき効果を期待したわけです。
さて、その効果は・・・
20091213205723
両足のつま先が着くようになりました。平らなところなら足で漕いでバックもできます。うれしかったので岩屋ダムまで往復してきました。
ただ、チェンジペダルの高さは変える必要がありそうです。

※前に施したバイク自体の改造はcosmic氏のブログをどうぞ。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ