« これは何でしょう?の答え | トップページ | 明王山・・・各務原アルプス東部(2) »

2009/12/30

猿啄城展望台(城山)・・・各務原アルプス東部(1)

相変わらず膝も不調なので、近場登山。日本ライン木曽川左岸の鳩吹山~大平山を歩いた時に対岸に見えた稜線を、何度かに分けて歩くことにした。各務原市と関市の境の稜線で、「各務原アルプス」と呼ぶらしい。
スタートは東の端の城山。現地には「城山」という名称はなく、「猿啄城(さるばみじょう)」と案内されている。
Myoosan_009
見上げれば頂上に立派な展望台が認められる。
Myoosan_005
登山口は最近開通したらしい国道21号線鵜沼バイパスの鵜沼・坂祝トンネルの東側口のすぐ南だ。道路わきに10台分くらいの駐車場があるが、本日は空き。
登り始めるとすぐに御岳教城山教会があり、
Myoosan_014
建物の間を通って、階段道を上っていく。最近整備されたのか、階段にゴムが張ってあり、登山靴でなくてもだいじょうぶかもしれない。すぐに「あと650m マイペースでがんばろう」のプレートが。そのあとはひたすら登る。ずっと階段なので休むところもないが、およそ20分で頂上。標高は275m。
Myoosan_022
Myoosan_023
展望台には「2010元旦登山」の看板。夜間登山客に暖を取ってもらうためか、たき火の準備がしてある。日の出スポットとして坂祝町が整備したのかもしれず、坂祝町の旗が掲げられている。
Myoosan_034
眺望はすばらしい。雪化粧した御嶽山が鎮座し、さらに白い乗鞍も見える。
Myoosan_027
さらに遠くへ焦点を合わせると、中央アルプスと南アルプスも見えている。
Myoosan_024
しばしの休憩後、西へ駒を進めることにするが、「この先危険」の看板が。若干の不安もあるが、日の出登山客用の注意書きであると考えて、西へ降りていく。

« これは何でしょう?の答え | トップページ | 明王山・・・各務原アルプス東部(2) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/47151972

この記事へのトラックバック一覧です: 猿啄城展望台(城山)・・・各務原アルプス東部(1):

« これは何でしょう?の答え | トップページ | 明王山・・・各務原アルプス東部(2) »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ