« 飯田お練りまつり(2) | トップページ | 水窪の幻の池 »

2010/03/27

飯田お練りまつり(3)

お練りまつりは飯田市民にとって非常な思い入れのあるイベントらしく、毎回すばらしい記念写真集を作成しているようで、お練り資料館で見て驚きました。とらきちさんにとっても親子で舞うというのは大変な喜びのようです。
息子さんの勇姿です。
Oneri_501
19歳、最年少の王様だそうです。しかもご自身のお店の前でというのも自慢のようです。
とらきちさんの勇姿。
Oneri_486
虎の刺繍と、よく見えませんが地下足袋にピンクで刺繍したお嬢さんの名前がチャームポイントです。

舞い人は皆同じようですが、よく見るとそれぞれ細かいところで個性を出しています。
Oneri_471
Oneri_5121

さて、大獅子もとらきちさんの店の前で見るので5回目です。ちょっと要領がわかってきました。王様の後にかぶりつき席「所望席」があります。それは道路に赤い毛氈を敷いてその上で見るのです。
Oneri_495
王様の後の看板の所です。そしてこの人たちが待機してるのが、たぶんここ。
Oneri_479
そう思って詰め所の前付近で待っていたら、大当たりでした。

さて大獅子の舞には4つあり、うち「寝かしの舞」は1日の最後にしかしないそうで、今回は宿に戻っているうちに終わってしまい見逃しました。あとの3つは名前と動作が結びつきませんが、獅子に縄をつけて起こすのと、遠くから獅子が迫ってくるのが2種類(王様の受け方が異なるようです)あります。
獅子が遠くから来るうちの一つはこれです。

獅子の頭は重さ30kg。持ち手が付いていますが、重いので交代で舞っています。
Oneri_502

頭だけで120人の舞い人がいるようです。
Oneri_517
激しく動いても転ぶ人はいませんでした。ちなみに王様は12人、また頭が傷つかないように紫の座布団でガードする人たち
Oneri_5061
飲み物を運ぶ「給与」の車
Oneri_524
など、裏方も含めて総勢320人が東野大獅子保存会のメンバーです。
こちらのHPで、練習風景など見られます。ものすごい住民パワーを感じます。

屋台の幌?はおしりの左側に制作年月が書いてあり、平成10年製でした。私のエムツーと同い年なので、ちょっとくたびれてきた頃?いやいや、今回で3回目のハレ舞台のはず。狭いところで引っかけたのかな。
Oneri_5181

さて、夜の部はなぜか北海道の味「はこだて」へ。
Oneri_531
ホッキ貝、蟹、鯖、どれもおいしかったのですが、ピカイチはこれ。
Oneri_535
新タマネギと身欠きニシンの和え物。カチコチの干物だと思っていた身欠きニシンには、こんななまり節のような柔らかさ(堅さ)のものもあるのでした。あんまりおいしくておかわりしてしまいました。

2次会ではとらきちさんが、頭の代わりに箱で回し方を披露。私もやってみましたが、左手は固定で右手で回すのがなかなかうまくいかず、とらきちさんに手取り教えてもらいました。腕もさることながら、激しいスクワットで、ももが痛くなりました。

今度の飯田は、この山の上から見てみたいです。
Oneri_448
市内のどこからでも見えていた風越山。

« 飯田お練りまつり(2) | トップページ | 水窪の幻の池 »

おでかけ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

飲み食い」カテゴリの記事

コメント

>海鮮料理函館
店構えが素晴らしい。
機会があれば行ってみます

のびねこさん おはようございます。

出張宴会物? 久しぶりですね。 飯田 お練祭り行かれたんですね。 他所の祭り見て歩くのは、楽しくていいですね。 自分の所の祭りだと、チョットしんどいなと思うこともありますので。  年末になると、兵庫県では赤穂義士祭りが開催されますのでよろしかったら。

とらきちさん 真剣な顔して、いやにスマートじゃないですか。 今年の年賀状に決まりかな。

いつも綺麗で活気ある写真をありがとうございます。
私まで行った気になります。
首を痛めてから国内旅行はしなくなりました。
もっぱらゆっくり滞在のバリだけです。
これからも日本の美しさを日記にアップして下さいね。楽しみにしています。

>コロリンさん
はこだては中央町にあります。海のない長野県で、こんな活きのいい魚介類が食べられるなんて! 季節限定のどぶろくもごくごく飲みたいおいしさでした。

>赤とんぼさん
赤穂浪士祭りは12月なんですね。他の祭りというよりはクリスマス直前ですね。
今年の名古屋祭りは名古屋開府400年で、市内各所の山車が総出となる100年に一度の祭りです。よかったらいらしてくださいね。10月16日ですよ。
とらきちさんはちゃんとスマートに見えるよう、真正面から撮ってます(笑)。いや、連日の稽古でスマートになっていたかも。←見習ってね、cosmicさん!

>ママチャンさん
写真、きれいにはなかなか撮れませんが、活気をお伝えできたのならうれしいです。ママチャンさんもバリでゆっくりしてきてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/47925543

この記事へのトラックバック一覧です: 飯田お練りまつり(3):

» 飯田お練り祭り 行ってきたに。7年に一度! [「がるる〜」な毎日]
飯田の春は、7年に一度、申と寅の年にお祭りになるに。大宮諏訪神社の式年祭に合わせて行なわれている祭りでたくさんの人々が街に出てねり歩く・・・・・題して「飯田お練り祭り」飯田の祭りじゃ最大だな。三日間あるでなぁ7年前・・・行ったっけ?(^^ゞ身近で「7年後は行...... [続きを読む]

« 飯田お練りまつり(2) | トップページ | 水窪の幻の池 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ