« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月に作成された記事

2010/05/30

スープストック

スープストック
えんどう豆と豆乳のクリームスープ。豆パウダーが乗っています。
二日酔いです。

2010/05/27

ラブラブです

Keitai_074


国際センター駅のオウムガイ君たち。
それにしても陽が長くなりました。

2010/05/22

ばっちい写真ですみません


って、ほんとにばっちいな~
薬指の腫れてるの、小指から血が出てるの、わかりますでしょうか。
毎度のことですが室内でこっぴどくぶち当てました。
半日経過していますが熱を持っていることが自覚できます。
もしかしたら骨のかけらはクラッシュしてるんでしょう。
昔は気にもしなかった体内の状況が、学習の結果想像できるようになりました。
あ、本来は冷やすべきですが、アルコールで血液の循環が良くなっており、患部をいじめています(^_^;)

2010/05/21

極上豆腐「きわみ」

デラルチェに続いて極上豆腐「きわみ」を食べてみる。20100520_041
贈答用であるので、化粧箱に入っている。
20100520_042
蓋を開ければ口上書。受注生産という手作り豆腐である。
20100520_044
豆腐は白い紙袋に入っている。取り出そうと持ち上げたらずっしりと重い。それもそのはず、650gの豆腐である。
袋には豆腐のほか、抹茶塩、ゆず塩、「豆腐のたれ」なる割り醤油が添付されている。
20100520_049
さて、賞味といこうか! 器に取り分け、箸で挟んでみる。けっこうしまっている。まずはそのまま。
ふ~ん、思ったより濃くない。男前豆腐の「風に吹かれてジョニー」はクリームのように濃厚で好きだが、それとは違う路線。昔食べた普通の豆腐(それは今のパック豆腐とは違うおいしい豆腐)の路線。でもしっかり豆の味がする。ゆず塩、抹茶塩、どちらもおいしい。割り醤油もなかなかによろしい。説明には「薬味なしで」とあったのだが、普通に葱、生姜、花鰹を載せて割り醤油をかけるのもやってみた。これもなかなかいける。
実は醤油が入っていると思わなかったので「豆腐が旨い!」という醤油を買ってきてあった。
20100520_052
で、それも試してみた。が、これは薬味ありならいいが、薬味なしはNG。なんだか甘いのだ。材料を見ても果糖や砂糖が入っている。もっとおいしくない豆腐にかければおいしくなるのかもしれない。
さらにいろいろやってみようと思いミョウガやキムチも買ってきたのであるが、すでにお腹いっぱい。
20100520_053
豆腐約350gとビール350ccで、本日の夕食は終了となった。

2010/05/20

朴の花

今日もまた矢作川を上った先でお仕事。枝下インターを下りて県道11号を北へ。すると対向車線側に大きな白い花が咲いているのが一瞬見えた。あれは朴の花・・・去年東北ツーリングでたくさん咲いているのを見たがどれも走りながらで、一度も近くで見たことはなかった。
帰りに見ようと思って探したが見つからぬ。Uターンしてゆっくり走っていったら、確かに朴の花だった。
20100520_011
西広瀬小学校の南2、300m。こんなふうだからこちら側からしか見つけられないなと思った。路肩に駐車して写真を撮りに行く。
そんなに高くないところにも咲いていてアップで撮れる。
20100520_015
花の数は少なくても、大きいから存在感がある。いいにおいがするらしいのだが、よくわからず、残念。
20100520_020
花が散るとこうなるらしい。
20100520_008
ただ、花といっても写真で見ると白いところも堅そうで、実際は花弁でなくて萼なのかもしれない。

その後はグリーンロードを八草で下りて155号を南下したのだが、藤の白花と勘違いしていたニセアカシア(>コロリンさん、これでしょうか?)が伊保川沿いにずっと並んで咲いていた。
20100520_035
ツル植物でないので、藤でないことは一目瞭然なのだが、走行中の目では判別できなかったと言い訳しておこう。
なお、旧旭町(現豊田市北部)から矢作川沿いに帰ってくる途中、桐の花はいくつか見たが藤の花は一つもなし。この地域には藤はないのかしらと考えていたが、開花前なのかもしれないと思い至った。果たして真相はどうなのだろう。

2010/05/18

桐の花

桐の花
お約束のごとく咲いてきますね。
矢作川上流にて。

2010/05/13

枇杷の実

枇杷の実
毎年私の誕生日の前後半月くらいしか店頭に出ない枇杷。天白川の堤防で見つけました。もうこんなふうに形になっています。いつの間に花を咲かせていたんだろう。

2010/05/11

いつの間にか復活

いつの間にか復活
ドラッグストアで発見しました。45年も前、夏になると市場の八百屋(なぜか私の記憶の中では肉屋や魚屋でなく)の店先に下げられていた「はえとりがみ」。2、3年前復活を確認していましたが、ここに売っているということは一般家庭での需要があるということでしょう。その名も「ハエトリリボン」。使用後、黄土色のテープに真っ黒なハエがいっぱいくっついたのを、ぐるぐる回すようにしていたのをよく覚えています。
なぜ30年の歳月を経て復活したのか、あるいは細々と生き長らえてきたのか、非常に興味があります。

2010/05/07

ゲンゲンバッハのビールたち

GWスタート時にちなつさんと行ったドイツ料理の店ゲンゲンバッハ。
ちらっとブログに書きましたが→ドイツビールの店ゲンゲンバッハ
連休も終わってちなつさんのブログで記事になりましたのでご紹介します。
GW:5月1日~名古屋でひつまむしとドイツ料理(ゲンゲンバッハ)

あ~また飲みたい!

2010/05/06

Uni-Goオフラインミーティングin木崎湖(3)

木崎湖キャンプ場では「ジェイソンさん木崎湖で彫る!!」というイベントをやっていました。ジェイソンさんは日展にも出しているチェーンソーアートの達人。今回は木崎湖に集まる人たち向けにおねてぃの人物を彫っていました。
※ジェイソンさんのブログはジェイソンさんが彫る
Kizakiko_231
これは2日目の様子で大分形になっていますが、1本の丸太からチェーンソーで切り出していく様子は円空を思いました。

チェーンソーのうなる音の中、各自テントの設営を済ませ、徒歩10分のゆ~ぷる木崎湖へ出かけます。
Kizakiko_177
戻ってきたら入り口のカウンターに猫さんが箱座りしていました。ひとさし指で挨拶すると応えてくれ、しばらく触らせてくれました。このキャンプ場の飼い猫のようです。
テントサイトに戻り、乾杯を始めます。まったくもって話が尽きません。飲み食い語り、時間が過ぎていきます。
Kizakiko_182

Kizakiko_195

飲み物は冷蔵庫に冷えています。
Kizakiko_193
この冷蔵庫、カセットボンベで冷えるんです。

焼きそばの後もさらに話し込んでいたら、こんな人たちが・・・
Kizakiko_202
きれいに化粧した24歳。癖になるんでしょうね。

さて翌朝は釜炊きのご飯です。
Kizakiko_212
おかずはこんな感じ。
Kizakiko_217

朝食後撤収です。
キャンプ場のすぐ裏に小熊山登山口があり、次回は歩けるといいなと思いました。
Kizakiko_227
3年前に歩いた遠見尾根に連なる尾根だそうです。

キャンプ場を後にし、148号線を少し北に行った先で記念撮影。
Kizakiko_249
皆さん、写真撮りまくりです。

このあと3台はジェイソンさんの続きを見るべくキャンプ場に戻り、私たちとSAKAさん親子のタンデム2台で長野ICを目指します。
Kizakiko_268
昼食は長野市にある八幡原史跡公園(川中島の古戦場跡)内のそば屋で。
Kizakiko_292
これはおしぼりそば。辛み大根の絞り汁に薬味を入れてつけて食べるもの。茶色いのは信州味噌で、大根汁に入れたら不思議な味だった。

帰りの高速は渋滞多発。おまけに松本は気温30度に達する暑さ。ぐったりして帰ったのであった。

Uni-Goオフラインミーティングin木崎湖(2)

高速は豊科で下りて国道147号線を北上します。
途中で発見した動物病院の看板ちゅうか門柱。
Kizakiko_106
写真に写っていませんがてっぺんにも猫がいます。イオンで食料を調達し、バイクに積み込みます。
Kizakiko_119s
プロさんの荷物すごいです。見えてる以外にスクーターのシート下にも入っています。
Kizakiko_120
SAKAさんはキャンプ道具は最小限にされたとのことですが、ちゃんとキャンプ用のチェアとテーブルも持参されています。
Kizakiko_172
あとで入浴に出かけた「ゆ~ぷる木崎湖」の前を通り、
Kizakiko_132
桜並木を抜けたら、木崎湖キャンプ場に到着です。
Kizakiko_135
私たちの5台のために普通車2台分のスペースを確保してくださっていましたが、駐めるのはなかなかに大変。
Kizakiko_141
バックは尻尾を引っ張ってもらったり、向きを変えてもらったりと助け合いながら・・・
Kizakiko_142
唯一らん丸さんのバイクにはバックギアが付いていて楽そうでした。写真でよく見えないかもしれませんが、Uni-Goのデコレーションすごいです。こういうのを「痛車(イタシャ)」と呼ぶそうです。木崎湖は痛車オーナーの集まるところらしく、駐車場にもいました。
Kizakiko_224
そういえばまだ尻尾の付いていない(付け根は設置されていましたが)ユカヤさんのバイクも。
Kizakiko_078
バイクの整列にひとしきり汗をかいたら、次は物資運搬です。キャンプ場で借りたリヤカーに満載します。
Kizakiko_146
バイク5台にこんなに積んできちゃいました。しかもまだ全部は乗っていません。

Uni-Goオフラインミーティングin木崎湖(1)

今年のGWはバイクでで行ってバーベキューつきのキャンプ?!
それを可能にしたのがUni-Go君。
一輪のバイク用トレーラーです。
どんなのかというと、
Kizakiko_010c
これをバイクで牽引します。
乗り方なんですが、
Kizakiko_001c
またがったりとか、
200912202144311
中に入ったりするわけではありません。
これはあくまで荷物用。私はタンデムシートに乗って行きました。
くっつけるとこんな感じです。
Kizakiko_010
まあ、バイクの「しっぽ」のようなものです。
長いですが幅はバイクと同程度なので渋滞の横をすり抜けられますし、一輪なのでコーナーでは一緒に寝かります。
Kizakiko_084
まだ全国で10台ほどしか車検を通っていないようで、そのうちの4台+もうすぐ尻尾の生える1台で、まずはみどり湖PAに集合。実はお互いに初対面なのですが、コミュニティでやり取りしてきた仲間とあって、私以外は会った瞬間から旧知の仲のようです。梓川SAで昼食を取り、尽きぬ話を中途で終え、高速を降りて大町の木崎湖キャンプ場まで衆目を集めて走ります。
Kizakiko_091

小牧山

Komakiyama_041
名古屋高速からいつも見ているのに、なかなか登る機会のなかった小牧山に、やっと登ってみた。
Komakiyama_005
麓の土塁を横から見たところ。
Komakiyama_008
小牧市役所側から最初は遊歩道を、途中は歩道のない山腹を直登で、
Komakiyama_013
また遊歩道に出て
Komakiyama_017
わずか10分で山頂に到着。
Komakiyama_035
小牧城と呼んでいる建物は、名古屋在住の実業家平松茂氏が昭和43年に私財を投じて建て小牧市に寄付したもので「小牧市歴史館」というのが正式名称だ。中には古墳時代からの展示があり、なかでも小牧・長久手の戦いの立体パノラマ+映像コーナーが面白いと思った。4階はオープンエアーの展望室。あいにくの春霞であったが、岩崎山砦はやはりすぐそこに要塞として認められた。視界がクリアなら、犬山城、岐阜城、清洲城も見えるであろう。
小牧山は標高わずか86mだが、「愛知の130山」にも紹介されており三角点があるに違いないと探したら、城の裏の平坦地にあった。
Komakiyama_032


Komakiyama_040


Komakiyama_024
小牧市歴史館の公式HPはこちら
小牧山からの眺望や周辺の歴史などは小牧市のHPへ。

2010/05/03

木崎湖の夕暮れ

木崎湖の夕暮れ
安曇野に来ています。いまは湖畔で一人火元当番。宴の前の静かなひと時です。

2010/05/02

ドイツビールの店ゲンゲンバッハ

ドイツビールの店ゲンゲンバッハ
ちなつさんが名古屋に来たらぜひにとリクエストされていたゲンゲンバッハで、久しぶりのFさんと3人で宴会。コースならザワークラウトがおかわり自由になるので、一番安い2000円のをオーダー、別に前菜を一品、後はビールでお腹いっぱいになった。
2杯めのビールは「ビールのメルセデス」と呼ばれるコクのあるもので、3口くらい飲んだらすっかり気持ちよくなってきた。それもそのはず、アルコール度数12%だって。
ビールの名前とかは、ちなつさんの記事を待ちましょう。

またデラルチェ

ようやく春らしくなって、ちょっと冷たいものが食べたい・・・
でもカロリーが気になる。
で、デラルチェ。
※デラルチェについてはちょっと前の記事参照→デラルチェ!
今日は「さくら」にブルーベリーソースを載せてみました。
Sakuratofu_002
おっ、これは豆腐っぽくないですね。
甘酸っぱいソースが豆腐のほんのりした甘さとナイスに混ざり合いました。

試してみたい人はさくらとうふさんへ。
Sakuratofu_001
見た目は豆腐そのものなんですが、食べても豆腐みたいなんですが、中身は秘密みたいです。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ