« 木崎湖の夕暮れ | トップページ | Uni-Goオフラインミーティングin木崎湖(1) »

2010/05/06

小牧山

Komakiyama_041
名古屋高速からいつも見ているのに、なかなか登る機会のなかった小牧山に、やっと登ってみた。
Komakiyama_005
麓の土塁を横から見たところ。
Komakiyama_008
小牧市役所側から最初は遊歩道を、途中は歩道のない山腹を直登で、
Komakiyama_013
また遊歩道に出て
Komakiyama_017
わずか10分で山頂に到着。
Komakiyama_035
小牧城と呼んでいる建物は、名古屋在住の実業家平松茂氏が昭和43年に私財を投じて建て小牧市に寄付したもので「小牧市歴史館」というのが正式名称だ。中には古墳時代からの展示があり、なかでも小牧・長久手の戦いの立体パノラマ+映像コーナーが面白いと思った。4階はオープンエアーの展望室。あいにくの春霞であったが、岩崎山砦はやはりすぐそこに要塞として認められた。視界がクリアなら、犬山城、岐阜城、清洲城も見えるであろう。
小牧山は標高わずか86mだが、「愛知の130山」にも紹介されており三角点があるに違いないと探したら、城の裏の平坦地にあった。
Komakiyama_032


Komakiyama_040


Komakiyama_024
小牧市歴史館の公式HPはこちら
小牧山からの眺望や周辺の歴史などは小牧市のHPへ。

« 木崎湖の夕暮れ | トップページ | Uni-Goオフラインミーティングin木崎湖(1) »

」カテゴリの記事

コメント

高速から眺めると86mには思えない存在感有り。
小牧空港から離陸する時に窓から見たなぁ…今では貴重な思い出。天保山の4m(?)よりはずっと高い登山お疲れ様でした(笑)

コロリンさん
はい、天保山4m
http://nobineko.cocolog-nifty.com/nobinobi/2009/09/post-4dd7.html
の21.5倍でございます。
存在感があるのは濃尾平野の中にあるからで、砦にはぴったりな場所でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/48280060

この記事へのトラックバック一覧です: 小牧山:

« 木崎湖の夕暮れ | トップページ | Uni-Goオフラインミーティングin木崎湖(1) »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ