« 最近の安全太郎 | トップページ | アフターソバはハーブティー(1) »

2010/09/11

紗羅餐で昼食

紗羅餐で昼食
お蕎麦大好きのS先生とミッドランドスクエアでご飯。夏野菜の素揚げがいろいろ温かいつゆに入っているのにした。おろし大根がアクセントで、たいへんおいしい。
ただ、オープンキッチンなのにぴかぴかじゃない。惜しいかな、惜しいかな。

« 最近の安全太郎 | トップページ | アフターソバはハーブティー(1) »

飲み食い」カテゴリの記事

コメント

あのMSの店舗、蕎麦や料理は美味しいのに、
テーブルもカウンターもちょっとね…
仕入れの品のダンボール箱も客から見えるところに
無造作に置いてあるし…
そもそも入る場所がぐる~っと回り込まないとわかりにくい。

やはり南区の本店に行くのが一番です。
セントレア店にも行っていますが、所詮大衆店のつくり。
蕎麦の美味しいものを出す店の少ない名古屋にあって
サラザンだけは、そこそこのお気に入りです。

松坂屋本店北館地下にある信州松本が本店の「もとき」も美味しいです。

遠いけれど、開田高原の国道361号沿いにある
「時香忘(じこぼう)」は、別格に美味しい。
名古屋の守山だかに住んでいる人がリタイアして拓いた店。
つなぎにオヤマボクチを使う本格派。
辛味ダイコンの蕎麦だけは頼まないこと。辛すぎて
蕎麦本来の味がわかりません。

でも、蕎麦は、個人的に、戸隠蕎麦が一番美味しい
と思っています。

蕎麦に目がないです、ワタシ。

>naoさん
まあ、そばフリークなnaoさんでしたか。ではこんどはK 太さんとぜひ蕎麦談義してください。私はとても足元に及びませんが、やっぱりうまい蕎麦が食べたいと思います。杉浦日向子さんは年が同じですが、「ソバ屋で憩う」の影響は結構受けています。K太氏と昼間のソバ+酒を試してみたこともあります。

沙羅餐は本店でいいなと思った後なので、ミッドランド店の埃や油汚れにはがっかりしました。

「時香忘」行ってみたいと思います。
辛み大根と言えば、福井、大野の大根蕎麦はすごくおいしいと思います。煮干しの出汁です。

K太さんと蕎麦談義だなんて、
ボクのような食べるだけのド素人には無理(笑)

昨日も南区のサラザン本店に行ってきましたが、
9月の銘品1500円ということで、
茸のとろみ汁のあんかけ蕎麦の上に
真鯛のあぶり焼き(半生タタキ状)を乗せた
創作料理を出していましたので、食べました。

ワタシ、基本的に蕎麦はザルで十分と思ってますが、
たまには変化のある、その店の挑戦を受けねば…
と思って注文しました。
それなりに美味しくいただけましたが、
真鯛のあぶり焼きの半生は合いませんでしたね。

あれなら桜エビのてんぷら750円と合わせて
十割蕎麦をザルで頼んだ方がお得かと…

>naoさん
「秋鯛の茸みぞれ蕎麦」ね。写真を見るだけじゃわからないけど、蕎麦に魚の生っぽいのって、聞いただけで合わない感じがします。私なら魚は素揚げにしてほしいな。特に餡かけにするなら。
ちなみに「たたき」っていうのは包丁の腹でとんとんたたいて薬味をなじませるんだと聞いたことがあります。

そうでしょ、そうでしょ。
素揚げの方がはるかに美味しかったハズ。

「タタキ」勉強になりました。
いま、ウィキで調べてみました。
いろんな説があるんですね~

一般的に言うカツオのタタキ。
つまり防腐処理の代わりに外側を炙り焼きにする半生料理法、
あれが「タタキ」だと思っていました。

>naoさん
焼いた後はすぐ氷水につけて冷やさないとね。
焼き霜のほか、油霜もいいなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/49419807

この記事へのトラックバック一覧です: 紗羅餐で昼食:

« 最近の安全太郎 | トップページ | アフターソバはハーブティー(1) »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ