« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月に作成された記事

2010/10/23

名古屋まつりの日曜日(2)

名古屋城から移動した先は大須。商店街へ向かうと折しも信長隊が仁王門通りに入っていくところでした。
Sh3h0120
規制ロープが解かれると、また大津通を南下してくる秀吉隊が。
Sh3h0131
ねね様はじめこの車はなぜかとってもご高齢に見えました。
さっきの信長隊は丸栄提供で、秀吉隊は三越提供です。

Sh3h0137
行列の後ろについてきた琉球エイサー踊りの一群が、長らく万松寺通りの交差点で踊っていました。

彼らが万松寺通りに消えていくと、また向こうから家康隊が小さく見え始めました。赤門通りを目指しているのでしょう。が、見物はそこまでにしてちょっとお買い物。そうこうしている間にy氏到着のお知らせがあって、一気に酒盛りモードに。

行き先はニパチです。
Sh3h0143_2

y氏c氏ともに初体験だそうです。飲み物食べ物すべて280円(税別)、オーダーはタッチペンでメニューを押すことで完了です。
Sh3h0144

おなかもいっぱいになったのですが、もう少し飲みたいということでアスナルの芋蔵へ。焼酎2杯ぐらいずつ飲んで、やっぱりさっき気になった店へ行くことにしました。
同じくアスナル2階の、BRITISH CAFE & PUB OXOという店です。
オーダーしたのは野菜スティック、フライドポテトのほか

Sh3h0152_2

輪投げみたいなオニオンリング。

で、ビールは
Sh3h0148
1Lタワービアです。これが飲みたくてここに来たんです。

というわけで酔っぱらい3人できあがりました。
Sh3h0154

2010/10/21

名古屋まつりの日曜日(1)

名古屋は今年開府400年、名古屋まつりにも一段と気合いが入っています。名古屋に住みながら一度もわざわざ出かけたことにない名古屋まつりに今年は出かけてみました。
Sh3h0037
地下鉄を市役所駅で出ると、ちょうど行列が通っているところです。しばらく見てからお城に移動します。

名古屋城は、本日のみ無料開放です。そのせいか結構賑わっています。
Sh3h0110
まずは菊人形がお出迎え。
Sh3h0109
しゃちほこも元気に体を反らせています。

ここは西の丸。緑区の4台の実演が始まったばかりです。
Sh3h0047

ほんとは前夜に大結集した山車を見たかったのだけれど、天守閣が背景というのも贅沢かもしれません。
Sh3h0043
  ※「大山車まつり」はこんなふうだったのでした。→http://www.nagoya400.jp/spot/oodashi.html

天守閣へ向かおうと表二之門を入ると、石垣に沿って人が並んでいます。復元工事中の本丸御殿玄関を特別公開しているのです。せっかくだから並びます。
101017_133301
係のおねえさんが解説チラシを配っています。ビールもあるので待つのも苦になりません。
Sh3h0055
あの、石垣の端に金網で囲った階段の下が入り口です。
待つこと20分弱、名前を書いてヘルメットをもらいます。
Sh3h0095
階段を3階くらいまで上ると、ガラス越しに組み上がった玄関が見られます。
Sh3h0064
御殿全体を仮設建物の中で作っており、この特別公開のため玄関の工事を一時ストップしているそうです。
Sh3h0067
通路から見ると工場の中のようです。
Sh3h0070
外から見た様子も工場みたいですが。
Sh3h0093

反対側から見た玄関屋根です。
Sh3h0072
ほとんど木曽檜です。
Sh3h0073
平日は大勢の大工さんが働いているんでしょうね。

あ~おもしろかった~と階段を降りてくると、すぐ横に「工事見学コーナー」が。ここでは壁の塗り方とか柱の取り方とか、道具とかが展示してあります。
Sh3h0081
Sh3h0085

Sh3h0086
これは斧を入れた木。刃の痕がしっかりついていて、斧って一振りでこんなに切れるんだと驚きます。

Sh3h0087
天守閣では虎の絵の展示やってるんですがC氏の却下に遭い、撤収。

Sh3h0100
西の丸では山車の前でミス有松絞り(だったかな)が花を添えていました。

まだ現役だったのね?

Sh3h0156

名古屋駅バスターミナルにて、ただいま(20:45)遭遇。10年前には市バスは青白の横縞になっていたような気がするんだけど。
んで排ガスすごいけど、復刻版なのかしら。

Sh3h0157
大昔の市電も最後はこのカラーリングでした。


2010/10/19

にゃらまち

奈良町は「にゃらまち」とも言うそう。といってもまだ数年前に始まったことだとか。
猫グッズオンリーの店に引き込まれてメモ帳を買いました。
101019_220901


20101015nara_143
おじさんのいるあたりの小さな店舗なんですけど。

次回はゆっくり見て回りたいです。

元興寺とならまち散策

20101015nara_099
奈良ホテルで酔っぱらった足で向かうは元興寺。世界文化遺産「古都奈良の文化財」のひとつです。
黄色いポロシャツの方はボランティアガイドさん。観光客1人につき100円で1時間ほどつれて歩いてくださるので、ありがたいです。

Sento_102
左が禅室、右は極楽堂です。屋根の変色した丸瓦は飛鳥時代のものだそうです。


20101015nara_103
消火栓の様子がいいです。

元興寺から南へ、古い奈良の町並みの残る「ならまち」散策です。

20101015nara_108
狭い路地です。

Sento_114
狭い路地に風呂屋もあります。

20101015nara_112
古いうちなので傾いています。

20101015nara_135
こういう傾き方は寒いと思います。

Sento_115
漢方薬のお店です。

Sento_117
ここは吉祥堂。旧元興寺本堂跡、1451年に炎上する、とあります。今は奈良町資料館となっていますが、今日はお休みです。

20101015nara_117
飛騨のさるぼぼみたいなのがいます。

20101015nara_122
大きいのや小さいのがあります。

Sento_121
一般家庭だとこんな感じです。
これはやはり猿をかたどったもので、庚申堂にはそのいわれが書かれてありました。魔除けだそうです。

20101015nara_127
庚申堂の猿です。

20101015nara_136
古~い商家です。表札を見て思ったのですが、変わった名字が多いです。米さん、車田さん、南治さん、畑森さん・・・・真剣に探せばもっとあるかもしれません。

20101015nara_139
中には崩壊しそうなおうちもあります。

20101015nara_141
このお宅は折りたたみ縁台みたいなのがあります。

20101015nara_138
ここは砂糖屋さん。和三盆売ってます。

20101015nara_142
「ならまち格子の家」です。古い商家です。京都のウナギの寝床のような、間口は狭いが奥行きの長い家です。ここは上に上がって見学します。

Sento_142
屋根裏のような部屋は頭がつかえます。

Sento_145
ポストも奈良らしいです。

Sento_133
電柱も茶色です。

このあたりで時間になり、引きかえしました。

2010/10/16

奈良ホテルの昼食

Sento_0901
平城宮跡で歩き回った後は、奈良ホテルでお食事。エントランスからして由緒正しいホテルという感じです。屋根には鴟尾が載っています。今日は夕方秋篠宮様が到着ということで、赤い毛氈が敷かれていますが、そこは一般人は踏めません。横を通って中に入ります。
食事は新館の洋室宴会場。テーブルクロスをこっそりめくってみたらテーブルの脚はとても古い感じでした。

さて、まずはビールで乾杯です。
Sento_065
普通にスーパードライです。でもおかずは
Sento_067
思い切りお酒用です。よってお酒注文。
Sento_069
奈良の地酒です。優しい味です。

本日の献立はこんなふうです。
Photo
前菜の「蘇」というのは古代チーズです。ナマコはこりこりではなく、柔らかい厚切りのものでした。

次なるは鴨つみれ。
Sento_070
刺身を挟んで、地鶏と茸の胡麻味噌焼き。
Sento_074
肉たちにはボルドーを合わせました。
Sento_076
南瓜饅頭もおいしかったな。

締めは茶粥。
Sento_082
優しい味です。漬け物は当然奈良漬けが入っています。
茶粥のための梅干し、塩昆布も酒のアテとし、宴会絶好調。
Sento_084

ラストのデザートは洋物でした。
Sento_086

スタッフの柔らかい物腰と笑顔が、最近のインチキホテルと違う、本物だなと思いました。

平城宮跡

同業者の遠足で、平城遷都1300年祭で賑わう平城宮跡へ行ってきました。
20101015nara_013
バスを降りると平日というのに結構な賑わい。久しぶりに愛知万博を思い出しました(瀬戸会場の方の雰囲気)。


20101015nara_016
珍しいけど食べようという気にはならないハンバーガーの前を通り過ぎ、

20101015nara_092
せんとくんの前を通って行きます。

とりあえずは整理券配布中の平城京歴史館の方へ。が、今配布中のチケットでは帰りに間に合わず、遣唐使船は遠くから眺めるだけにして朱雀門から順路を行くことにします。

20101015nara_018
遣唐使船は子供たちに占領されています。

20101015nara_020
朱雀門です。塗料の具合が新品ではないなと思ったら平成10年築でした。門を入るとはるかに大極殿が見えます。


20101015nara_022
まずは踏切を渡らねばなりません。結構電車がきます。朱雀門から踏切前まで歩く間に数本の列車がきました。

20101015nara_025
花を植えてあるところ以外は田んぼみたいな感じです。

20101015nara_027

踏切を渡って草原の脇にずっと延びた道を歩いていきます。


Sento_015
やっと大極殿に接近しました。でも入場は裏に回り込んだところからです。

大極殿は、だいごくでんと読みます。天皇の即位式等、国家の重要な儀式に使われていた建物ですから、美しく装飾されています。
Sento_018

Sento_029
天井は枡目の一つ一つの中に花模様が描かれています。

20101015nara_036
屋根の上にある「鴟尾(しび)」の模型。しゃちほこの原型でしょうか。

大極殿を出て、ちょっと一休み。会場内にはほどよくベンチが設けられており、平日なら座れそうです。ただ、大極殿前庭広場はイベント準備のため工事中のような景色なのがちょっと残念です。

Sento_014


休憩後は東へ、遺構展示館へ向かいます。
20101015nara_047
お客さんはこっちの方にはあんまり来ないみたいです。空いています。
地図の、宮内省の横あたりです。

Sento_037
大極殿はこっちの方から遠望した方がきれいです。


20101015nara_049
看板がずいぶん老朽化しています。向こうに見える円柱形の木々は、もしかしたら柱の位置を再現したものでしょうか。このあたりは「内裏(だいり)」です。昔の台所ですね。
20101015nara_052
左手は井戸、右手は洗い場です。

20101015nara_054
遺構展示館の西側に、平城京の全体図があります。九条の羅生門からいまいる大内裏(奥の高くなっているところ)までが描かれています。

遺構展示館には、出土した井戸や土層の断面のはぎ取り、出土品などが展示されていますが、目玉は発掘調査したそのものの地面を見られるところです。
Sento_049

20101015nara_061
基礎の穴が重なり合っているのは、何度か立て替えを行った跡です。
20101015nara_062
南館の展示はCGで説明されています。

20101015nara_071


20101015nara_073


20101015nara_074
このグレーのものは煉瓦のようなものだそうです。


20101015nara_076

遺構の展示はこんなふうです。

Sento_055

外から見たところ。

20101015nara_080

おもしろいものを見て満足したので、ぶらぶら帰ることにします。さっき見てなんだろうと思っていた盛り土は、建物の土台のところまで復元したものなんだなあとわかって、見る景色が変わります。

20101015nara_084
写真奥の方にあるのは第2次朝堂院跡です。

ただの原っぱだと思っていた草地は、実はすごい労力で発掘し埋め戻した場所なんだとわかって、帰りの景色も変わりました。

Sento_058

2010/10/09

地下鉄スタンプラリー賞品

地下鉄スタンプラリー賞品
スタンプ4個集めてもらったのは…名城線2000形デザインクリスタルストラップでした。
次はJRを回らなきゃ。

地下鉄スタンプラリー出発

地下鉄スタンプラリー出発
栄に買い出しに行きますが、ついでに地下鉄駅4ヵ所を回ってスタンプ押してきます。切符はドニチエコきっぷ。600円で市バスと地下鉄が1日乗り放題です。
神宮西のスタンプコーナーには2、3人の人影。大曽根に向かう電車の中では台紙を楽しそうに広げるちびっこ集団も。それなりに盛り上がっているようです。

2010/10/07

フラダンスやってみました

フラダンスやってみました
以前からお誘いを受けていたフラダンスのレッスンに出てみました。仲良しの恵子先生が湯〜とぴあ宝で新しい教室を開いたからです。
波間に漂うような、緩やかな動きは、なかなかに難しいものでした。腕で物語を語るというのは、新鮮な驚きでした。今のところ、手足がばらばらにしかできません。

2010/10/06

彼岸花咲きたて

彼岸花咲きたて
岡崎城近くの、夏は花火の桟敷が設けられる場所です。白い蝶がたくさん群れていました。

2010/10/02

ビルの谷間に沈む夕陽

ビルの谷間に沈む夕陽
道路がきちんと東西南北向いている名古屋なので、秋分近くではこんなふうに日が落ちていきます。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ