« 山線鉄橋 | トップページ | 支笏湖畔の秘湯 丸駒温泉旅館(2) »

2011/02/09

支笏湖畔の秘湯 丸駒温泉旅館(1)

丸駒温泉旅館は恵庭岳の麓、一般に「支笏湖温泉」と呼ばれる東の湖岸と90度方向、北の湖岸にある。東側の湖岸を走る道路は国道433号線で、北上すると突き当たって右に行くが、そこを左に折れて行った先である。道路はそこで終わりだ。もともと旅館の創設期は対岸から船でしか来られず、天気の悪い日は帰れない宿泊客もいたということである。
私がここを選んだのは「日本秘湯を守る会」会員であること、札幌の前泊として適当なロケーションだったこと、氷濤まつりと重なること、の3点からだ。
宿へのアプローチは空港からJRで二駅、千歳駅でのピックアップからである。宿のマイクロバスは時間より早く来て待機していたようだった。
Shikoytsuko_049

今気づいたのだが、ナンバーが宿のモットーを表していた。「毎度アリガトウ感謝シマス。今日もニコニコ、明日もニコニコ」。
駅から離れ、道道支笏湖公園線をまっすぐに走る。一定勾配の緩やかな坂を上っていくのだ。支笏湖がカルデラ湖だということを実感する。30分も走ったら氷濤まつりの会場らしきが見え、湖岸を行くことになる。雪がちらついているせいか、対岸は全く見えない。湖岸道路の浸食を防ぐためだろう、消波ブロックが湖岸に連なっているが、そこに雪が積もっていて、波が打ち寄せている。国道から別れ同時に湖岸から離れてさらに秘湯ムードが高まる。
思ったより大きな宿であった。仲居さんが数名迎え出ている。私は3階の部屋に案内された。日も暮れており窓の外は真っ暗だが、支笏湖とその向こうに風不死岳という景色が明日には見られるのかと期待する。ご飯は氷濤まつりとお風呂の後と決めて出発。宿のバスは満席だった。みんなこれ目当てできているんだろう。氷濤まつりの様子は先にレポートしたとおり。
帰ってまずはお風呂である。まずは大浴場。アプローチは新しげで、秘湯ムードはない。
Shikoytsuko_184
脱衣かごは全部空で貸し切り、と思ったら一人入ってきた。ガラスの向こうに展望露天風呂が見えているが、それは明朝にして源泉に向かうことにする。
Shikoytsuko_186

源泉は湖畔にある。支笏湖とつながっているから、湖の水位によって風呂の深さが変わるのだという。今日の深さ110cmとある。30m先というので浴衣を着て移動する。
Shikoytsuko_188

扉を開けると木造の廊下。いきなり秘湯ムード濃厚に。
Shikoytsuko_190

そしてすごい上り。
Shikoytsuko_192
なんだか恐ろしげだなと厭々上ると今度は下り、そして大きくカーブしてまた下り。その先に秘湯の提灯と脱衣場が見える。
風呂の写真は薄暗いのと湯気と雪でうまく撮せなかった。
Shikoytsuko_197
入ろうと思ったけど、タオルが見あたらない。仕方がないので引き返すと、夢中で気づかなかったのだろう、回廊の途中に落ちていた。が、もう一度あの廊下を行く気が失せて、ちょっと寒いような気もするが部屋に戻る。
食事はお部屋食である。それは別項に。

翌朝気を取り直してまた源泉の露天に挑戦。
Imgp9171
朝なので怖さは激減。でも寒い。何で寒いかわかった。
Imgp9172
足元がすのこ状態であった。

Imgp9173
さらに下りて脱衣場。
Imgp9174
あらま、先客がいらっしゃる。ちなみにここは混浴ではない。女同士お湯の話をする。無色無臭の湯だ。昨夜の雪のせいか、ちょっとぬるい。
皆さんがいなくなってから写真にする。

Imgp9181
湖水のすぐ横、しかも湖水とつながっている。はい、ここが露天風呂と支笏湖を結ぶ水路です。
Imgp9176
温泉自体は底の砂利の間から湧いているんだそうだ。水深110センチ。多いときは140センチになるといい、子供用に浮き輪が用意してある。
後で外から露天風呂への回廊を確認。

Imgp9231
カニの甲羅みたいな形になっている、上辺が女湯への廊下だ。木を避けたらこんな形になっちゃったのかしら。

« 山線鉄橋 | トップページ | 支笏湖畔の秘湯 丸駒温泉旅館(2) »

温泉」カテゴリの記事

コメント

何とも野趣溢れる正に秘湯ですね。のびねこさんの研究熱心さに脱帽です。宿からお風呂の暗いドキドキする写真と最後の湖からの明るいスナップとの対比も効果的♪

>コロリンさん
日本秘湯を守る会の宿は6つめですが、
どれも外れはありません。
去年サボってしまったので、今年はあと9ヶ月で4つ行かないとスタンプ帳がうまりません。さて、次なるはいずこ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/50816440

この記事へのトラックバック一覧です: 支笏湖畔の秘湯 丸駒温泉旅館(1):

« 山線鉄橋 | トップページ | 支笏湖畔の秘湯 丸駒温泉旅館(2) »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ