« めかぶうどん | トップページ | いかそうめん »

2011/06/27

誕生日の木曽路ツーリング

Sh3h0023s

誕生日はどうせ雨だし事務所仕事・・・と思っていたのですが、天気予報がみるみる変わって降水確率30%にまでダウンすると、これはもう自分に誕生日プレゼントをあげなくちゃと考えも変わりました。
前夜飲み会の掛け持ちをしたにもかかわらず早々と目覚め、出動です。例によって道の駅スタンプラリーです。

まずは中央道を中津川までひとっ飛び。先週で1000円高速が終わった反動でしょうか、心なしか空いているように思います。下りて国道19号を行きます。この道は16歳で免許を取ってから、いったい何回、いったい何人の友達と、走ったことでしょう。傾斜が急で立ちゴケしそうになった交差点、いまは平らになったなあ、子供が小さいとき栗拾いに来たけど拾った栗はほとんど虫食いだったなあ、父とこの店で栗きんとんを食べたっけ・・・ずっと思い出をつなぎながら走ります。

最初の道の駅は「賤母(しずも)」。からからになった喉を「ちこり茶」で潤し、敷地内にある「東山魁夷 心の旅路館」に入ります。
Sh3h00202
1年を4期に分けて展示を変えているようで、今回は「古都巡礼」というテーマでした。展示のメインは唐招提寺の障壁画で、海を描いたものですが、私が吸い寄せられたのは山間のもや、輪郭の定まらない山桜を描いたものでした。さらに絵もさることながら、東山画伯が学生時代にこの地でキャンプをした際の日記、これがすばらしく魅力的でした。いらっしゃることがあれば、ぜひ読んでみてください。

次の駅は「大桑」。
Sh3h00212
朴葉で包んだほお葉巻きは、葉っぱがつながった状態でできていて、初めて見るものでした。ちまきのようなものでしょうか。いろいろな餡のがありました。

次行きます。道の駅「木曽福島」。
Sh3h00222
この角度で御嶽山が見えるはずなんですが、そちら方面は雲がかかっています。バイクを置いた足下、少し傾いてたなあと思ったんですが、こうして写真で見ると結構な傾き具合です。用を足して戻ってくると隣に赤いDUCATIが。真っ赤と真っ黄色と並べておいてあるようで、いいわね~と悦に入っていると、ドカのオーナーさんが話しかけてきました。ドカの方も革のサイドバックがつけてあって個性的でしたが、私のCSも珍しかったようです。記念にと言われ人車とも彼のカメラに収まっちゃいました。

次は19号から左折して大滝村に向かう「三岳」。トップの写真はここです。緑の中のロケーション、今日こっちへ走ってきて本当によかったと思いました。みたけグルメ工房、休みかと思ってドアを押してみなかったのですが、いまHPを見るとなかなか良さそうでした。失敗。ここを出る頃、さっきのドカの若者(そういえば私の中で「若者」は40歳以下になっちゃったな、とあとで走りながら思っておかしかった)が、ここへ寄らず御嶽山の方に走っていくのが見えました。

19号に戻ってさらに北進し、道の駅「日義木曽駒高原」へ。
1時になり、さすがにお腹も空いたし先も見えてきたし、蕎麦がおいしそうに見えたので、「ぶっかけそば」を注文しました。
Sh3h00242
おつゆがちょっと薄めで物足りなくもありましたが、蕎麦はさすがに木曽です。650円と思えないおいしさでした。
ここで1時ですので、道の駅はあと3つ行くことにします。なにしろ、数キロしか離れていないのです。一人でなきゃ、こんなにちまちま止まれません。

次は道の駅「木曽川源流の里 きそむら」です。レストランだけはチェックします。食べませんけど。

次は「奈良井木曽の大橋」です。なぜか駅名を書いた看板ではなく、道の駅のマークだけがあって、とりあえずそこを入ると確かに木の大橋があり、観光バスも駐まっています。ただ、駅舎はありません。駐車場も狭くてかろうじて敷地のふちっこに停めました。下は木曽川です。
Sh3h00262

Sh3h00272
橋を渡ります。端じゃなくて真ん中をね。
Sh3h00282
ここまで来ると木曽川もずいぶんかわいい川になっています。

対岸に渡りました。草っぱらです。対岸には大きな駐車場がありますが、上流から回り込んでくるためか、あまり台数は駐まっていません。駐車場の端に奈良井宿の案内看板があり、観光客がぞろぞろ帰ってきます。私も歩いてみたいと少し思いましたが、この格好でこの暑さだからとまたにしました。なにしろ見上げる空は夏空です。
Sh3h00302
実はスタンプを置いてありそうな建物が施錠されていて入れず、ここが道の駅かどうか疑っていました。が、スタンプ帳をよく見たら、スタンプは次のならかわで押せるそうです。

で、本日の最終駅「木曽ならかわ」へ。ここは「木曾くらしの工芸館」という大きな建物がどかんと建っている、他の駅とはちょっと趣の違うところでした。中にはありとあらゆる木曾産物が置いてありました。ここでしばらく体を冷やし、帰ることにします。もうすぐ3時。19号を戻って権兵衛トンネルから伊那に抜けるか、北進して塩尻から乗るか・・・迷いましたが塩尻からの道を選びました。

200km近く走って帰りのガソリンが心配になったので塩尻市内で給油します。でも6リッターしか入らず、またまた燃費の良さを実感しました。

塩尻からの道は、これまた大正解でした。諏訪湖の景色が自分へのさらなるプレゼントになりました。そして高速を選んだことも大正解。中央アルプスと南アルプスに挟まれたこの伊那谷の景色が、私はとても好きなのです。そういえば、この前この山を見たときはまだ雪型が現れる前だったのでは・・・


今回はバイクなのでiPadではなく携帯から時々サイトをチェックしていましたが、mixiでもFacebookでもたくさんの人からお祝いのメッセージをもらいました。走りながらありがとうを叫んでました。

アフターはyasuさんのお友達が経営する高岳の「しかく」に行きましたが、ここでもケーキのサプライズ、また来店客みんなのバースデーソングもあり、すばらしくハッピーな1日でした。

みなさん、どうもありがとう。「ストロークの壺」満タンです。

« めかぶうどん | トップページ | いかそうめん »

飲み食い」カテゴリの記事

2&4(Wheels)」カテゴリの記事

コメント

ノビネコさんは本当に行動的ですね。
まだ行った事のない道の駅の写真も嬉しいです。みたけグルメ工房は以前NHKラジオで聞いた事があり、その時電話出演なさっていたお姐さんのお話が余りに素敵でいつか行こうと思ってました。何か忘れましたが名物があった筈です。

みたけグルメ工房、HPの更新止まってるみたいですね(^_^; あのドア、押したり引いたりしてみりゃよかったな・・・
ちなみに「三岳」は「御嶽」「みたけ」で、やっぱり御嶽山と関係あるんでしょうね。

こんにちは、Dr.Wooこと、琴岡です。
facebookのリクエスとありがとうございました。

バイク黄色に変わっていますね。カッコいー
イメージカラーのブルーより、この色が断然かっこいいですね。

また、宜しくお願いします。(^_^)ニコニコ

Dr.Wooさん
ご訪問ありがとうございます。
黄色のスカーバーもなかなかいいでしょ?
JBRでもおもしろいイベントあるんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/52060213

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日の木曽路ツーリング:

« めかぶうどん | トップページ | いかそうめん »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ