« 梅雨の合間に | トップページ | 観蛍会 »

2011/06/17

鰹を塩で!

Sh3h00012
またまた大阪で研修。朝10時半から夜6時半までの濃密な研修の後はやっぱり一杯やらないと。というわけで4年前から大阪に転勤になったYさんと梅田で待ち合わせ、かっぱ横町にある酔鯨亭へ行きました。そんなに大きい店ではないのですがほぼ満席状態。値段は若干高めなので、若者の姿はありません。

最初にたのんだのは、かつおの炙りわさび塩(1500円)。かつおに、ミョウガ、ネギが載り、わさび塩(?)がかかっています。鰹は今目の前で炙りにいったやつで、ちょっぴり温かい。これにニンニクを載せて口に入れます。うま~~~。

早々とビールを飲み干したYさんはお酒に行きます。当然酔鯨です。4合のデキャンタに1升瓶から移してくれます。

Sh3h00022

ぐい呑みは豪快なサイズ。次の肴は、土佐鷹茄子のたたきです。すてきな味付けです。そしてメインはやっぱりこれでしょう。


Sh3h00042

鯨のパーツの盛り合わせ。お酒ももう4合行っちゃいます。

酔鯨亭、なかなか気に入ったので、ぜひまた行きたいと思います。

ちなみに研修の中身はこちらに書きました→TAの研修受けてきました

ついでに講師の刀根先生のブログはこちら→講師刀根のつれづれ日記

« 梅雨の合間に | トップページ | 観蛍会 »

飲み食い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/51970775

この記事へのトラックバック一覧です: 鰹を塩で!:

« 梅雨の合間に | トップページ | 観蛍会 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ