« 伊豆ツーリング(4)・・・烏帽子山 | トップページ | 伊豆ツーリング(6)・・・石廊崎 »

2011/08/06

伊豆ツーリング(5)・・・こあじ亭へ

雲見園のご主人はすでに出かけられていたので、お婆ちゃまが見送ってくださいます。まずは道の駅「花の三聖苑松崎 」を目指します。雲見から松崎も海岸沿いの気持ちいい道です。ただ、さっき山を歩いてくたびれたせいか、すでに意気地ない走りです。一本道を間違えましたが、無事到着。
Imgp0233
まだ10時前というのに汗だくです。雨降りの昨日の方がどんなに楽だったかと実感します。

朝っぱらからですが、かき氷を注文。10時からだけど、まあ作ってあげる、ということで私にとっては今年初の(そしておそらく最後の)かき氷です。

Simgp0234

いつも思うのですが、その昔の、あの細かく雪のようにかいた氷は、もう食べられないのでしょうか。お腹の具合が悪くなってきて半分でリタイヤです。ま、それはさておき、このあとSHIROSENさんに「行ってみて」と名刺を渡されたこあじさんのところ「蝶ヶ野」へのルートを店のおばちゃんたち(多分70歳代)に尋ねてみます。すると、そのおばちゃんが踊りだかお華だか忘れましたが習いに行っているとのこと。そうでなきゃ蝶ヶ野なんて知らないと言わんばかりでしたが、いろいろ検討の上、雲見を廻った方がいいということになりました。おばちゃん二人とお兄様と3人で教えてくださるのですが、もうてんでばらばら要領を得ず、こちらも参考意見として聞くというスタンスで、地名のみ頭にインプットしました。でも、こういうやりとりが旅の楽しみですね。

さて、さっき走った国道136号線を、雲見方面に走ります。昨日下田から走ってきた道なのですが、反対方向からだとまた違った景色です。雲見では朝登った烏帽子山が見えて何ともうれしくなります。小さい集落なのであっという間に通過ですが、頭の中では朝山上から見た山の鳥瞰図の中を移動しているイメージができています。
Simgp0210
この山々です。そして、その山々の間にさしかかる手前で道が雲見方面を向いたとき、烏帽子山の山頂の岩が左手に見えました。バイクを路肩に駐めて撮影です。

Simgp0235
あんなにオーバーハングした岩だったから怖かったんだ、宿の主人が自殺も多いといっていたけどそれはこうやって下から見た景色にもよるんだろうな、などと思いました。
道は結構アップダウンもあり、海が見え隠れします。

Simgp0236

昨日も通ったマーガレットラインを走っていきます。おばちゃんたちの話は当てになりませんでしたが、焼却場、子浦(こうら)、妻良(めら)というキーワードは役に立ちました。その地名のところを通っていく、という認識でした。そして妻良の先で国道と別れた先に「こあじ亭」がありましたから。

Simgp0237
ここです。SHIROSENさんからもらった名刺は編集者というものでしたが、ここに違いないとバイクを駐めました。蝶ヶ野バス停前です。こんにちは~と入っていったら、こあじさんがランチの準備をしていらっしゃいました。cafeDoorさんから紹介されてきたんですと名乗ると、1時間も待ってたらこあじ丼作ってあげると言われたんですが宿の豪華食事でまだ全然お腹が空いておらず、アイスコーヒーをいただくことにしました。「こあじ丼」も「いのしし丼」もとっても気になったんですけどね。なんとここは向かいの川辺でキャンプができるし、無料でベッドを使わせてもくれるんですって。いいベッドなんだよ、と見せていただきました。
伊豆情報満載の小味さんのHPはこちら→こあじの伊豆ツーリング情報
滞在は30分ほど、石廊崎の情報をいただいてお別れします。次回はお腹の空くタイミングでここに来るよう計画しなくちゃ。

« 伊豆ツーリング(4)・・・烏帽子山 | トップページ | 伊豆ツーリング(6)・・・石廊崎 »

2&4(Wheels)」カテゴリの記事

コメント

いつもFirefoxで見てるのですが、今日はアクセスできなかったのでSafariでお邪魔してみました。完読!(^_^)
うんぺいくん(ぢゅんこ)より

うんぺいくん
こちらへの書き込みありがとうございます。
伊豆の旅はあと2話で完結です。
またいらしてくださいね(^.^)

ご無沙汰しております。最近はツーリングから離れておられるのでしょうか?ここでの御紹介がきっかけで、本年ツーリング納会として、再来週の土曜日に会社の仲間と小あじ亭に行くことになりました。HPにnobinekoさんの愛馬との雄姿も掲載されていました。いのしし丼、あじ丼にトライしてきます。happy01

貝多芬さん
10月末の中土佐ツーを最後に、スカバーで出かけてません。例年、11月12月は年賀状用写真の準備、ロケと忘年会で忙しく、今年はフラダンスの発表会もありました。今週末は長野に行く機会ができましたが、さすがに北の方へバイクで行く気にはなれず。
こあじ亭、試しに行ってください。いのししとあじの両方は無理でしょうから、お仲間と半分こで。伊豆でも寒そうではありますが、楽しいツーリングになりますように。

ありがとうございます。お忙しいようですね。
年末と言うことで、蕎麦グルメ情報です。
松本市松本城南側市営駐車場の向かい側にある「三城(さんじろ)」
山梨県南部町国道52号線道の駅「南部(大きな竹の子のモニュメントあり)」裏手、福士川たもとにある「雲平(うんぺい)」
ツーリングでこちら方面にお出かけの際は、是非寄ってみてください。
特に雲平はお勧めです。

貝多芬さん
蕎麦情報ありがとうございます。
伊豆ツー、お気をつけて。

happy01昨日無事小あじ亭に行って参りました。朝6:30に清水を出発、箱根峠から伊豆スカイラインを抜けて冷川から県道59号、国道414号から下田を経由して小あじ亭に辿り着きました。寒かったですね、途中休憩した十国峠では9:00の時点で2.8℃でした。小あじ亭には11:30頃到着、この頃にはさすが南伊豆13℃くらいになっていました。ご主人に聞いて今日はあじの味噌たたき茶漬けがおすすめだと言うので、まずそれを頼み、鹿のステーキもうまいと言うので100gの単品を頼んでしまいましたが、癖になるようなうまさですね。また行きたいです。ただ、料理が出てくるまでに30分以上もかかりました。私達は4人(ハヤブサ、CBR600、W650、Scarver)で時間つぶしに話がはずんだので、これはご愛敬ですね。帰りにはおきまりの記念撮影をして頂きました。帰りがけに松崎町の北2㎞くらいのところにある沢田公園露天風呂でゆっくり温まり海岸線をひたすら沼津まで、交通量が少なく大変走りやすかったです。19:00清水帰着でした。良いお店を紹介して頂きありがとうございました。

貝多芬さん
こあじ亭、おいしかったみたいでよかったです。HPに写真がUPされるのを待っていましたが、なかなか出ませんね・・・
伊豆スカイライン、とてもいい道ですね。箱根側から走るのでも富士山は見えるのかな?
Scarverに乗ってる友人が近々手放されます。周囲で乗りたいと思ってる方があれば、もうすぐヤフオクに出るみたいですのでお知らせまで。

伊豆スカイライン、本当に景色のよいコースですね。もし、まだ走ったことがないようでしたら、お勧めします。沼津ICから東駿河湾縦貫道を経由すれば、渋滞なく抜けられます。
小あじ亭さん、なかなか写真をアップして頂けませんね。もしかしたら、うまく取れていなかったのかもしれませんね。
オークションに出されるScarverは、何年式でしょうか?

ようやくアップされたようです。
http://homepage2.nifty.com/koaji/
12/7付け2枚目の4人組のおじさんですが、バイクは撮りませんでした。あしからず。

貝多芬さん
お加減いかがですか?
今回はお会いできず、残念でした。
まだ静岡の道の駅、たくさん残ってますので(北のほう)
いつかお会いしましょう。

happy01ありがとうございます。おかげさまで日常生活にも復帰しております。やはり、加齢による椎間板の損傷みたいです。病院にも行きましたが、特別な治療方法は無いようです。運動不足で、腹筋、背筋が弱くなると出やすいみたいです。一日座り仕事が長かったので、その影響もあるのかも、今月から転勤で、立ち仕事やあるくことが多くなりますので、改善を期待できるかも知れません。
またよろしくお願いいたします。

ご無沙汰しております。どうしても鹿肉ステーキが食べたくて、雨の中、こあじ亭に行ってきました。私以外客は来ませんでした。地元のモータージャーナリストのカズ中山氏が現れ、ライダーの死亡事故を減らし、伊豆スカイラインの二輪走行が規制されないように、技術指導のイベントなどされている話を熱く語っていました。
私のScarverの写真がその日のうちにアップされていました。フロントカウルがノーマルと違いボディーカラーと同じ黄色になっているがお分かりになると思います。

貝多芬さん
こちらこそご無沙汰です。こあじ亭のHP見ましたよ。今年は正月に乗ったきりカバー掛けてあるので、久しぶりに自分のバイクを見たような気がしました(^_^;) GWは4日あたりにエンジンかけようと思っています。

新東名をルートに入れて走ってみてはいかがでしょうか?東名に比べてすごく走りやすいと思います。ただ、トンネルが多く景色はいまいちですね。時々甲府の飲み仲間を訪ねてバイクで行くのですが、清水JCTができたおかげで今まで30分かかっていたところを10分程度で通過できるようになりました。昨日も大雨の中Scarverを駆って行ってきましたが、車体はきわめて調子がよかったのですが、私自身の防水対策に課題が残りました。Scarverは思いの外、足首周りに水がかかり、いつの間にかブーツカバーをすり抜け防水タイプのライディングシューズの中までずぶ濡れになっていました。不思議ですね。

貝多芬さん
昨日大井川まで行って島田から新東明走ってきました。安全、渋滞防止を考えて作ってあると思いました。走りやすいですね。ずっと高架の上なのでというのも景色がいまいちということなのでしょうか。夜だったのでわかりませんでした。とにかく風が強くて、トンネルの中だけやれやれといった印象ですが。
足首回りに水・・・そういえば大坂へ行ったときの大雨で、あっというまに靴の中がぐちゃぐちゃになりました。そうかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/52396969

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆ツーリング(5)・・・こあじ亭へ:

« 伊豆ツーリング(4)・・・烏帽子山 | トップページ | 伊豆ツーリング(6)・・・石廊崎 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ