« 伊豆ツーリング(1)・・・cafeDoorへ | トップページ | 伊豆ツーリング(3)・・・雲見園 »

2011/08/04

伊豆ツーリング(2)・・・雲見温泉へ

cafeDoorを出て、SIROSENさんの推奨ルートを行きます。まずは南下して国道134号線へ。
Imgp0150
シャッター切ったときにはいなくなっちゃったんですが、さすが湘南、老いも若きもサーフボードを抱えています。圧倒的に男性が多いように思います。
国道はそのまま西湘バイパスに入り、快走できます。渋滞すり抜け不可の1号線とは大違い。こっちから来ればよかった。これもSHIROSENさん始め店のお客様皆さんの推奨で「早川」ICでバイパスを下り、国道135号線を南下します。ずっと海岸沿いを走るルートです。最初は箱根を超えていくルートを教わったのですが、伊東で道の駅のスタンプを押したい、そんならこっち、ということでこの海岸沿いのルートになったのでした。交通量は結構あり、すいすいというわけにはいきません。特に熱海、伊東、下田市街地は渋滞で、お目当ての道の駅「伊東マリンタウン」では、駐車場に入るのに少し待つくらいでした。

下田の手前で雨が本降りのようになり、再びレインを着ます。が、20分ほどで上がり、道の駅「開国下田みなと」に着いたのは4時半。案内嬢に聞いても宿に聞いても松崎街道ルートが近かろうと言われたのですが、海の見えそうな国道136号線(マーガレットライン)を行くことにします。宿のご主人も、バイクならそっちでもいいかもと言ってくれたからです。
その道は、その日でいちばんの快走路でした。信号なし、車なし。雲もなく、伊豆半島の西と東でこうも違うんだな、などと思いながら走ります。
Simgp0154

3,40分走ったでしょうか、峠を下りていくとようやく「雲見温泉」の標識が出ました。脇には大好きなネムノキの花が咲いています。ネムノキの花を初めて間近に見たのも修善寺でのことでした。→ネムノキの花

Imgp0152

ほどなく、雲見園に到着。地図で見るとわかりにくかったのですが、国道が橋になっており、温泉街や浜は低いところにあります。雲見園は橋の付け根の側道入り口に面していました。

Imgp0232

写真奥が国道で、敷地は入口あたりはコンクリートですが奥は玉砂利なので、転倒防止のため入口付近に駐めさせてもらいました。バイクの音が聞こえたのか、すぐに宿のご主人が出てきて迎えてくれました。走行452km、行動時間約10時間でした。

Imgp0185
杞憂かもしれませんがカバーとワイヤーロックで雨風&潮風&盗難対策です。

« 伊豆ツーリング(1)・・・cafeDoorへ | トップページ | 伊豆ツーリング(3)・・・雲見園 »

温泉」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

2&4(Wheels)」カテゴリの記事

2&4(Wheels)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/52390184

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆ツーリング(2)・・・雲見温泉へ:

« 伊豆ツーリング(1)・・・cafeDoorへ | トップページ | 伊豆ツーリング(3)・・・雲見園 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ