« Scarverの修理箇所 | トップページ | 中土佐ツーリング(2)・・・岡山県立大学 »

2011/11/01

中土佐ツーリング(1)・・・あらすじ

金曜日の仕事は休みにして、2泊3日のツーリングに行ってきました。
初日の金曜日は、朝8時出発、新名神経由で休み休み走って総社の岡山県立大学に13時に到着しました。ここは数年前から友人が単身赴任しており、前々から遊びにいくよと言いながら今回まで先送りにしてきたのでした。
Sh3h00092


大学内を案内してもらったあと、学生の運転する車に先導してもらって倉敷へ。私は美観地区の入り口にあるドーミーイン倉敷にチェックインします。このホテル、部屋はシャワーのみですが天然温泉の大浴場のある、和洋折衷みたいなところです。バイクにチェーンを掛け、荷物を部屋に置いて、すぐに美観地区に繰り出します。ちなみに初日の走行は344kmです。Nakatosa_007
倉敷は初めてです。倉敷川のほとりを歩き、同じ岡山県大の先生の個展を見た後、観光客向きの地図には載っていない隠れ家的なお店で楽しくお酒しました。

翌朝は倉敷ICから山陽道に乗って、道口PAで西悠騎のメンバーと待ち合わせ。武蔵さんの先導、K点さんの守備で走ります。
しまなみ海道に入る尾道水道は、数年前に来たときと同じ景色でした。この新尾道大橋を、千光寺の方から眺めたことを思い出します。因島大橋、生口橋、多々良大橋、大三島橋、伯方・大島大橋、そして来島海峡大橋を渡ると愛媛県今治市です。次の橋が現れるたびにうれしくなります。
Nakatosa_007_2
気持ちよく走って、来島海峡の3つの橋を眺めるPAで休憩です。

今治から南下し、国道194線に入ります。いつかは登りたい山、石鎚山登山道の案内を横目に、気持ちよい山間ルートです。噂の「寒風山トンネル」も体験します。なんと一般国道なのに全長5kmもあるのです。始まりかけた紅葉、V字にえぐれた谷、清流・・・写真のないのが残念です。信号もない、そういう景色の道を快走し、いの町に入ります。評判のラーメン屋「自由軒」で昼食のあとは、四国ツーリングでは外せないという「横浪黒潮ライン」に入り、今度は海岸線を楽しみ、帷子崎で休憩です。
Nakatosa_032
時間的にはまだ早めですが、テント設営の人もいるので道の駅「かわうその里すさき」で買い物をして、そこからはすぐの「ライダーズイン中土佐」に向かいます。

Nakatosa_053
ライダーズインは、高知県内に5箇所あり、市町村営であるのがなんとも素敵です。一部屋3人で泊まれば1人2000円と安く、入り口にバイクが置けるので今回のように雨が降りそうなときはうれしいです。写真左奥ではテント組の人が設営中、その向こうは入り江になっていて、潮の音がいい感じです。手前の白いテーブルで2次会をしましたが、夜はちいと寒かった。

宴会参加は30名ほど、初めての人もすぐに仲良しです。今回は女性が3分の1、いつもより華やかです。料理は戻り鰹とトビウオの刺身、皿鉢料理、仁井田米のおにぎり、酒多数です。
Nakatosa_058

Nakatosa_059
ヒラメさんとクロスさんのギターで、皆で歌いました。私は一応フラ風の衣装を持って行ったんだけど、音楽を流せなくて出演しませんでした。

翌朝は9時に出発。残念ながら雨です。
Nakatosa_007_3
私たちは8機で桂浜へ。雨は降ったりやんだりです。国道56号線には「新名古屋トンネル」なんてのもありました。桂浜では大休止。坂本龍馬像を見ます。
Nakatosa_016_2

1時間ほど桂浜を楽しんだ後、南国ICから高知道に乗ります。北上して山間部に入るにつれ雨はしっかり降ってきて、寒いです。トンネルが連続していて、その中ではいいのですが、切れ目でざあっとやられるのが嫌です。

馬立PAで昼食です。
Nakatosa_044_2

満腹の後は、高松道から瀬戸大橋へ。橋の上は、路面が悪い上に雨と横風で恐ろしいことこの上なし。しまなみ海道があんなに快適だったのに、ここは逆。本州に上陸するまで緊張の連続でした。本当は海の途中にある与島PAで休憩だったのですが、私がそんな風にスローダウンして前を見失ったため、せっかく与島に下りた前半分の人たちは、そそくさと引き上げていただくことになってしまいました。ご迷惑掛けました。

東に向かう途中で1機減り、2機減り、中国池田で一人になりました。それから雨夜の高速を、休み休み帰りました。
帰着は22時。よく走りました。3日間の走行距離は1180.2km。草津から名古屋はとても近いと感じたことでした。
一緒に走ってくださった皆様、どうもありがとうございました。

« Scarverの修理箇所 | トップページ | 中土佐ツーリング(2)・・・岡山県立大学 »

2&4(Wheels)」カテゴリの記事

コメント

ご無事でなによりでした。四国のライダーズインは、なかなかいい場所にあります。わたしは、室戸岬先端のライダーズインにも泊ったことがありますが、とても気持ちいい。
雨模様が残念でしたが、バイクがしっかり直って安心して運転できたのではないでしょうか? その後の詳細なレポートも楽しみです。
それにしても、羨ましいなぁ~

写真のバイクが以前言っていたねですか?かっこいいですね。

私が京都から四国海沿い一周したのはもう24年も前の話なのですが、
龍馬の横のやぐらにはびっくり!

瀬戸大橋が開通した1988年4月10日に、記念になると思い、
学生のノリで、わざわざ橋だけ渡りに行った事があります。

いいなぁ~、ライダーズイン。

名前忘れた…さぶりんでした!

のびねこさん お疲れでした
ずっと 後ろから見させていただきましたが 基本に忠実な重心移動に
感心致しました(きれいな運転でした)
また 機会がありましたら よろしくです!

naoさん
修理前と比べて驚くほど振動が減り、コーナーもだいぶん安心感が増しました。もしかしたらちーさんもあの振動が普通だと思っていたのかも。
ライダーズイン、シャワーはいまいちですが安いですから。他のところにも行ってみたいと思います。

フジ色のボランティアさん
この前はちょっと席が離れていてあんまりお話しできませんでした。はい、このバイクでございます。お褒めいただいてうれしいです。

さぶりんさん
雨の瀬戸大橋は、ほんと怖かったです。晴れててもあんな横風だとやっぱりスローダウンしちゃいます。
龍馬像の櫓は期間限定です。中身は足尾場そのもので、大揺れして、怖くはないけど、酔いました。

K点さん
お褒めいただきありがとうございます。基本に忠実とは「スローインファーストアウト」「リーンウィズ」ということかもしれませんが、ハングオン、ようしませんもん(^^ゞ

みなさま こんにちは

>久しぶりのバイクツー物ダー。
 私 参加できなかったので、加齢なる イヤ ちゃうちゃう。 K点さんがおっしゃる基本忠実なるライディングが撮影できなかったのが残念です。播磨組の先頭引きと後守はどうでしたでしょうか? また こちら方面にもお越し下さいね。

赤とんぼさん
今回はお会いできず残念でしたが、お噂には上ってましたよ。4輪も新車を買われたとか。
播磨組の先頭武蔵さん、後守K点さんには、暖かく見守っていただき感謝しています。
Dojiさんに無線は?と尋ねられたので、ぼちぼち開局に向けて準備もいたします。

みなさま こんにちは

>無線機
 え~ 無線機を仕込まれると、播州弁の漫才がおまけに付いて来ます(笑)。先頭の方にもよりますが、あると大変便利です。なにしろ数十秒後に通過する状況が事前にわかるのですから。

>車
 ええ~ これは内緒ね。走っていて楽しいのですが、やはり一般道を行っちゃ止まりでのたのたと、はいずり廻っていては持ち味が出ません。 私自身 対価に見合うものが色あせずに、ずーっと続くのか不安ではあります。

赤とんぼさん
無線、楽しそうですね。西悠騎ならではのような気もしますが。
で、無線機はいちおう試験に受かって免許皆伝してからにいたします。
なんせ、商売が法律関係だもんで。
はやく播州弁の漫才、聴いてみたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/53131702

この記事へのトラックバック一覧です: 中土佐ツーリング(1)・・・あらすじ:

« Scarverの修理箇所 | トップページ | 中土佐ツーリング(2)・・・岡山県立大学 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ