« 丹波の鹿を食べに | トップページ | 石榑峠から竜ヶ岳 »

2011/11/15

秋の京都旅行(1)・・・サマリー

錦秋、には、まだ程遠い感じの京都に行ってまいりました。基本的に遊び倒すタイプの旅になりましたので例によってサマリーを先に書くことにします。
メンバーは同業者の勉強会、女性10名で、私はどちらかといえば若い方に入ると思います。

土曜日、名古屋駅に集合、8時半の新幹線で あっという間に京都に。最初に四条にある、ホテル日航プリンセス京都に寄り、荷物を預けます。タクシーには待っていてもらって、銀閣寺に向かいます。今回の旅行は3人、3人、4人のグループに別れてタクシーで移動するという、結構贅沢な企画です。
P1000114

哲学の道でタクシーを降りると、人力車のお兄さんがストレッチをしていました。お兄様方のお誘いをかわしながら、10時過ぎに銀閣寺の境内に入ります。

Ginkakuji

銀閣寺での滞在時間は30分ほど、少し高いところにある展望所から眺めた全景が素敵でした。実は最初、庭園の道を上らずに帰ろうとしたのですが 、やっぱりと思い直してのことでした。以降、私たち3人は、必ずその場所の最高地点を踏んでくるというコンセプトを持つことにしました。

P1000172

銀閣寺からはありきたりの哲学の道を行かず、山際の静かな道を行きます。これも、あとの二人が京都には何度も来ていて違ったところを歩きたいということ、3人とも歩くのが好きなこと、によって選んだことで、いいグループ分けだったと幹事さんに感謝します。

11時に待ち合わせしたよ-じやカフェで、3グループ全員でお茶です。くっついたり離れたりする 企画です。飲み物は全員一致で銀閣寺店限定の抹茶カプチーノ。皆思いの外の陽気で汗をかいているので冷たい方です。顔の絵が5つ並ぶと壮観です。
P1000205

そこからはまたタクシーを拾って永観堂へ。歩ける距離ですが、次の集合時刻を考えるとやはりタクシーという選択です。紅葉の永観堂ですが、ほとんどの樹は青々としています。写真はわずかに見つけた赤い葉っぱです。
Eikando
珍しい「みかえり阿弥陀如来」を本尊に置く阿弥陀堂は鮮やかな彩りに復元されたばかりでした。多宝塔から眺める京都の街もいいものでした。滞在は約1時間。

次の南禅寺は隣なので歩いて移動です。途中の道路脇に交わる水路の先に勢いよく水を放出する水門が見え、 水路橋に思いを馳せます。

10分ほどで南禅寺境内。ずっとずっと見たいと思っていた水路橋にやっと遭えました。
P1000334
重要文化財の三門にも上がってみます。南禅寺での滞在は30分ほど。

これから遅い昼ご飯です。南禅寺順正で湯豆腐をいただきます。

お腹もいっぱいになってまたタクシーで移動です。通りに出てタクシーを拾って青蓮院門跡へ。
大きな楠の木が迎えてくれました。お茶をいただき、青不動を拝観します。
Shorennin
滞在は80分ほど。、またタクシーで移動です。

日暮れ前の高台寺です。一段と人間が多いように思います。3人ともここには最近来ているので、ささっと見て山の上にある傘亭・時雨亭の方へ。下りてくるとライトアップが始まる頃でした。
Kodaiji_2

ご飯前に圓徳院に行きます。石庭がライトアップされています。
Entokuin

晩ご飯は高台寺茶寮。おいしく、楽しくいただきました。
Sh3h0145

ホテルに戻り、予約してあったエステルームに行き、部屋で少しだけ飲みます。

翌朝は8時半に出発して東福寺へ。9時前に到着です。ここも紅葉の名所ですがほとんど青いのばかりです。広い境内を2時間以上かけて歩きました。
P1000622
もちろん、最高地点である西郷隆盛の立てた慰霊碑のところまで。

東寺に行くのをやめたので少し時間があり、雪舟庭園 芬陀院に行きましたが、ここもなかなかいいお庭でした。
P1000713

タクシーで京都駅に移動し、ザキューブの京百菜で昼食です。ただ、ここだけは今回の旅行唯一の外れでした。またタクシーに乗って二条城に行きます。ここで80分。京都の最後を楽しみます。
P1000746

タクシーを拾ってホテルへ。預けてあった荷物を取りに行きがてら、全員で最後のお茶タイムです。主婦がほとんどです。新幹線でまたビール飲んでいたのは私だけでした。

« 丹波の鹿を食べに | トップページ | 石榑峠から竜ヶ岳 »

おでかけ」カテゴリの記事

世界遺産」カテゴリの記事

飲み食い」カテゴリの記事

コメント

タクシーばかりの移動で豪勢ですね~。ハイヤーなんか不要でしょうからね、きっと。京都は自転車がもっとも気持ちがいい移動手段です。
京都市内での営業は、営業先から借りた90㏄の配達バイクと自転車でやってました。おかげで、ほとんどの路地をめぐる機会に恵まれましたが、いささか飽きました。それも、ある意味、贅沢な話ですが…。
それでも、こうして時間が経過すれば、また行きたくなる不思議な町ではありますね。今年は、ほんとうに暖冬なんですね~

naoさん
京都はすぐにタクシー拾えるし、結構料金も安いのでどんどん乗りたくなります。それに今回の旅行は高齢の方、膝の痛い方もありましたからね。うちら3人は健脚組でしたけど。
予算は1人4万円。ホテルは会員料金とはいえ、豪勢ですね。こういう贅沢な旅行は、このグループで行くときだけです。
自転車は京都にぴったりと思いますが、ギア付きじゃないと厳しそう。赤瀬川さんみたいに探索するにも、徒歩または自転車までの速度でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/53251369

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の京都旅行(1)・・・サマリー:

« 丹波の鹿を食べに | トップページ | 石榑峠から竜ヶ岳 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ