« 中土佐ツーリング(3)・・・倉敷 | トップページ | 中土佐ツーリング(5)・・・ラーメン自由軒 »

2011/11/05

中土佐ツーリング(4)・・・四国の道

しまなみ海道は本州と四国の間にある6つの島をつないで走っています。本州から行くと最後の橋、来島海峡大橋ではちょっとびっくりしました。人が歩く部分と思っていた車道欄干の外側を、原付が走ってくるのです。「走ってくる」というのは四国側から走ってくるということです。対面通行なのかしら。道幅は2mくらいしかないし、ところどころ開いたコの字のように緩いクランクになっています。
四国に上陸して、来島海峡SAで休憩です。
Nakatosa_007_2


ここからは地道です。しばらく市街地を走り、国道194号線に入ります。石鎚山の東側を走っていくのです。川沿いですが、山が迫っています。さっきのSAで話をしたおじさまが、「四国は景色が違う。山はそそり立ち、谷はV字にえぐれている」という言葉を実感します。トンネルがたくさんあります。なかでも「寒風山トンネル」は一般国道だというのに全長5kmもあります。写真がないので、YouTubeから探してみました。

国道をずっと走っているだけの動画ですが、どんな感じの道かわかります。寒風山トンネルは4分55秒あたりからです。ただ、見えている山や川の景色はないのでほかでまた探してみます。
もっと見たい方は続きをどうぞ。たぶん同じ道を走りました。

高知側に出たらまた外せないツーリングコースとして「横浪黒潮ライン」を走ります。
これも動画をお借りしてきました。

眺望スポット「帷子崎」です。
Nakatosa_045
猫さんもいます。
Nakatosa_034
ここからライダーズイン中土佐は1時間ほどでした。

別のグループはヨサク酷道(国道439号線)や四万十川の沈下橋を楽しまれました。次回はぜひ行ってみたいと思います。
13257_35dc046e42
沈下橋の上の九州・山口からの皆さんです。半分は女性です。
ヨサク酷道のレポートはこの方のをご紹介。http://www.vesta.dti.ne.jp/~nishiuch/route_x/R439/R439.htm

« 中土佐ツーリング(3)・・・倉敷 | トップページ | 中土佐ツーリング(5)・・・ラーメン自由軒 »

2&4(Wheels)」カテゴリの記事

コメント

わたしは、ヨサクで、自爆しています。
それも同じ日に2回も。荷物満載の1100RT・350kgが2回も…
死ぬかと思いました。二度と通らないと心に固く誓いました。
そのときのレポートです。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=956546895&owner_id=15507090

naoさん
あら、MIXIってログインしなくてもこうやって見られるようになったんですね。この文面からは2度と通らないとは読めませんが? きっとその後のご経験も踏まえて今、そのような境地に達せられたのでしょうね。
ちなみに私も昨夜京都の3桁府道を車で抜けて、バイクじゃ絶対に嫌々!と思ったことでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/53141255

この記事へのトラックバック一覧です: 中土佐ツーリング(4)・・・四国の道:

« 中土佐ツーリング(3)・・・倉敷 | トップページ | 中土佐ツーリング(5)・・・ラーメン自由軒 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ