« 秋の京都旅行(9)・・・東福寺三名橋 | トップページ | 秋の京都旅行(11)・・・東福寺の重森三玲の庭 »

2011/12/04

秋の京都旅行(10)・・・即宗院

P1000689
東福寺の偃月橋を渡った先に特別公開中の龍吟庵がありますが、先に「即宗院」を見ることにします。
P1000626

仁王様のいる山門をくぐり、庭園へ。室町後期の庭園ですが、類い希な公家寝殿造系のものだそうです。
P1000630
よく手入れされた庭木を見るととても落ち着きます。
P1000635

境内の一角にいた牛の象がとても気になりました。
P1000638

後から知りましたが即宗院では「自然葬」を行っています。仕事柄、葬儀のあり方に関心があるので、その地を見学してこなかったことが残念です。

その墓所の手前に、西郷隆盛の筆による「東征戦亡之碑」へ至る道があり、どうやらその先が東福寺のピークのようなので、私たち3人はちょっと喜んで坂を上がります。

P1000656
羅漢道に至る、とあります。
P1000642
おや、どこかで見たような眼鏡のお地蔵さん。永源寺だったっけ。
左側は朽ちに朽ちた土塀です。池の奥だと思われます。崩壊しないようにしてあるのか、補強のパイプが入れてあります。
P1000643
道が直角に曲がり、尾根風になります。
P1000645
ほんとに狸や蛇が出るのかわかりませんが、入るなということのようです。
その先、鳥居をくぐって、大勢の名前を連ねた碑の前に出ます。
P1000649
ピークのように思いますが眺望はありません。

« 秋の京都旅行(9)・・・東福寺三名橋 | トップページ | 秋の京都旅行(11)・・・東福寺の重森三玲の庭 »

建造物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/53407093

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の京都旅行(10)・・・即宗院:

« 秋の京都旅行(9)・・・東福寺三名橋 | トップページ | 秋の京都旅行(11)・・・東福寺の重森三玲の庭 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ