« また日間賀島 | トップページ | 酔っぱらいハイキング(1) »

2012/02/05

雨生山~金山あったかハイク

年賀状のロケ以降山歩きをしておらず、今日が今年最初の登山です。登山口に雪のないところとなると、やっぱりこちら方面、ということで、東名高速宇利トンネルの山、雨生(うぶ)山と金山を縦走することにしました。といっても標高差300mほどの足慣らし程度のコースです。
Photo


国道301号線、愛知・静岡県境の宇利峠に車を置きます。両側に林道のゲートがあり締まっていますが、たまたまご出勤の軽トラおじさんがゲートを開けて入っていきました。合い鍵が何本もあるのか、管理事務所でもらってくるのかなんでしょう。
P1010821
この林道からアプローチするルートもあるのですが、今日はここから行きます。
P1010822
はしごを登って1,2分で植林帯の直登です。木に捕まりながら登っていきます。この山、グローブ必須です。
P1010825
植林帯を抜けて明るいところに出ると浜名湖が見えます。このあたりの下にトンネルが通っているはずです。稜線のすぐ下を並行に進みます。登山口から30分ほどで笹の間の道になります。
P1010833
風もなく、汗ばむくらいです。南にはずっと浜名湖が見えており、振り返ると東三河の山々が連なって見えます。
P1010834
笹の中を10分ほどで雨生山313mに到着です。ケルンがありますが、頂上は広くないです。

P1010840
今日は電波も届きそうだし、iPadをリュックに入れていったのですが、頂上で現在地確認すると三角点マークの上に青○が来て、うれしいです。
P1010847
南の眺めは浜名湖です。
P1010841
北斜面からの分岐の先には南アルプス(多分)が覗いています。
P1010845

ところで雨生山には三角点がありません。今日の目的はどちらかと言えば金山なのです。金山の頂上には電波の反射板があるという情報を得ていましたので先を見やると、果たして見えています。が、途中に一つピークがあり、反射板はずいぶん先に見えます。
P1010851
とりあえずまだ1時間も歩いていませんので、余裕はあります。登山道もアップダウンしますが最初のように両手を使うような所はありません。そして暖かいです。楽しく歩きます。
P1010853
道幅の広くなったところに3箇所ほどケルンがあります。
P1010852
こんな緑色の石も落ちています。ほかに気泡のある黒い石もあったので、ここの地層は火成岩かしらとも思うのですが、定かでないのが悲しいです。もと地学部なのにまったく忘れました。
葉っぱも緑のものが多く、柊や椿がたくさんありました。
P1010871
もうすぐ春ですね。
P1010867
これはカマキリの卵かしら。

途中の小ピークから振り返ると、今来た雨生山、麓にゴルフ場のある吉祥山が見えます。
P1010856
※吉祥山は3年前に登ったとき富士山が見えて感動しました→富士山も見える素敵な低山・・・吉祥山さらに進むと雪の残り具合が標高差たった100mなのに違います。といってもこの程度ですけど。
P1010862
知らない間に頂上を通過してしまったのではないかと思うくらい歩いて、最後の藪こぎです。
P1010873
雨生山から75分ほどで、金山頂上に着きました。標高423mです。
P1010892
雨生山よりは広い広場で、三角点もありますが、眺望はありません。お弁当を食べるにはちょっと寂しいので、浜名湖の見えるところまで引き返します。
休憩も含め1時間半で登山口に戻りました。全行程3時間半ほどでした。
帰りに稜線から見えていたあたりに行ってみました。
Photo_2
全体像がわかって大満足です。写真右端の切れているところあたりが宇利峠で、ずっとこの長い稜線(実際にはおおかた稜線のすぐ下が登山道でしたが)を歩きました。

« また日間賀島 | トップページ | 酔っぱらいハイキング(1) »

」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
有名コースじゃなくても自分でどんどん探しちゃう意欲が眩しい

お疲れ様でした。黙々と歩くような稜線コースですね。

コロリンさん
この縦走路はガイドブックにあるもの。他の人も登っています。有名ではないけどね。今日登山道で遭った人は、老男女2組、老男1名、50歳未満1名(トレイルラン)でした。縦走かどうかはわかりません(林道を使えば、雨生山経由せずに金山に至るので)。

naoさん
今日は息子とでしたが、眺望地点ごとに会話していました。一人なら黙々ですが。最初の急登以外は結構楽チンハイクなのでおしゃべりもたくさんでき、、初心者にもいいかもです。ただし眺望はもっといいところは多く、始めて登山には他をオススメしますが。

のびねこさんは本当に健康的な毎日を過ごされていますね。
遠くに行かなくても普段気がついていない興味深い
スポットを発見出来るものですね。
いつも刺激を受けています。
来月お会い出来るのが本当に楽しみです。
小生の塾は1名増員になりましたので全員参加では貴殿も含めて
15名です。
実際の参加者は10名程度になると思います。

ペンネームの「もう」は小生の事です。前回の書き込みの際に何故か短縮されているのに気が付きませんでした。
ところで現在既に塾の参加者は10名を確保しております。
それでは当日はよろしくお願いします。

もう一人の講師Mさん
いつもご案内ありがとうございます。
来月の熱演、楽しみにしております。

昨日からレジュメの作成に入りました。
中小企業賃金セミナーで受講した内容を
分かりやすくまとめる予定です。
現在のところ女性9名、男性2名の参加予定ですので
百花繚乱で楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/53910066

この記事へのトラックバック一覧です: 雨生山~金山あったかハイク:

« また日間賀島 | トップページ | 酔っぱらいハイキング(1) »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ