« 十津川村旅行(6)・・・昴の郷から果無へ(小辺路ウォーク) | トップページ | 東栄町の里山、古戸山 »

2012/05/05

天竜・大井ツーリング

GWは基本的に仕事ですが、1日は山、1日はバイクというのがほぼ例年の習いです。というわけでようやく今年2回目のツーリングに行って参りました。天竜川・大井川方面の道の駅を巡るツーリングですが、「酷道・険道・強風」の3Kがテーマでした。

まずは松平まで高速、301号、151号、257号経由で道の駅「鳳来三河三国」へ。
P1030385

バイクも多いです。このあたりは新名神が通るところで、大がかりな工事が高いところで繰り広げられています。

もうすぐお昼ですが先へ行きます。険道47号線経由です。幅1.0~1.5車線、杉の葉っぱ落ちまくりの道です。1速2速で泣きたくなる道を小1時間、道の駅「くんま水車の里」に到着しました。「くんま」とは「熊」と書きます。

P1030398

水車が回っていますが粉は碾いていません。それでも蕎麦はうまそうでしたが満員のため、先送りします。その代わりちょっと川の向こう側へ行ってみます。
P1030405

こんな木橋を渡るとお堂が。
P1030414

とびらを丸くくり抜いたところは・・・「くんまーさま」がいらっしゃるのです。
P1030409

そのお姿は、
P1030406
上から見ると
P1030410a

横から見ると、

P1030412a

怪しいですがなんだか心惹かれるものがあったのと、やたらに写真を撮って悪かったと思うのもあって、お賽銭上げてきました。

さて、次に目指すは道の駅「天竜相津花桃の里」です。またしても険道です。295号線を小1時間かかって行きました。が、花桃は咲いていない、メニューはありきたり・・・で、お腹が空いていますが次行きます。

センターラインのある国道で20分ほどで、道の駅「いっぷく処横川」に到着。ここはマグロ寿司が名物です。
P1030432

一人分では食べられない量です。見ていたら大勢さんがおやつのように分け合って食べていました。私は「今日はあります」と書いた「しらす丼」にします。
P1030433

しらすの量すごいです。深さ2センチくらいあります。調味料はなしで、このまましらすの塩味でいただきます。ごまがほんのちょっぴりかかっていましたが、私はもう少し多い方がおいしかろうと思いました。
お腹も一杯になり、次はもう一山越えて大井川流域に行きます。道の駅横川のある国道362号線を北上します。が、やっぱり山の中は酷道です。さすがに気力も萎えてきました。まともな道に出たところで休憩。振り返ると今超えてきた山が見えます。
P1030436

脇は茶畑です。
P1030439

新芽だらけです。
P1030438


茶摘みの姿も、ここではありませんが見かけました。

大井川に出るとまともな道になり、およそ1時間半で道の駅「奥大井音戯(おとぎ)の郷」到着。ここは大井川鉄道の「千頭(せんず)」駅と一体になっています。

P1030455

朽ち朽ち列車です。
P1030454
朽ち果てるまでこのままなのでしょうか。


踏切でちょうど遮断機が下り、トロッコ列車が来ました。
P1030461a

P1030463

ここから帰途につきます。大井川沿いに下ります。20分ほどで道の駅「フォーレなかかわね茶茗館」を通りますが閉館時間を過ぎています。さらに下ると「塩郷の吊橋」が国道の上から大井川を渡っています。天竜川・大井川には他にも吊り橋があって、十津川村と同じく、生活に使われている様子でした。
P1030479

真ん中の板が狭いですが両手が横につかまれるので、谷瀬の吊り橋と比べてどうなんだろうかと想像しました。

すぐ先は道の駅「川根温泉」です。ここもスタンプのところは終わっていたので残念です。
ここから見える茶畑の上に墓地がありました(写真右上)。
P1030484

墓地がこういう場所にあるのは初めて見ました。その山の上から月が出ました。
P1030490
和歌によく出てくる「山の端の月」もこんなでしょうか。

新名神に島田金谷ICから乗ります。とてもいい道ですが、横風強いです。今日だけなのか、いつもなのかわかりませんが。遠州森町PAでは夜になりました。
P1030495

数キロの距離ですがまた浜松SAに入ります。ローランドのショールームでちょっぴり遊び、疲れてきたので甘いもの補給。それにしてもすごい人です。お金がじゃんじゃか動いています。

中国人観光客向けにこんなものを売っています。
P1030498
日本人は買わないんじゃないかと・・・

強風と渋滞に悩みながら刈谷PAについたのは10時過ぎ。それでもまだ大勢の人で賑わっていました。お腹も空いたので食料を買って外で反省会です。
P1030511

ただし、こんな強風の中ですけど・・・
P1030519

帰宅は11時。なんと14時間のツーリングでした。走行はジャスト400kmでした。道中、道路上の蛇を2回見ました。
P1030521

高速を除くルートはこんなふうでした(細かいところは適当です)。アプリのバイクを走らせると酷道具合がよくおわかりいただけます。ぜひ標高グラフを開いて再生してください。

Yahoo!ドライブ ブログパーツをお楽しみいただくには、JavaScriptの設定を有効にする必要があります。
設定の方法はヘルプの「JavaScriptの設定方法」をご覧ください。

« 十津川村旅行(6)・・・昴の郷から果無へ(小辺路ウォーク) | トップページ | 東栄町の里山、古戸山 »

鉄道」カテゴリの記事

飲み食い」カテゴリの記事

2&4(Wheels)」カテゴリの記事

コメント

しらす丼美味しそうですね。吊り橋もなかなか怖そうです。
しかしのびねこさんはアクティブですね。
京都の伏見ツアー(アルコールざんまい)でお会いできるのが
本当に楽しみです。
月桂冠と黄桜に酔っていただきます。

みなさま おはようございます。
 
 山にバイクにと、お元気そうで何よりでございます。F君も調子よさそうですね。私も先日 車検に備えて各オイル交換・プラグ交換・ブレーキ洗いしたら、澄んだリズムでエンジンが回り、走りが軽いです。
 西の方でも賑やかにやっておりますので、また覗いてやってください。

しらす丼に 反応してしまいました!美味しそう!

もう一人の講師Mさん
吊り橋は今回は渡りませんでした。もしかしたら川の上より車が往来する国道上の方が怖い? この橋、下を大井川鉄道のSLが通っていて、撮り鉄さんの人気スポットらしいです(過去形かな?)

赤とんぼさん
軽やかなエンジン、よろしいですね! 西悠騎の掲示板、時々覗いていますがなかなか日程調整できず。また混ぜてください。

のりひとさん
しらす丼はこちらです。
http://www.yokokawa.ecnet.jp/
が、毎日はないようです。
ほかに椎茸コロッケとか蒸しパンを売っていて、そっちもおいしそうでした。

また、すごいコースを選ばれて…。ほんと、400番台の酷道と険道。
ロガーのトコトコバイク動画を全部見ましたよ。
R362号とR473号が重なるとんでもない酷道、
そりゃ、だんだん疲れてきますよ。それなのに、下泉で南下せず、
千頭まで行ってしまうんだからなァ~。

やっぱ、道の駅スタンプラリーという目的があるから?
ボクには、そういう目的がないので、あそこで南下しますよ。

おそらく、一番きつかったのは、くんま水車の里から、
天竜川の横山橋に出る険道じゃなかったですか?

過疎の村々にもドライブしてもらい、
金を落していってもらいたいという意図から、
ああいう場所にも道の駅やレストハウスを造営して、
来訪者を増やそうという国土交通省の肝いりですが、
前後の道を整備しておけよな…って感じです。

お疲れさまでした。新東名のインターが、
金谷の北にできて、そこから乗れたのでしょうか?
そのあたりで、記録が終わっているので。

naoさん
詳細な検証、ありがとうございます。
おっしゃるとおり、くんま水車の里からの険道が一番険であったかもしれません。が、くんま水車の里までの険道も、「ええっ」って感じで厳しかったし、大井川に出るまでの酷道も長くてくたびれました。
やたらに走ってしまったのはやはりスタンプラリーがあったからなのですが、ツーリングマップルじゃなくてiPadの地図だから走ってしまったかもしれません。後者は「酷」さが前者よりわかりにくいんです。
というよりツーリングマップル見てみます(ちょっと古い版ですが)。
鳳来三河三国からくんま水車の里の険道・・・「林間狭路。想像以上に山深い道」
くんま水車の里から花桃の里・・・記載なし
横川から大井川まで・・・二輪推奨路。「見通し悪く狭い」「標高以上に長さを感じる狭い国道」
帰りは新「東名」でした。

naoさん
詳細な検証、ありがとうございます。
おっしゃるとおり、くんま水車の里からの険道が一番険であったかもしれません。が、くんま水車の里までの険道も、「ええっ」って感じで厳しかったし、大井川に出るまでの酷道も長くてくたびれました。
やたらに走ってしまったのはやはりスタンプラリーがあったからなのですが、ツーリングマップルじゃなくてiPadの地図だから走ってしまったかもしれません。後者は「酷」さが前者よりわかりにくいんです。
というよりツーリングマップル見てみます(ちょっと古い版ですが)。
鳳来三河三国からくんま水車の里の険道・・・「林間狭路。想像以上に山深い道」
くんま水車の里から花桃の里・・・記載なし
横川から大井川まで・・・二輪推奨路。「見通し悪く狭い」「標高以上に長さを感じる狭い国道」
帰りは新「東名」でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/54633732

この記事へのトラックバック一覧です: 天竜・大井ツーリング:

« 十津川村旅行(6)・・・昴の郷から果無へ(小辺路ウォーク) | トップページ | 東栄町の里山、古戸山 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ